43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第8号 3月12日)

城に、勤めとった武士たちが残した屋敷なんですよ、これは。そういうことを考えたら、そこに不昧公のような文化存在をしていくなら、松江城という国宝級の存在というのは高くなるもんです。米子にはそれを目がけていくことはできますかということを私、言ってるんですよ、そこの違いだと思いますね、基本的に。  それから、もう一つ伺います。時間が大分迫ってきましたので。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第4号) 本文

さんだけが最近では外務省の出身者ということで、あとは民間ということで、東部と西部とのいわゆる市民性の違いかなということでありますけれども、米子のほうは、逃ぎょい逃ぎょいと米子に逃げて、逃げた米子で花が咲くというような、そういった読経があるように、非常によそ者に寛容である、そういった自由闊達な風土であるのに対して、じゃ、本市はどうなのかというと、昔から言われておりました、最近は言われませんけれども、鳥取市武士

八頭町議会 2018-06-11 平成30年第 4回定例会(第3日目 6月11日)

○8 番(坂根實豊君) 冒頭言いましたように、私は武士なんです。このひげは、不精ひげというのは違うんですよ。武士のこと、大将の将のひげ、つまり切り込み隊長ですから、いいですか、この辺で許してくださいですよ。  時間が来ましたので終わります。私、さっき言いましたように、時間というのは、我が日本国にとっては厳しいもんなんですよ。そんなことで時間延長だとか、そんなのは私は認めないんですよ。

八頭町議会 2017-09-11 平成29年第 8回定例会(第4日目 9月11日)

昔なら、武士は食わねどつまようじで、ちょっと見せかけだけでやってりゃあよかったんかもわからんですけど、今はそういうわけになりませんし、本当にせっぱ詰まった感じが来たなというふうに。選手集め1人で、一つでもそういうふうに感じました。  それと、ちょっと余談ですけど、教育長に聞きますが、子ども時代のスポーツの成績ですね、特に中学生。この子たちは、いわば生まれもっての素質、才能ですわね。

八頭町議会 2017-06-12 平成29年第 5回定例会(第4日目 6月12日)

この清徳寺は長野善光寺の創設者、古代の人ですけど、本田氏と言われるあっちの中のほうの出身の豪族か武士かよくわかりませんけどそういう方がおられて、本田氏といわれる人物が尼寺として善光寺を創設された。したがって、清徳寺もその流れをくんで尼寺として存在していたということでどうもあるようです。キリスト教でいったら修道院みたいな感じですかね。

北栄町議会 2016-12-19 平成28年12月第11回定例会 (第14日12月19日)

追跡してきた隠岐の守護佐々木清高の軍勢と激戦、合戦の報を聞いた因幡、伯耆、出雲はもとより石見、安芸、美作、備前、備中、備後のほか四国九州武士たちも天皇方に馳せ参じたと言います。多くの武将達の力を得て船上山に行宮し挙兵したのです。鎌倉幕府滅亡後、京に戻って後、律令政治の復活を目指して建武の新政を開始した。日本史にも残る山でもあり、鳥取県史の中で唯一の朝廷でした。  

湯梨浜町議会 2016-09-23 平成28年第 6回定例会(第16日 9月23日)

武士は相身互い、覆水盆に返らずという言葉もございます。非常に残念の一言でございます。初めから本会議主義でやれば、何も気配り、目配り、心配りなど必要なく、特段の配慮など不必要であったと。これも教訓であると心にしっかりと刻み、今後どのように対応していくか。毒をもって毒を制すのか、毒を食らわば皿までか。いろんな覚悟を今回心に刻み直しました。  我々議会は、あと6カ月という期間を残すのみです。

米子市議会 2016-06-15 平成28年 6月定例会(第3号 6月15日)

これは、松江城については6月4日は武者の日と決めて、今後、松江に武者の武士の格好で集まってくださいなんていうイベントを通年でやろうとされいます。また、津山城、これも追加で挙げさせてもらいました。平成の修復、復元をされた備中やぐら、これを城のシンボルとして、城下町津山、これを大きく打って出しておられます。  

八頭町議会 2016-06-10 平成28年第 5回定例会(第4日目 6月10日)

その次は、やっぱり東京都の舛添知事、我が日本国武士精神を学んでほしいな。学習すべきですよ。鳥取県の八頭町から武士精神を学べと発信しておきます。これは世界の恥ですよ。そんなこと。日本人の誇りはどこにありますかと、まず坂根は声を大にして言っておきたい。  では、質問に入ります。  初めに、政教分離定義を町長と教育長に伺います。  

鳥取市議会 2015-09-01 平成27年 9月定例会(第6号) 本文

人権擁護委員候補者としては、鳥取市吉成109番地9、池本道子氏、鳥取市吉成566番地53、山本朝子氏、鳥取市原町天神原410番地、田渕緑氏、鳥取市元町279番地、大和谷朝氏、鳥取市寺町4番地の5、渡部正美氏、鳥取市行徳2丁目706番地の2、中嶋武士氏を、それぞれ推薦したいと存じますので、御意見いただきますようお願いします。  以上、今回提案いたしました議案につきまして説明申し上げました。

北栄町議会 2015-06-05 平成27年 6月第5回定例会 (第 1日 6月 5日)

杉川武士氏は、25年以上の長きにわたりスポーツ推進委員として町民スポーツの振興に寄与されました。  湖山春男氏、牧田邦俊氏は、25年以上の長きにわたり北栄文芸編集委員として文化振興に寄与されました。  松岡敏雄氏は、15年以上の長きにわたり自治会長として行政の推進に寄与されました。  以上、11名の方につきまして、それぞれの御功績により、北栄町表彰条例第4条第5号に基づき提案をいたします。  

琴浦町議会 2015-03-10 平成27年第 2回定例会(第2日 3月10日)

日本の歴史を大局的に見て、レジーム、つまり体制の変革は、鎌倉時代武士階級政治の実験を握り、明治維新までざっと700年、封建制から君主制資本主義へのブルジョア革命が明治維新、絶対天皇制覇権国家の崩壊が第2次世界大戦、これは革命的変革をもたらしました。これに費やした時間が70年、その敗戦からことしは70年、歴史の運命的なものを感じます。

鳥取市議会 2014-12-01 平成26年 12月定例会(第3号) 本文

城内にはあらゆるところに武将隊の武士やあま姫、お女中に扮した職員がいて、行く先々で私に向かって「殿、お帰りなさい」と出迎えてくれました。周りの人たちが私を見詰めて、あの人は何者なんだろうとささやいていました。大変気持ちのよい気分になりました。これも1つのおもてなしだと思います。寄附金募集に当たってはいろいろな方法があると思います。

伯耆町議会 2014-11-26 平成26年11月第 5回臨時会(第1日11月26日)

2級では「士」は武士の「士」という字なのかな。3級では師範の「師」なのかな。これ違いが何か具体的にあるのかないのか。 ○総務課長(阿部 泰君) ありません。 ○議員(8番 勝部 俊徳君) なし。 ○総務課長(阿部 泰君) はい。単純な間違えです。済みません。 ○議員(8番 勝部 俊徳君) 何かあったら一言。 ○議長(細田 栄君) 総務課長

八頭町議会 2014-06-11 平成26年第 6回定例会(第4日目 6月11日)

例えば、うちの出身は武士だ。あなたのところの出身はえた・ひにんだ。いいですよね、質問ですから。そういった子供結婚なんかさせられるかと、仮に八頭町内でそういうことを言った人がいたとして、そういったことなんか通用しないでしょう。つまり、偏見や予断はあっても、そういう偏見や予断がその社会の中で受け入れられない。

米子市議会 2013-09-11 平成25年 9月定例会(第4号 9月11日)

じゅうというのは、にんべんに十という字を書きまして、一つの班といいますか、武士の子弟が10歳になりますと、全員が何らかの班の中で学ぶ。そこで、毎日唱和するじゅうのおきて。おきての最後には、皆さん、これもよく御存じでしょうが、ならぬことはならぬものです、こういうことがあるわけです。その中の5番目に、弱い者をいじめてはなりませぬ、こういう言葉が5番目にあります。

鳥取市議会 2012-09-01 平成24年 9月定例会(第1号) 本文

人権擁護委員の推薦を行おうとするもので、その職務の重要性に鑑み、慎重に検討いたしました結果、鳥取市元町279番地、大和谷朝氏、鳥取市寺町4番地の5、渡部正美氏、鳥取市行徳2丁目706番地の2、中嶋武士氏を推薦したいと存じますので、御同意くださいますようお願いします。  議案第148号は、一般会計の補正予算でありまして、市政の課題等に対応するため重点的に実施する事業などの経費を計上したものです。  

米子市議会 2011-12-05 平成23年12月定例会(第2号12月 5日)

しかし、明治維新を起こしたのは藩に通っている子じゃなくて、下級武士と言われる人たちです。吉田松陰のもとで学んだ人たちです。弱者が見捨てられる不公平な社会への怒りの中、何を考えたのか。命をかけて行ったのか。まず、考えるためには必要な情報を知らないといけません。そして、行うためには選択肢をふやしたほうがいいということです。多様な世論がないと、選択肢さえ生まれません。

鳥取市議会 2011-06-01 平成23年 6月定例会(第2号) 本文

ただ単にこれであるならば外国語学校でいいわけでありますけれども、やはり日本人としてのアイデンティティーもここで教育するのだということで、例えば防衛問題とかそういったものもカリキュラムの中に入れておられるようでありまして、国内の大学では、要するに防衛大学以外ではこの大学しかとっていないということのようでありますし、新渡戸稲造さんの「武士道」、これを必読教本として、日本人としてのアイデンティティーを海外