63件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 付録

平成31年3月25日提出                         米子市議会議長 渡 辺 穣 爾   ……………………………………………………………………………………………… 議会報告会  1 派遣目的 市民と市政に関する情報及び意見を交換し、市政の諸課題に対処するため  2 派遣場所及び期間   (1) 米子市彦名公民館 平成31年4月13日   (2) 米子市春日公民館 平成31年4月14

伯耆町議会 2018-09-05 平成30年 9月第 3回定例会(第2日 9月 5日)

もちろん本庁舎も水没するということから、春日のあたりまでも一挙に流れ出ていくということが想定されておりました。こういったことがなかった。このことを本当契機にして、今、対策を急いでいただきたいと思うわけですけれど、いかがでしょうか。上細見のあるおうちなんかは、家の後ろで水が渦巻いていたと、その後には大量なごみが固まって、それを河川事務所のほうから搬出していただいたという経緯がございます。

米子市議会 2018-07-18 平成30年 7月定例会(第4号 7月18日)

○(入澤選挙管理委員長) 地区による投票率のばらつきについてでございますが、投票率が比較的高い地区といたしましては、崎津、大篠津、和田地区といった弓浜部、春日、大高地区、それから淀江地区におきましては、新興住宅地を抱える佐陀地区を除き全体的に高い傾向にあります。一方、投票率が比較的低い地区は、福米東地区、福米西地区、佐陀地区となっております。

倉吉市議会 2018-02-27 平成30年第2回定例会(第6号 2月27日)

特にこの前、春日大社の天井裏から出てきた古伯耆物と言われる刀、どうも大原安綱の製作ではないかと、てな説明書きがあったわけです。そういうものが来るのか来んのか。その辺のこともあわせて全体像をお知らせください。よろしくお願いします。 ○教育委員会事務局長(山中敏幸君) 続いての御質問にお答えいたします。  

倉吉市議会 2018-02-22 平成30年第2回定例会(第4号 2月22日)

そういう山名の切り口のコースもできるでしょうし、伊能忠敬の八橋往来とか、あるいは大原鍛冶名刀童子切、今回これですね、春日大社の名刀も出てきたようですし、そういう刀だけじゃなくて、たたらなども含めてコースづくりもできるかもしれません。いろんな切り口でフィールドワークを生かした観光というのは取り組めるんじゃないかなと思ってますので、関係者の皆さんとよくお話をしてみたいと思います。

米子市議会 2017-06-19 平成29年 6月定例会(第1号 6月19日)

今年度は防災行政無線施設デジタル化について、第2期工事として富益地区、夜見地区、春日地区、大高地区、県地区等の整備を行うこととしております。また、消防力の充実強化策として、活動拠点であり、地域の安心・安全を守る重要施設である消防団車庫のうち、夜見分団車庫の建てかえに係る用地取得等を行うほか、老朽化した五千石分団の消防ポンプ自動車を更新するとともに、消防団の装備の充実を図ることとしております。  

米子市議会 2015-06-19 平成27年 6月定例会(第4号 6月19日)

箕蚊屋の春日地区で取り組まれております、ホタルを通じてのまちづくりという事例がございまして、そこで伺っていきたいと思うわけです。春日地区での取り組みが、今回の全国ホタル研究会のよなご大会の開催に結びついてるということで、全国発信という状況になるわけです。米子の水を全国に発信するものでもあるというぐあいに思っております。

米子市議会 2014-09-12 平成26年 9月定例会(第4号 9月12日)

例えば春日地区では、ホタルの会というような形で、地域にある重要な資産というものをみんなで守り、育てて生かしていこう、そしてさらには全国の交流会も誘致しようというような動きがあって、再来年開催されるようではございますけれども、地域財産を生かしてまちづくりを進めるという提起をいただきまして、私のほうも自治会の方にも、地域の人とも相談をしながらまちづくりを進めていきたいというぐあいに考えております。

倉吉市議会 2012-09-05 平成24年第6回定例会(第3号 9月 5日)

これ地域再生に活用したということで、いわゆる丹波市の春日町山王地区というんでしょうかね、というところで、わずか11世帯人口42人、平均年齢60歳を超える典型的な過疎地でありますが、ここが自治会太陽光に取り組んでおられます。これはなぜかというと、世帯が少ないために自治会の運営費が今や1軒当たり月5,000円、年間6万円を1世帯が負担してる。

琴浦町議会 2012-03-13 平成24年第3回定例会(第2日 3月13日)

それから、和田山から春日までの北近畿自動車道にも無料の高速道路道の駅ができております。ただ、あのときにはよかったかもしれません。けども、だれが見てもあの利便性、国土交通省さんは自分の範囲じゃないと。土地も町だし建物も町だし、私たちは関係ないんだということは言われるかもしれませんけども、そこは高速道路を利用する人たちも物すごく利便性がいいわけですね。

米子市議会 2011-12-08 平成23年12月定例会(第5号12月 8日)

滞納繰越額が5年前より増加しておりますが、この間に、春日、巌、伯仙地区の供用が開始いたしまして賦課額が増加したというようなことが影響しているというぐあいに考えております。下水道使用料及び農業集落排水施設使用料ともに事業を行う上での貴重な財源でございますので、受益と負担の公平性を確保する観点からも、徴収率の向上というのが喫緊の課題というぐあいに認識しておるところでございます。

米子市議会 2011-12-07 平成23年12月定例会(第4号12月 7日)

春日部のやり方がすべていいということではないと思いますけども、合併後のまちづくりのいい例ではないでしょうか。思い切ったやり方ですが、地域住民の文化、集いの場所として図書館を1階につくったため、市民課以外の支所機能は2階に移りました。エレベーターもつけておられました。2階がだれも上がらなくて暗いという淀江支所よりは明るくなると思います。

米子市議会 2011-03-04 平成23年 3月定例会(第4号 3月 4日)

平成23年度は耐震性の低い学校施設耐震化として、福米東小学校、就将小学校の管理教室棟の耐震補強に係る設計業務並びに福生小学校及び箕蚊屋小学校の屋内運動場の改築に係る設計業務、また、春日保育園の耐震補強並びに淀江公民館耐震補強に係る設計業務を実施することとしております。その他の公共建築物につきましても、引き続き財政状況等も勘案しながら耐震化を図ってまいりたいと考えております。

米子市議会 2011-02-28 平成23年 3月定例会(第1号 2月28日)

保育所耐震改修につきましては、Is値が0.3未満の施設の改修が終わりましたので、続いてIs値が0.6未満の施設の改修を実施するものとし、春日保育園の耐震補強に着手することといたしております。私立幼稚園保育料につきましては、園が保育料等を減免する場合に減免相当額を助成しておりますが、保護者経済的負担を軽減するため、助成基準の見直しを図ることとしております。

米子市議会 2010-03-05 平成22年 3月定例会(第6号 3月 5日)

○(田中下水道事業監) 丁寧な説明ということだったんですが、私どもも平成18年のときに農集管理組合とか自治連合会、それから地区の使用の皆さんにも、例えば春日公民館とか、そういう公民館単位でも説明させていただきました。ただ、年がたっておりますので、今度また5年、予定するのは平成24年でございます。それまでにまた丁寧な説明を皆さん方にしていきたいと思います。 ○(中田副議長) 森議員

米子市議会 2009-12-09 平成21年12月定例会(第5号12月 9日)

現在航空自衛隊の大型ヘリは、青森県三沢基地埼玉県入間基地福岡県春日基地沖縄県那覇基地航空救難団ヘリコプター空輸隊に主にレーダーサイトへの物資補給用として配備をされております。レーダーサイトを有する日本海側の美保基地に配備される可能性は高まっていると考えます。大型ヘリの配備に対し、市長の所見を伺います。  壇上での質問は以上でございます。答弁によって自席で再質問させていただきます。

米子市議会 2009-06-26 平成21年 6月定例会(第5号 6月26日)

そのうち保育園の耐震改築につきましては、今年度、あがた保育園の耐震改修に着手することとしておりますが、そのほか南保育園と春日保育園につきましても平成23年度以降に計画したいと考えております。また、仮称工芸伝承館の建設につきましては長年にわたり地元と調査・検討を積み重ねてまいりましたが、具体的には何も定まっていないのが現状でございます。

伯耆町議会 2008-12-10 平成20年12月第 9回定例会(第2日12月10日)

私、調べてみましたけれど、北海道の札幌とか新潟とか、それから大阪の八尾市とかたくさんの自治体が、福岡市なんかは前年度の住民税所得割が6万4,000円払っている以下の人はその対象にするよということになっていますし、同じく福岡春日市なんかは住民税の所得割額が2万8,200円、これ以下の人は対象にしようとか、生活保護基準の1.4倍とか1.3倍とか、そういう形で広げて、そして子供たちを本当に救っていくということで