5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

八頭町議会 2020-09-18 令和 2年第 8回定例会(第5日目 9月18日)

国際的な観点で見ても、核兵器禁止条約が2017年7月7日の国連会議国連加盟国の3分の2に当たる122か国の賛成で採択されましたとあり、核兵器禁止条約は第1条において、核兵器の「開発、実験、生産、製造」及び「保有、貯蔵」、さらにその「使用」と「使用の威嚇」を禁止し、条約締結に対し、「自国の領域または自国の管轄もしくは管理のもとにあるいかなる場所においても、核兵器または核爆発装置を配置し、設置し、または

米子市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会(第6号 7月 2日)

核を持つ国が批准しなければ発効しても役に立たないという意見もありますが、条約が発効すれば、核を搭載した原子力空母などは条約締結の港に立ち寄れないなどもあります。大きな効力を発揮します。今や核兵器廃絶は世界の主流です。唯一の戦争による被爆国である日本は率先して条約の批准に取り組み核兵器廃絶の先頭に立つべきです。この陳情を採択し、意見書を提出することを求めます。  

岩美町議会 2016-12-22 12月22日-03号

現在、租税条約締結から支払いを受ける利子等に係る所得国民健康保険税所得割額算定及び軽減判定に用いる総所得金額に含めて計算している現行の条例と同様に、日本と台湾のような租税条約を締結していない国から支払いを受ける利子等に係る所得国民健康保険税所得割額算定及び軽減判定に用います総所得金額に含める課税の特例を条文として設定しようとするものであります。

湯梨浜町議会 2010-12-20 平成22年第10回定例会(第 5日12月20日)

地球温暖化防止京都議定書条約締結間で平成9年12月に議決され、平成15年に発効いたしました。内容は、平成2年を基準として、平成20年から24年の5年間に温室効果ガス排出量を6%削減するというものでございます。平成11年4月には、地球温暖化対策の推進に関する法律が施行され、温室効果ガス削減に向けて具体的な取り組みが進められてまいりました。  

  • 1