104件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-12-13 令和元年12月第9回定例会 (第 5日12月13日)

さて、本年10月に発生した台風19号は、関東や甲信、東北地方大雨となり、広範囲に甚大な被害を及ぼしました。国土交通省は、9月、10月の台風で降った雨を排水処理し切れずに内水氾濫が起きたことを踏まえ、全ての都道府県市区町村内水ハザードマップの作成を進めるよう通知しております。本町では、北栄町防災マップにおいて河川洪水浸水想定区域図を作成しておりますが、これで対応できるのか、お伺いいたします。

湯梨浜町議会 2019-12-11 令和元年第 9回定例会(第 3日12月11日)

ことし10月に発生しました台風19号による甚大な被害は、東北地方中心記録的な豪雨により大小数多くの河川決壊氾濫による大規模な水害が広範囲で発生いたしました。  災害危険レベル5という超異常事態が今日では何か当たり前のようにテレビなどで報道され、また過去の降水量記録を更新だとか、想定外といった今や聞きなれてしまったようなフレーズがテレビや新聞であふれておりました。  

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会(第3号) 本文

この訓練では、本年9月、また10月に関東東北地方で大変大きな被害をもたらしました台風15号、19号に匹敵する勢力の台風鳥取に襲来したと、こういった想定のもとに、新たに導入いたしました災害対応システムを運用し、災害情報に即応した避難情報発令訓練新本庁舎災害対策本部と各総合支所下水道庁舎や保健所などを結んだテレビ会議システム運用によります情報伝達訓練避難所開設備蓄品輸送訓練を組み合わせた

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会(第4号) 本文

関東・甲信越・東北地方の各地で降水量観測史上記録を更新するなど、記録的な大雨となった台風19号であります。神奈川県箱根町では24時間雨量922.5ミリを記録しております。千代川決壊雨量が48時間で325ミリと公表されております。単純に24時間雨量とすれば半分の163ミリですから、台風19号は千代川決壊雨量の5倍以上、1,000年確率でも約3倍以上の雨量だったわけであります。

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会(第2号) 本文

最初に、地域防災力向上についてですが、先々月、関東東北地方を通過した台風19号により、東日本の多くの地域で風、洪水土砂、土石流により甚大な被害がもたらされ、全国で78人の方がお亡くなりになり、行方不明者も16人と多く出ております。全国で13都道府県315市区町村災害救助法の適用を受ける広域災害となってしまいました。

米子市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第2号 6月17日)

けさも関東東北地方震度4の地震が発生いたしました。近年は全国的に見ましても、いつ、どこでどのような災害が起こるか、全くわからない状況が続いております。言いかえれば、あす、ここ米子市でも大地震が発生したり、あるいは想定外ゲリラ豪雨に襲われたりすることも、可能性としては全くないとは言い切れないと思っています。それゆえに災害への備えは万全を期しておかなければなりません。

湯梨浜町議会 2019-02-21 平成31年第 2回臨時会(第 1日 2月21日)

多分これは確かに協議っていう意味においては、光井議員も言われましたけども、かなりの広い範囲があるようですけども、ただ単に協議っていうふうな単純なとらまえ方からしたときに、多分ここの文章で私たち最初この要綱の分でひな型として見さしていただいた東北地方ひな型分を全協のときに配られました。

湯梨浜町議会 2018-06-11 平成30年第 3回定例会(第 4日 6月11日)

ただ、やっぱり東日本、特に例えば東北地方なんかでは非常に県がまとまって、自治体がほとんどそういう制度を設けていると。何でこういう状況が起こっているんかなっちゅうのがちょっとようわからんわけですね。今、町長の答弁をお聞きすると、やっぱりその辺が、理解の仕方といいますか、その辺でちょっと違いが出とるんかなと。

鳥取市議会 2017-12-01 平成29年 12月定例会(第4号) 本文

その2カ月後の9月17日には、西日本を広く暴風域に巻き込みながら日本列島を縦断し大きな被害をもたらせた台風18号と、また約1カ月後の10月21、22日にも、相次ぐ台風21号が日本の南方を北上し、その台風を取り巻いて発展した雨雲が、本州付近に停滞した前線の影響により、西日本から東日本東北地方の広い範囲での大雨となり、全国の広い範囲において河川氾濫浸水被害土砂災害が発生し、甚大なる被害をもたらせました

倉吉市議会 2017-08-30 平成29年第5回定例会(第3号 8月30日)

質問に入る前に、7月から8月にかけまして未曽有豪雨台風5号による大雨により甚大な被害に遭われた九州、秋田県を初めとする東北地方など、広範囲にわたる地域皆様にまずはお見舞いを申し上げたいと思います。  また、広島の土砂災害から3年、まだまだ爪跡が残っており、高齢者孤独死が大きな問題として報じられております。  この倉吉でも、昨年の地震でまだ屋根のブルーシートがかかっております。

鳥取市議会 2017-02-01 平成29年 2月定例会(第6号) 本文

雪のエネルギー利用、これは、冬季に降った雪を貯蔵庫などに貯蔵いたしまして、夏季に施設の冷房、農産物の保存などに利用・活用するもので、北海道東北地方などでそういった例があることを承知しております。県内では、江府町のミネラルウオーターのボトリング工場で、冬季に貯蔵された雪を製造工程空調設備冷熱源として利用されている、こういった事例もあるところであります。

米子市議会 2016-12-21 平成28年12月定例会(第6号12月21日)

本年においても、4月の熊本地震のみならず、8月以降の複数の台風により、特に北海道東北地方中心に甚大な被害に見舞われております。また、10月には震度6弱の鳥取中部地震が発生しております。迅速な復旧復興とともに、安全・安心な国づくりに資する防災減災対策喫緊課題であります。  

鳥取市議会 2016-12-01 平成28年 12月定例会(第5号) 本文

東日本大震災では東北地方中心とする都道府県市町村が大きな被害を受けました。各市町村がそれぞれ単独で対処に当たるだけでは人々の生活行政機能の修復が困難であることが明らかでした。そこで、全国から多数の支援、寄附が集められました。震災復興基金が立ち上げられ、安全な生活を取り戻すための基盤づくりのための寄附全国から募ったのです。

八頭町議会 2016-09-05 平成28年第 6回定例会(第1日目 9月 5日)

先般、昭和26年に気象庁が観測を始めて以来、初めて太平洋側から東北地方台風10号が上陸をいたしました。岩手県や北海道浸水被害が相次ぎ、とうとい命も奪われており、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。  また、熊本地震から早いもので5カ月が経過しようといたしておりますが、いまだ避難所生活をしておられる方もいらっしゃいますし、一日も早い復興を願うものであります。