28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

米子市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第8号 3月12日)

それから、教科図書いわゆる教科書につきましても無償となっております。ただ、学用品費などのものは、無償範囲には含まれていないというふうに理解をしております。 ○(渡辺議長) 遠藤議員。 ○(遠藤議員) 補助教材というのが使われていますよね。これは無償化範囲には入らないんですか。 ○(渡辺議長) 浦林教育長。 ○(浦林教育長) そのように考えております。 ○(渡辺議長) 遠藤議員

米子市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会(第7号 3月 8日)

まず、無償化となったのはいつからかということについてですけれども、義務教育教科書無償給与制度は、義務教育学校教科図書無償に関する法律と、それから義務教育学校教科図書無償措置に関する法律に基づきまして、昭和38年度小学校第1学年において実施され、その後、学年進行方式によりまして毎年拡大され、昭和44年度に小中学校の全学年無償給与が完成し、現在に至っております。  

琴浦町議会 2016-03-08 平成28年第 2回定例会(第2日 3月 8日)

中部地区では、中部地区教科図書採択協議会規約を設定し、採択協議を行っています。規約に基づき、選定に必要な教科書調査研究を行う調査員を置き、その調査員報告県教育委員会が作成した選定資料もと選定されております。この調査員は、教科書会社を初め、教科書採択にかかわる利害関係者等からの圧力や誘導などがないよう、採択までは公表しないことになっております。

米子市議会 2015-09-04 平成27年 9月定例会(第3号 9月 4日)

○(北尾教育長) 平成28年度から使用します中学校教科図書採択の状況でございますが、ことし8月12日に米子市教育委員会を開催して、全15種の教科書採択が終了したところでございます。西部地区採択協議会構成市町及び中学校組合教育委員会も同様の結果を採択されておりますので、それを取りまとめて先日、県の教育委員会のほうに報告させていただきました。

北栄町議会 2010-09-17 平成22年 9月第5回定例会 (第 4日 9月17日)

しかしながら、憲法においてすべての国民に対しその保護する子女をして普通教育を受けさせることを義務として強制していることから、国は保護者教科書等費用負担についてできるだけ軽減するよう配慮、努力するという観点から国の財政等の事情を考慮し、義務教育学校教科図書無償に関する法律義務教育学校教科図書無償措置に関する法律を制定し、教科書無償支給を行っているものであります。

米子市議会 2010-03-10 平成22年 3月定例会(第8号 3月10日)

○(村井教育総務課長) 教育委員会での予算要求の考え方でございますけれども、平成22年度交付税関係はまだ出ておりませんので、先ほど総務部長の方から説明がございましたので省かせていただきますけれども、21年度算定基準で、まずは準要保護児童生徒関係費特別支援教育支援員経費教科図書及び備品経費学校図書館図書経費の総額につきましては、約1億8,205万円でございました、交付税算定基準で申し上

米子市議会 2005-07-07 平成17年 6月定例会(第6号 7月 7日)

都道府県教育委員会が行う教科図書選定審議においては、調査員として学校現場教師が各教科、各種目といいますが、3名ずつ、また審議会委員としても7名がその調査研究審議にかかわっています。また西部地区採択協議会採択審議においても各教科とも学校管理者教員調査研究審議にかかわっておりますので、学校現場教師意見は反映されていくものと思っております。 ○(生田議長) 錦織議員

八頭町議会 2005-06-21 平成17年第4回定例会(第3日目 6月21日)

教科図書検定規則実施細則というのがあります。この内容を見てみますと、教科書検定終了までは、申請文内容当該申請者以外の者の知るところとならないよう、適切に管理しなければならない、こういう定めがございます。文部科学省は、違反した場合は、検定を停止することもある。実際にペナルティーはないんですね、細則ですから。

岩美町議会 2005-06-14 06月14日-01号

しかし、それに際しては、県の教育委員会採択権者である市町村教育委員会を指導するために、あらかじめその専門的な知識を持っておる学校の校長だとか、教員だとか、あるいは学識経験者からなる教科図書選定審議会というものをつくって、それから審議会は各教科ごと調査員を選んで、調査員というのは、それぞれ専門の教員が当たります。

琴浦町議会 2005-03-14 平成17年第2回定例会(第3日 3月14日)

中学校歴史教科書について、そのとりわけ採択基準についてということでございますが、まず学校教育活動の中で子供たちが主たる教材として使う教科書採択についてでございますけれども、実は小学校で使います教科図書採択は既に本年度8月採択されまして、来年度から新しい教科書を使用するということになっておりますが、御質問にありました中学校の使用します教科図書につきましては、平成17年度、来年度採択事務が行われて

鳥取市議会 2005-03-01 平成17年 3月定例会 目次

について、子育て支援について、観光振興策〔国の観光地づくり支援制度、  広域交流観光に向けた新年度重点取り組み事項〕について、企業誘致及び産業振興に  ついて、新たな農林水産業振興食育について、漁業振興漁港対策地産地消への  取り組み、漁港堆積砂のしゅんせつ〕について、農業支援政策について、鳥取市が管  理する建築・設備の安全点検管理について、青谷駅南側地域における水害対策につい  て、教科図書採択

倉吉市議会 2002-03-12 平成14年第2回定例会(第5号 3月12日)

○4番(牧 廣君) 第10款、2目の19節、中部地区教科図書採択協議会負担金という4万円出とるわけですが、これはどういう内容をこの協議会は議論しとるんですかね。 ○14番(福井康夫君) 4番議員にお答えします。  節の部分での御指摘だと思います。教科書採択予算4万円、特にこの項目について意見をしたとか議論をしたということは委員会ではありませんでした。

  • 1
  • 2