11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

湯梨浜町議会 2014-12-15 平成26年第 8回定例会(第 4日12月15日)

本町の景観人々の暮らし、歴史的な側面などを勘案しますと、基準に示されている水をテーマに、シジミ漁橋津藩倉などを核として、議員御提案の東郷池を取り巻くすばらしい景観について、伯耆国河村東郷荘下地中分絵図に基づく歴史なども加味して保存調査をし、保存計画の策定を行い、景観整備、活用の計画を整えて申請すれば、認定の可能性もあるのではないか考えております。  

鳥取市議会 2012-12-01 平成24年 12月定例会(第3号) 本文

◯太田 縁議員 景観審議会というのは景観を議論する場所であって、弓道場必要性だとか、今、弓道場をどういう人が使っているだとか、歴史があるだとか、それを議論する場所ではないと思います。なので、まずはこの弓道場に関してということは、先ほど教育長から答弁がありましたけれども、あったのか、ないのか。なかったというふうに執行部から実は報告を受けております。

境港市議会 2011-12-14 平成23年第5回定例会(第4号12月14日)

1、最終報告をまとめた河田座長は、地震や津波には歴史、地域性があるので、各自治体が地域性に応じた対策をと求めていますが、我が地域歴史、地域性をどのように認識し、我が地域防災計画に反映していくのかお伺いします。  2、津波被害の軽減へ、5分で避難できるまちづくりが提起されていますが、津波避難ビルも少ない現状の中でどのような対策考えておられるか。

米子市議会 2009-12-09 平成21年12月定例会(第5号12月 9日)

ああいうようなものを、やっぱり伯耆国一体の中で掘り起こしてつくっていくということになっていくと、私はある意味ではこの伯耆の国の歴史、郷土性、こういうものに対する住民の関心度が高まるんではないのかなと、そしてそのことについて、他の県外の方々がこの伯耆の国のそれぞれの町を見られたときに、その本を通してそれぞれの歴史郷土というものがあったんかなと、こういう思いというものが浮かぶということは大変私は文化

鳥取市議会 2009-09-01 平成21年 9月定例会(第4号) 本文

鳥取市ではこれらを参考にしまして地域歴史、遺跡重要性を考慮して埋蔵文化財包蔵地として位置づけております。鳥取城については現在のところ、直接鳥取城と関連する施設のあった範囲を包蔵地と位置づけておりますけれども、今後は藩主やその分家、あるいは藩の役所などについての取り扱いということも検討していかなければならない事項だと考えております。  

倉吉市議会 2007-11-06 平成19年第6回定例会(第3号11月 6日)

また、この牧田家というものがただ古い建物というだけではなくて、歴史を持っていると。今ダブルストーリーということで11日にも上演が予定されております一つの豪商淀屋牧田家のそれこそ根拠地であったということから、歴史的な価値からも何とか保存ができないかということで、実はもんもんとする時間も持つ中で、昨年取得ということに踏み切ったわけであります。  

鳥取市議会 2006-06-01 平成18年 6月定例会(第5号) 本文

◯中川俊隆教育長 今の答弁と重なる部分もあるわけでございますけれども、市内の各地域はそれぞれ特色のある文化性歴史を持っておりまして、残されている文化財はその地域歴史文化を理解するため、非常に貴重なものでございます。また、地域人々にとっては心のよりどころとして、また、郷土愛をはぐくむ大切な財産であると理解しております。

倉吉市議会 2006-04-27 平成18年第3回臨時会(第2号 4月27日)

先方教育次長がお答えいたしましたように、その施設だけも非常に170年近く前の古い商家としての、しかもそれが大阪豪商である淀屋につながるという歴史というものを持っております。そしてまた、東岩倉町という位置がうつぶき歩行ネットワークというときにややもすれば成徳地区というふうにとらえられてしまいます。

米子市議会 1993-03-09 平成 5年第380回定例会(第2号 3月 9日)

次に、水鳥公園についてでございますけども、多くの市民の皆さん方、本当に待ち望んでいる米子水鳥公園が平成6年度に全工事が完了するとのことですが、あわせて粟島神社の周りの整備をすれば、歴史とか、あるいはフィクション性に照らしたより一層すばらしい公園が私はでき上がると思うんですけども、いかがお考えか、市長の方で御見解をお伺いしたいと思います。 ○議長(福谷 清君) 森田市長

  • 1