10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

八頭町議会 2018-09-06 平成30年第 7回定例会(第3日目 9月 6日)

SDGsの推進によりまして、防災減災機能強化のため、災害の予測・予防、対応力向上させるための研究開発に期待をするところであります。新たなレジリエンス、災害情報システムが構築された折には、有益に活用し、防災減災に努めてまいりたいと考えております。  5点目の省エネ・再エネ、気候変動対策循環型社会ということであります。

米子市議会 2018-03-02 平成30年 3月定例会(第3号 3月 2日)

そのような中で、災害時の迅速性向上、対応力体制強化を狙ったこのたびの組織改革は、本当に必要な組織体制整備であったと思っております。特に最近の自然災害なんかを見ますと、想定外が常態化しているようなところもありますので、今後しっかりとした対応をお願いしておきたいと思います。  そこで、次に、私たちの最も身近で重要な地域防災力向上について伺いたいと思います。

鳥取市議会 2015-02-01 平成27年 2月定例会 目次

…………………………………………………………………………… 109 前田伸一議員(~追及~サービス提供者中心ケアから認知症当事者中心ケアへの転  換について) ………………………………………………………………………………………………… 109 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 109~110 前田伸一議員(~追及~医療従事者認知症応力向上

北栄町議会 2014-12-15 平成26年12月第8回定例会 (第 7日12月15日)

これが盛り土応力によりまして腹出しが生じており、盛り土再転圧コンクリートブロック積みの設置が必要との判定でありました。通学路の隣接の面でありますので、子どもたちの安全を確保するために本年度工事設計を行い、来年度速やかに工事着手をするということでありますので、急遽ではありましたけども、今回追加で補正予算を計上させていただいたところでございます。  

倉吉市議会 2012-03-07 平成24年第3回定例会(第3号 3月 7日)

この中で地震震源域の中で、大きな揺れを起こす、そういう力、応力と言うそうですけれども、力がためられて、それで一気にどんと来たのが2000年の西部地震がどんと来たと。その前には、1983年10月31日には、鳥取県の中部、三朝付近震源とするマグニチュード6.2という地震が起こった。その後、また3分後に震度5にというような地震が起こったと。

米子市議会 2007-09-10 平成19年 9月定例会(第4号 9月10日)

いつ来るか、もう当分、一度地震が来るともう二度となかなか来ないという認識は完全に崩れておりますんで、どういったことが起因で強度、対応力が破壊されるのか、重大な深刻な状況になるのかということがありますんで、やっぱり教育委員会としてははっきりとした施設の建てかえの考え方を明確にしておかれた方がいいと私は思いますね。

  • 1