25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第7号) 本文

議案第81号は、緑ケ丘1丁目及び南安長1丁目地内の公衆用道路等の用地に係る所有移転登記手続と訴訟費用の負担を求める訴えの提起について、必要な議決を求めるものです。  議案第82号から議案第84号までは、人事に関する案件です。その職務の重要性に鑑み慎重に検討いたしました結果、鳥取市監査委員として、湯口一文氏を選任したいと存じますので、御同意いただきますようお願いします。

北栄町議会 2019-09-05 令和元年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 5日)

4目中央団地用途廃止費につきましては、平成29年3月31日に用途廃止しました町営中央団地の売却に伴う所有移転登記に係る費用5万5,000円、5目向山団地用途廃止費につきましては入居者の移転費用の補助10万円の支出がありました。  最後に、決算書の16、17ページをお願いいたします。

北栄町議会 2018-09-06 平成30年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 6日)

4目中央団地用途廃止費につきましては、平成29年3月31日に用途廃止いたしました町営中央団地の譲渡に伴う所有移転登記に係る費用14万円。5目向山団地用途廃止費につきましては、入居者の移転費用の補助12万円の支出がありました。  11款2項3目町営住宅災害復旧費と4項1目災害廃棄物処理費でございます。決算書は116、117ページでございます。

琴浦町議会 2014-09-12 平成26年第 5回定例会(第4日 9月12日)

それは、実際のその所有者が登記簿の所有者と土地の所有者が、東伯地区については違っておるということがあって、決算上は動きがないということが起きてきておるわけでありますけども、その解決のためには東伯地区における認可地縁団体の立ち上げをしていただきまして、所有移転登記を進めていけば、全て財産区という名義がなくなれば、特別会計も廃止することができると思います。  

鳥取市議会 2014-02-01 平成26年 2月定例会(第7号) 本文

この条件を満たした地域では、用地測量、分筆・所有移転登記道路中心線から2メートルを超える部分の買収、隅切り部分の買収などを市で行い、事業が進められております。平成22年に事業を開始した行徳地区では、13.98ヘクタールを認定区域としまして、平成23年度に延長80メートル平成24年度に延長43メートルの拡幅整備工事が実施されております。

倉吉市議会 2010-12-08 平成22年第8回定例会(第3号12月 8日)

そして、次の質問に移りますが、まず、原石山と違い、円谷地域に今度こそ本当に建設されるんだろうねという市民の声が若干上がっておる中で、土地所有者との今後のいろんな金額の支払方法を含めた売買契約の内容と、所有移転登記の時期を含めた今後のスケジュールについて説明をしていただきたいと思います。 ○市長(石田耕太郎君)(登壇) 引き続いて、斎場の問題についてお答えをさせていただきます。  

倉吉市議会 2010-03-09 平成22年第2回定例会(第6号 3月 9日)

○市長(長谷川稔君)(登壇) 本日午後、広島高裁松江支部で開かれておりました原石山採石場跡地に係る所有移転登記抹消登記手続等請求事件にかかわる取り扱いについて、これは本市職員裁判所に出かけておりまして、そこから電話で受けた内容を聞き取りいたしまして筆記をしてまとめたものであります。注釈を加えずに申し上げます。  原告弁護士からスポーツ広場をつくると言っているが、その確約が欲しい。

湯梨浜町議会 2009-12-11 平成21年第10回定例会(第 1日12月11日)

今後は、譲渡契約を早急に締結し、譲渡対価の納入後、入居者への所有移転登記などを行うことといたしております。  譲渡の金額等詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。 ○議長(寺地 章行君) 担当課長より補足説明を求めます。  山田町課長、どうぞ。

倉吉市議会 2009-10-08 平成21年第8回臨時会(第1号10月 8日)

次に、議案第84号 平成21年度倉吉市一般会計補正予算についてでありますが、今回の補正は、9月18日付で退職されました長谷川前市長の退職手当、及び本日退職の承認をお願いいたしております副市長の退職に伴う退職手当、並びに新斎場建設予定地の土地所有移転登記抹消登記手続等請求事件控訴審に係る弁護費用について予算を計上するものであります。

北栄町議会 2009-06-10 平成21年 6月第6回定例会 (第 1日 6月10日)

今後所有移転登記2件、そして分筆測量登記2件及び境界測量など登記事務が見込まれますので、このたび計上させていただくものでございます。  はぐっていただきまして、13ページをごらんをいただきたいと思います。一番下の欄でございますが、7款の土木費、2目の下水道費でございます。28節の繰出金ということで下水道事業特別会計繰出金93万7,000円の減額でございます。

倉吉市議会 2008-12-08 平成20年第8回定例会(第2号12月 8日)

次に、12月5日、昨日倉吉市と元地権者との土地所有移転登記抹消登記手続等の請求事件口頭弁論が行われたと伺いました。その内容と判決の時期、及び斎場建設事業着手の見通しについて現在わかる範囲内でお答えください。  それとあわせて、市が係争中にもかかわらず、斎場の事業の説明に部長と、担当部長と広域連合の職員が各自治公民館連絡協議会のほうに説明に回っておられます。

倉吉市議会 2008-03-21 平成20年第3回定例会(第9号 3月21日)

内容は、所有移転登記抹消手続請求土地明渡し請求です」。委員の方からは「4月14日までに答弁書を出して、という流れで、それだけですね」という確認のもとに、担当部長からは「被告として真摯に対処させていただくという本会議市長答弁のとおりであります」。  「こういう段階になって地元の人に対してアプローチを進めていくべきだと思うが、具体的にはどうか」という意見もありました。

倉吉市議会 2008-03-05 平成20年第3回定例会(第2号 3月 5日)

本市が鳥取中部ふるさと広域連合に土地を無償で貸し付けること、またその用途の変更についてでありますが、これは平成18年3月20日に所有移転登記が完了し、現在行政財産となっております。行政財産のうち既に公の施設になっているものについては、それを普通財産とするに当たり、設置管理条例の廃止という形でその行政目的を廃止することについて議決を経る場合も生じます。  

  • 1
  • 2