180件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩美町議会 2020-09-10 09月10日-01号

職場のそういう権力関係を使って推進するということは行政としては私はやってはならないことだと思います。あくまでも強制力を伴わない納得と理解に基づいて説得すべき話であって、権力関係を利用した勧奨というのは事実上強制になるということでやるべきではないというふうに思いますが、どうですか。 ○議長足立義明君) 町長

米子市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会(第5号 9月11日)

○(遠藤議員) 申し上げたのはね、ふれあいの里、いわゆる米子福祉保健総合センター、ここに行政権力の事務が入るんでしょう、今回のこの市役所再編ビジョンの中でいくと、そうでしょう。総合政策部入れるんでしょう、教育委員会入れるんでしょう。入れないの。分割になっとって、表が一覧表になって来とったよ。違うだ。違うだ、資料。それで聞いているんだよ。

米子市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会(第4号 9月10日)

それでは、まるで権力をもって市民を押さえつけるようなやり方ではないでしょうか。きちんと話し合いで進めていくのが民主主義やり方だと思います。  次の質問にします。待機児の解消は、公立保育所の定数をふやしてということです。公立保育所でゼロ歳児の保育ねむの木保育園のみです。この近年の待機児は、ゼロ歳児が毎年50人前後あります。

琴浦町議会 2019-06-20 令和元年第 3回定例会(第5日 6月20日)

さらに、この財産区のことに関しましては、戦前では確かに権力なり財力なりそれらの権利に関するものが多うございましたけども、現在は形骸化しております。そのことも考えるならば、実態がこういう状態であるということ、そして門戸は開かれてるということからすると、これは現状をあらわしている。決して好ましいことではないけれども、それぞれの財産区がもっと男女共同参画に実態的に貢献すべきだと。

米子市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第9号 3月25日)

なぜなら課税権という、行政権力者は徴収する権利を持っているからです。そこで、いかに住民目線に立って、住民の負担を減らすのか。本当にこの事業住民のためなのか。そのために議会がつくられたんです。それが本来の議会の役割なんです。どの議員さんも、皆さん最初米子市をいかによくするか、米子市民の幸せを願って、志していたはずです。

北栄町議会 2019-03-13 平成31年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

事業計画策定の際、一部の職員のみで町の決裁規則等を無視した格好で計画策定をされた場合には、権力の腐敗の始まりを危惧しなければなりません。ある資料文言です。一方、内部決裁手順を踏んで審査担当職員も入って作成されたものであれば、町職員の質の甚だしい低下を憂慮しなければなりません。これもある資料文言です。役場全体での行政基礎能力研修強化職員の育成が肝要であります。

八頭町議会 2018-12-21 平成30年第 9回定例会(第5日目12月21日)

行政不服審査法というのは、公の権力私人に対して権力を侵害したときに、私人、我々ですね、一人一人がそれはいけませんよということで不服審査を申し立てる。だから、対象私人なんです。これちゃんと法律にも明記されている。  ところが、安倍内閣がやったことは、防衛省私人と見立てて、防衛省国土交通省に対して不服を申し立てる、沖縄県のやり方はおかしいと。

八頭町議会 2018-12-13 平成30年第 9回定例会(第4日目12月13日)

戦争のこと言われたんで、日本国国民を欺瞞し、これをして世界征服の挙にいずるの加護を侵さしめたる勢力及び権力は永久に除去せられざるべからず、これは聞かれたことありますね。連合国日本政府に対して突きつけたポツダム宣言日本国民をだまして世界征服の挙にいずる戦争を侵しめた勢力。当時の天皇制政府のそういった方々。そういう権力は永久に除去せられざるべからず。

琴浦町議会 2018-09-06 平成30年第 6回定例会(第2日 9月 6日)

何で税になったかというのは、旧ただし書き方式によって保険料が税に変わって集めやすくなった、権力者にすれば、払うほうにしてはどうしても払わないけんという強制を伴うものになったということになってるんですね。ですから納付金制度になったら、ただし書き方式も含めて検討に値する時期になってるんだ。納付金だから。

米子市議会 2018-07-23 平成30年 7月定例会(第6号 7月23日)

一部の権力者のためにある責任はあるものではありません。私たち自身が諦めずに、圧政に屈することなく真実を要求する、私たち自身義務を果たせば、民主主義は、私たちが生きていけるんです、私たちの手でつかめれるんです。私たち義務を果たし、子どもたちにこのまちで暮らしていける、そういう仕組みをつくっていきたいと思います。  

八頭町議会 2018-06-12 平成30年第 4回定例会(第4日目 6月12日)

新聞はよく第四の権力って言われますよね。こんなのをマスコミの自由にさせとったら、本当に都合のいいように誘導されて、民主主義が崩壊しかねないと、私は本当に危機感を持つわけです。今、国会の紛糾見とったらよくわかるでしょう、マスコミ対応ね。あの人たちは今は、倒閣運動ばっかりやっとるんですけどね。  だから、今は役場の味方でも、ひょっとしたらこっちに牙をむくことがあるかもわからない。

米子市議会 2018-03-01 平成30年 3月定例会(第2号 3月 1日)

そのような難解なかじ取りを迫られる一方で、歴史をひもとけば明らかなように、権力は絶えず腐敗し、市民のためでなく、当局に都合のよい施策を行う危険性をはらんでおります。これは、意識的に行われるものもあれば、無意識に行われるものもあります。そこで、議員を直接選挙で選び、議会を設置し、改めて民意を施策に生かすよう、執行権者の行う施策をチェックし、議論を行い、議決を経て政策として執行されます。

琴浦町議会 2017-12-06 平成29年第 7回定例会(第2日12月 6日)

最近とみに立憲主義という言葉が言われていますが、立憲主義とは、憲法権力を縛り、法律国民を規制するという考え方です。人権尊重まち、こういう標柱が立ってますね。人権尊重まちを標榜する琴浦町政にあって、基本的人権尊重達成度自己評価をまずお披瀝願いたい。  次に、地籍調査についていえば、権力を縛る憲法第29条は、財産権は、これを侵してはならないと明確であります。

米子市議会 2017-09-29 平成29年 9月定例会(第6号 9月29日)

この法律によって国民の行動を監視する警察権力肥大化がもたらされ、密告、盗聴が常態化する、プライバシーの侵害が蔓延する、自由な発言が抑制される暗黒社会がもたらされるものと危惧されています。また、密告による冤罪が増大する危険性も指摘されています。テロの心配に備えるため必要だとの委員会での議論もありました。

岩美町議会 2017-09-12 09月12日-01号

仮にご理解がいただけないケースが今回以外でも発生したならば、税の公平を保つため、主権者から行政に与えられた仮の力、権力と呼ばれるものを行政は行使しなくてはなりません。町民皆さんがいたし方ないであろうと判断するであろう事案以外は、町長が特別に認める場合などの対象にすべきではなく、町民に差をつけてはいけません。

琴浦町議会 2017-09-11 平成29年第 5回定例会(第2日 9月11日)

保険者双方同等権限権力がありますから、それらはどうやって決めるのといったら、原則はね、全会一致。で、全会一致となると、我が琴浦町はその国保の都道府県の中の会議の中でどういう主張をして、どういうことを求めていくのかというような形がやっぱり重要になってくるんですね、対等になって全会一致という決定方法になってくると。