17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

八頭町議会 2019-12-10 令和元年第11回定例会(第4日目12月10日)

若桜線は廃止にせずに第三セクターという道を選んだわけでございますが、鉄道経営におけるいわゆる採算がとれるライン、損益分岐というのは私はよくわかりませんけど、当時廃止対象路線にしとった目安ですね、国鉄が。それは輸送密度が4,000人ということでした。これ1日1キロ当たりの輸送量ということで4,000人。

北栄町議会 2018-03-13 平成30年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

12月議会の後、再度損益分岐計算売上高など市場の動向を踏まえ反映いたしましたところ、第5期から7期まで規模拡大を進めた上で、100アールの栽培面積で第6期に売上高が4,680万円に対し、損益分岐が4,643万円となり、黒字化が見えてまいりました。しかし、第6期の営業利益は27万9,000円と試算されますので、アグリビジネス社への配当は当面のところ行えない状況であります。  

北栄町議会 2017-12-20 平成29年12月第11回定例会 (第14日12月20日)

損益分岐3期から7期」と書いておりますが、これにつきましては「2期から4期」の間違いでございますので、そこの訂正をお願いいたします。  資料を使って御説明申し上げます。損益計算書の中で、第2期の計画損益分岐と決算時の損益分岐との売上高の比較と推移を見ておられるのかという御質問でございました。  

岩美町議会 2008-12-16 12月16日-01号

今後さらなる充実に向け、医師確保先ほども全力で尽くされるというふうに言われたんですけれども、今後の休止病棟の再開に向けては、損益分岐をよく見きわめて判断をする必要があるというふうに言われております。その見きわめの考え方であるとかポイントとなる部分を教えていただきたいなというふうに思いますし、今後の病院運営考え方もあわせて伺いたいと思います。 ○議長津村忠彦君) 町長。

北栄町議会 2008-09-18 平成20年 9月第6回定例会 (第 2日 9月18日)

それで、この当初の修正計画、11万人、13万人ということでべらぼうな数で、先ほど担当課長の話によるとことし平成20年度は昨年並みと、6万人程度を入り込み客としてできればいいと申されましたが、はてこの20年度6万人、大体そもそもこの修正案ですね、これ何万人だったらあれですかね、損益分岐があると思うんですわ。何万人だったらじゃ大丈夫なんでしょうか。

鳥取市議会 2006-12-01 平成18年 12月定例会(第3号) 本文

また、損益分岐比率、これも1億円未満の業者さんですが、平成15年、16年、もう既に100を超えておられまして赤字構造になっていると。そして、平成17年は急激に107%まで硬直化した構造になっているという状況でございます。ちなみに、平成17年の1億円から5億円未満完工高でも101.35ということで、赤字になってきているというような状況がございます。  

倉吉市議会 2006-11-06 平成18年第6回定例会(第2号11月 6日)

そしてそれが少しいわゆる財政状況と言いましょうか、そういうものにゆとりがあり、する場合は、少しばかりの損益分岐から下回ることがあっても許されるわけでありますが、それらが今後を見通したときにもなかなか本当に先方減価償却費というものを計上しなければこんなにありがたいことはないんだけれどもということを言いましたが、それは会計法上では減価償却に見合うものを内部流保資金として積み立てるようにというのが一方ではあるわけであります

倉吉市議会 2005-09-09 平成17年第6回定例会(第6号 9月 9日)

損益分岐を積算し、利益限界率を示すこと。何ぼお客さん呼んでも、呼べば呼ぶほど赤字になる。そんな馬鹿なことない。3つ目、目標に向かって意思統一をし、指導性の発揮、決意、意欲、自覚ある組織連体を確立し、知恵と自発を発揮し、重視した意識改革をすること。そのためには過大な欠損金を計上した責任を明らかにし、住民負担を避けることを改めて求めて質問を終わります。

倉吉市議会 2004-06-08 平成16年第4回定例会(第3号 6月 8日)

といいますのも、市長よく御存じのとおりでありますが、昨年、一昨年と、スイカ価格が低迷し、損益分岐価格を下回った。農家におきましては、次年度の再生産のために資金を借入しながらことしの生産に取り組んでおられます。本市におきましても、利子補給等の援助をしていただいておるところであります。スイカ生産農家にとりましては、この厳しい現状のもとで、現行制度では価格保障所得保障、何もありません。

米子市議会 2004-03-16 平成16年第443回定例会(第5号 3月16日)

現在の規模先ほどの答弁では維持管理費に約4,500万円ですか、ということでしたけれども、やはり損益分岐どこに置くのかということを考えなければ私はだめだと思うんですね。駐車場規模についての需要というのをやはりきちっと分析をして、建設部さんが建設した、これはやっぱり建設プロですからいいものができてると思うんですけれども、経営プロではないですよね、言い方は失礼ですけれども。

米子市議会 2003-12-11 平成15年第441回定例会(第2号12月11日)

次に、米子駅前地下駐車場赤字原因についてでございますが、先ほど議員も申されました市債償還金が多額であること、また地下式機械式であることによりまして、現場の機械作動車両誘導監視等のための人員配置機械作動に係る電気料金など固定費比率が高く、損益分岐を押し上げていることが主な原因でございますが、利用状況との関係で見ますと、駅前広場駐車車両を取り込めていないことや簡易駐車場との利用客の競合

  • 1