370件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2020-03-25 令和 2年第2回定例会(第7号 3月25日)

まず、陳情第2号 放送法における「受信設備の設置」概念の法に適合した運用についての意見書提出については、賛成者なしにより不採択とすべきものと決定いたしました。  次に、陳情第3号 公共放送の運営に係るコンプライアンスの徹底及び、消費者保護体制の強化を求める意見書提出については、全員賛成により趣旨採択すべきものと決定いたしました。  

倉吉市議会 2020-03-04 令和 2年第2回定例会(第3号 3月 4日)

医療機関の場で取り入れられた概念だとも御説明いただいたところでありますけれども、虐待防止ですとか、各種福祉サービスの分野でも認知が進みつつあるとも聞いておるところであります。  議員から御指摘をいただいたこの考え方を踏まえて、支援者の学びや研修等について、トラウマという観点を大切にしていく必要があるなと思ったところでございます。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第3号) 本文

社会保障にはない概念だというふうに私は思いますが、安倍内閣にとって、適切な役割分担を見直す、自助・共助・公助の役割分担を見直すと言っています。つまり、それは国の責任を外すということではないでしょうか。そして、年齢ではなく負担能力に応じた負担をしていただく。病院の窓口負担や自己負担を拡大するということだと読みました。  

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第5号) 本文

公共施設の再配置はこれまでの公共施設に対する既成概念や利用環境に変化をもたらすものでありまして、時として利用者の皆さんが戸惑いを感じられる、そのような懸念もあるわけであります。そういったことを払拭するためにも、市民の皆様への説明や合意形成が大変重要であると認識いたしております。  

琴浦町議会 2019-12-19 令和元年第 6回定例会(第5日12月19日)

発言取消しについて 日程第2 町税等滞納問題調査特別委員会の調査結果報告について 日程第3 元年陳情第6号 日本政府に対して、国連の「沖縄県民は先住民族」勧告の撤              回を求める意見書の採択を求める陳情書 日程第4 元年陳情第9号 桜を見る会の実態解明を求める意見書の提出について(陳情              ) 日程第5 元年陳情第10号 放送法における「受信設備の設置」概念

湯梨浜町議会 2019-12-18 令和元年第 9回定例会(第10日12月18日)

─────────────・───・───────────── ◎日程第35 発議第6号 ○議長(入江 誠君) 日程第35、発議第6号、放送法における「受信設備の設置」概念の法に適合した運用についての意見書の提出についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  河田洋一議員

倉吉市議会 2019-12-18 令和元年第5回定例会(第6号12月18日)

まず、陳情第15号 放送法における「受信設備の設置」概念の法に適合した運用についての意見書提出については、全員賛成により研究留保すべきものと決定をいたしました。  次に、陳情第16号 公共放送の運営に係るコンプライアンスの徹底及び、消費者保護体制の強化を求める意見書提出については、全員賛成により趣旨採択すべきものと決定をいたしました。  

北栄町議会 2019-12-18 令和元年12月第9回定例会 (第10日12月18日)

設備の充実に関する陳情(北条中学                 校・大栄中学校)  日程第26 令和元年陳情第13号 教育環境施設設備の充実に関する陳情(北条小学                 校)  日程第27 令和元年陳情第14号 桜を見る会の実態解明を求める意見書の提出について                 の陳情  日程第28 令和元年陳情第15号 放送法における「受信設備の設置」概念

琴浦町議会 2019-12-09 令和元年第 6回定例会(第2日12月 9日)

このような危機感から生まれたのがSDGsという概念であります。経済発展を否定するのではなく、経済的繁栄は目指すものの、環境社会に配慮しながら2030年を目標として持続可能な社会にしましょうというのが持続可能な開発目標SDGsであります。基本理念は、誰ひとり取り残さない。2030年までに世界中の貧困を撲滅し、格差の是正を達成する持続可能な社会を実現するための指針であり、物差しであります。

伯耆町議会 2019-12-06 令和元年12月第 5回定例会(第2日12月 6日)

それでは、改めて質問に入らせていただきますけども、(2)番でお願いしておりますけれども、この管理制度におけます林業経営に適した森林という概念は、担当課としてはどのような概念と受けとめておられるのか、また、そのような森林本町はどのようにして存在するのかということについてお尋ねしたいと思います。 ○議長(幸本 元君) 産業課長

琴浦町議会 2019-12-06 令和元年第 6回定例会(第1日12月 6日)

指名 日程第2 会期決定について 日程第3 諸般の報告について 日程第4 元年請願第5号 東伯総合公園サッカー場の人工芝改修による施設の多目的利              用と住民の健康増進並びに持続的な施設運営についての請願 日程第5 元年陳情第9号 桜を見る会の実態解明を求める意見書の提出について(陳情              ) 日程第6 元年陳情第10号 放送法における「受信設備の設置」概念

北栄町議会 2019-09-12 令和元年 9月第6回定例会 (第 8日 9月12日)

目的意識を持って農業を選択している人なので、農業の取り組みは意欲的であり、農業への概念、既成概念を持っていないために、すごくアイデアを持っている人がたくさんあると思います。このような人は地域にとっても大きな意義があります。どうぞ北栄町で根づき、花開くことができるよう、惜しみない支援を望みます。

境港市議会 2019-09-09 令和元年 9月定例会(第2号 9月 9日)

関係人口という新しい定義概念が生まれまして、交流人口でもない、定住人口でもない、将来の定住人口につながればということで関係人口という概念が出てまいりまして、関係人口に対する取り組み、そのモデル事業といたしまして、全国でいろいろ約30団体ぐらいの団体モデル事業として登録されておられます。

伯耆町議会 2019-09-06 令和元年 9月第 4回定例会(第2日 9月 6日)

ですので伯耆町の施策に対してどういうこのSDGsという概念が生きているかというと、もったいないという感覚を持ちながら、今ある資源をどうやってよりよい形で町民の方のサービスに向けていくかということに力を注いできたということに尽きるんじゃないでしょうか。私はそう思っております。  

倉吉市議会 2019-09-04 令和元年第4回定例会(第3号 9月 4日)

やはり若い皆さんというのは既成概念にとらわれないというところがありますので、審議会などとはまた違った形での意見反映ができるのではないかなと期待をしたいと思います。  先般、私も8月の初めに鴨川中学校の生徒さんと意見交換をさせていただきましたけれども、本当によく総合計画などの勉強していただいて、その上での質問だったんですけれども、なかなか鋭い御質問をいろいろいただいたところであります。

倉吉市議会 2019-09-03 令和元年第4回定例会(第2号 9月 3日)

そういう意味で、いろんな機会を通じてこの概念のいろんな意味というか中身を十分住民の方々に理解していただく努力をしていく必要があるだろうと思います。  かねてから市報などを通じて啓発もさせていただいているところではありますけれども、もっと具体的な取り組みをコーディネーターの皆さんとともに地域に入り込んでやっていくことにしていく必要があるだろうと思っています。

北栄町議会 2019-06-21 令和元年 6月第4回定例会 (第 2日 6月21日)

このような流れの中、既にさまざまな自治体において各種計画の策定、改定に当たってSDGsの概念を組み込んだり、SDGs推進本部を庁内に組織したり、企業との連携協定を結んだりといった取り組みが進められています。全世界でのSDGsの達成に向けては、当然地方自治体における取り組みが必要であります。

倉吉市議会 2019-06-19 令和元年第3回定例会(第3号 6月19日)

私は県立美術館概念といいますかコンセプトを、まちづくりにぜひ生かしていくべきだと思います。中心市街地などに遍在している空き家、空き地、これも当市にとりましては大きな懸念の一つでございます。それを利用して芸術を志す若き芸術家、あるいは芸術に造詣のある方々を、その空き家を提供し、そういう芸術活動の拠点づくりをしっかり支援する体制づくりをしてはどうかということでございます。

倉吉市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第2号 6月18日)

ある意味、既成の概念にとらわれずに頑張れと、傲慢になるなと、謙虚に生きよというような趣旨でお話しされているんではないかなと思って読ませていただきました、というようなことでよろしゅうございますでしょうか。 ○教育長(小椋博幸君)(登壇) 大津議員の御質問にお答えを申し上げます。東京大学の入学式での上野名誉教授の祝辞についてということでございました。