57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第3号 3月 8日)

条約は、1つ、核兵器は非人道兵器と認定し、2つ、核兵器開発保有使用使用の威嚇などのあらゆる活動を禁止し、3つ、被爆者実験被害者の苦難と努力に言及し、4つ、核兵器被害者の権利を明記しています。さらに、5つ、保有国核兵器廃棄への道筋を描き、6つ、核兵器に悪の烙印を押すことで核抑止に依存することの正当性を崩し、核兵器保有国と核の傘依存国への圧力になることがうたわれています。  

境港市議会 2017-12-13 平成29年第6回定例会(第4号12月13日)

相次ぐ北朝鮮ミサイル発射実験を受け、核シェルターを学校や市町村役場で整備できるよう検討してほしいなどと、自民党の北朝鮮実験ミサイル問題対策本部に参加した多くの議員から声が上がったように、政府・与党内でも核シェルター必要性を求める声とともに、民間企業や団体の地下施設の有効活用することが真剣に検討されております。

境港市議会 2017-10-02 平成29年第4回定例会(第5号10月 2日)

そして今現在、包括的実験禁止条約、いわゆるCTBTや兵器用核分裂性物質生産禁止条約、いわゆるFMBCといった、核禁止条約よりも前の段階に存在する条約ですら核兵器国が参加していない状況で、核兵器禁止条約に今の段階で参加することの意義も十分に考えるべきでしょう。  次に、北朝鮮の核・ミサイル開発への深刻化などに直面している中、核兵器国と非核兵器国の対立を一層助長し、その溝を深めかねないとの点です。

伯耆町議会 2017-09-22 平成29年 9月第 5回定例会(第3日 9月22日)

9月3日には、国連決議を無視して6回目の地下実験を強行しました。これを受けて、国連安全保障理事会が新たな制裁決議ロシア中国も賛成に回り、全会一致で採択された意義は極めて重いものと言えます。しかし、北朝鮮は再び9月15日に弾道ミサイル発射しました。断じて容認できません。  

境港市議会 2017-09-20 平成29年第4回定例会(第3号 9月20日)

現在の日朝関係では、繰り返されるミサイル発射実験の強行に拉致事件はまた置き去りにされ、二の次にしている政府の態度に失望感を感じるところです。  北朝鮮をめぐる解決策は、日米同盟を基軸に据える日本ですが、ロシアとの信頼関係と歩み寄りを維持し、日本政府は、残る拉致被害者12名の帰国を前面に押し出すことが必要です。

八頭町議会 2017-09-08 平成29年第 8回定例会(第3日目 9月 8日)

北朝鮮による実験、ミサイル連続発射等によりアメリカとのチキンレースが激化しており、このままでは第2次朝鮮戦争、第3次世界核戦争かと連日メディアをにぎわせております。もしこれが現実となれば、韓国で数十万人から百万人単位の犠牲者が出ると言われております。日本にも多大な被害が予想される朝鮮半島有事であります。が、しかしこれは軍事有事であります。

北栄町議会 2017-09-08 平成29年 9月第7回定例会 (第 9日 9月 8日)

今、北朝鮮国際社会の自制を求める声を無視してミサイル発射を繰り返したり、実験をしたりという、こういう無法をやっているわけでして、これは決して許されることではないと思います。ただ、これに軍事で対抗すれば日本も含めて大変な惨禍を免れないということになるわけでして、北朝鮮を何とか話し合いの場に引きずり出すということが非常に大事になってきていると思います。

鳥取市議会 2017-09-01 平成29年 9月定例会(第6号) 本文

8月29日に続く発射ということで、実験も6回目。このことは世界地域の平和と安全にとって重大な脅威だと思います。国連安保理決議や6カ国協議に違反する暴挙で、断固抗議します。今、世界核兵器廃絶の大きな流れにあると思います。北朝鮮は、国連安保理決議に違反する核兵器ミサイル開発は中止すべきです。そして、アメリカ北朝鮮軍事的衝突、絶対避けなければなりません。

境港市議会 2016-09-27 平成28年第4回定例会(第5号 9月27日)

日程第4 委員会提出議案第9号・議員提出議案第1号・議員提出議案第2号 ○議長岡空研二君) 日程第4、委員会提出議案第9号、朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の5度目の実験及びミサイル発射に対する抗議決議から、議員提出議案第2号、参議院選挙制度の合区の見直しを求める意見書提出についてまでを議題といたします。  提出者提案理由説明を求めます。  

鳥取市議会 2016-09-01 平成28年 9月定例会(第6号) 本文

また、北朝鮮の5回目の実験は指弾されなければなりません。  一方、本市では1989年、平成元年非核平和都市宣言推進鳥取実行委員会を結成し、核兵器廃絶に向けた取り組みを今日まで約30年近く展開してきました。実行委員会ができた経緯と、これまで取り組んできた内容についてお伺いします。なお、重複的な質問は省略して質問します。  

鳥取市議会 2016-09-01 平成28年 9月定例会(第5号) 本文

一方、核兵器を持つ国が増加する中、北朝鮮が5回目となる実験を実施して国際的非難を浴びるなど、核兵器を取り巻く環境は大きく変わってきていると考えております。  次に、地産地消のまちづくりについてお尋ねをいただきました。第5期の鳥取地産地行動指針、今年度、3年間の推進期間中間年度を迎えるが、その事業の進捗状況等はどうかといったお尋ねをいただきました。

鳥取市議会 2016-09-01 平成28年 9月定例会(第3号) 本文

この日本非核宣言自治体協議会では、昨年ニューヨークで開催された、核兵器の非人道性が議論される核兵器拡散防止条約検討会議代表団を派遣いたしまして、被爆国自治体住民の声を届けたり、また、実験等が行われた場合の抗議を行ったりしておりまして、今後も本市はこの協議会とともに核兵器廃絶に向けて取り組んでまいりたいと考えております。  次に、最近の殺傷事件と人権についてお尋ねをいただきました。

境港市議会 2016-06-14 平成28年第3回定例会(第3号 6月14日)

私は、昨年の議会において、昨今の北朝鮮ミサイルの乱射や実験、中国海洋資源争奪戦など目に余るものがあることから、領土領海の安全と国民の安全を守り、豊かな漁場と日本海側拠点港を有するこの地域を守るため、海上自衛隊の誘致を訴えさせていただきました。しかし、中期防衛計画見直しが必要になることなどから、実現への道は厳しいものと思われ、今後根気よく取り組んでいかなければならないと考えます。  

境港市議会 2013-03-21 平成25年第1回定例会(第5号 3月21日)

陳情第1号 陳情第2号 陳情第4号     (経済厚生委員会委員長報告) 第4 議員提出議案第1号 「島根原子力発電所に係る鳥取県民安全確保等に関する協              定」の改定を求める決議    議員提出議案第2号 地方公務員給与削減を前提とした地方交付税削減を行わな              いことを求める決議    議員提出議案第3号 朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の3度目の実験