180件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩美町議会 2020-03-23 03月23日-05号

)午前10時開議 第1 議案第15号 第2次岩美過疎地域自立促進計画変更について 第2 議案第16号 鳥取市及び岩美岩美町における連携中枢都市圏形成に係る連携協約変更について 第3 議案第17号 岩美長等損害賠償責任の一部免責に関する条例設定について 第4 議案第18号 地方自治法等の一部を改正する法律施行に伴う関係条例整理に関する条例設定について 第5 議案第19号 成年後見

岩美町議会 2020-03-12 03月12日-04号

15号 第2次岩美過疎地域自立促進計画変更について(質疑) 第2 議案第16号 鳥取市及び岩美岩美町における連携中枢都市圏形成に係る連携協約変更について(質疑) 第3 議案第17号 岩美長等損害賠償責任の一部免責に関する条例設定について(質疑) 第4 議案第18号 地方自治法等の一部を改正する法律施行に伴う関係条例整理に関する条例設定について(質疑) 第5 議案第19号 成年後見

岩美町議会 2020-03-09 03月09日-02号

15号 第2次岩美過疎地域自立促進計画変更について(説明) 第2 議案第16号 鳥取市及び岩美岩美町における連携中枢都市圏形成に係る連携協約変更について(説明) 第3 議案第17号 岩美長等損害賠償責任の一部免責に関する条例設定について(説明) 第4 議案第18号 地方自治法等の一部を改正する法律施行に伴う関係条例整理に関する条例設定について(説明) 第5 議案第19号 成年後見

伯耆町議会 2020-03-03 令和 2年 3月第 1回定例会(第1日 3月 3日)

内容は、成年後見人本人申請し、かつ法定代理人が同行しているときは、当該後見人の印鑑登録を行うことができることとするものです。施行期日は公布の日です。  議案第9号、伯耆町固定資産評価審査委員会条例の一部改正について。本案は、行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律の一部改正に伴い所要の改正を行うものです。

米子市議会 2020-03-02 令和 2年 3月定例会(第2号 3月 2日)

次に、市民後見人について伺います。認知症の人や精神・知的障がいなどで判断能力が不十分な人の権利擁護を担う成年後見制度必要性が高まっています。その中で市民後見人は、親族でなく弁護士司法書士などの専門職による後見でもない、市民による後見人です。市町村等が実施する養成研修を受講するなどして、成年後見人等として必要な知識を得た一般市民の中から、家庭裁判所成年後見人等として選任した方となります。

倉吉市議会 2019-12-09 令和元年第5回定例会(第5号12月 9日)

成年後見人等権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律施行等に伴い、印鑑登録を受けることができない者から成年後見人を除くよう、条例の一部を改正するものです。  以上、今回提案しました諸議案につきまして、その概要を御説明いたしました。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。  

北栄町議会 2019-12-09 令和元年12月第9回定例会 (第 1日12月 9日)

第2条第3項、印鑑登録を行わない者として成年後見人としているのを意思能力を有しない者としております。今まで成年後見人からの印鑑登録はできませんでしたが、これによりまして法定代理人が同行しており、かつ当該成年後見人本人による申請があるときは当該成年後見人は意思能力を有する者として印鑑登録を行うことができるものとし、あわせて第12条第2項第3号「後見開始審判を受けたとき。」

八頭町議会 2019-12-09 令和元年第11回定例会(第3日目12月 9日)

数多くある差別の一環に成年後見制度に関連する問題がありまして、一日も早い差別解消が求められているところでございます。  認知症や知的障がい者で判断能力が不十分な人を支える成年後見制度をめぐりまして、内閣府は全都道府県に制度利用する人、すなわち成年後見人及び成年補佐人公務員などの資格を失う欠格条項が地方自治体の条例や規則にある場合は、削除するように求めております。その目的は何でしょう。

米子市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会(第4号 9月10日)

本年度当初予算におきまして、成年後見制度利用促進基本計画策定費、これのほう記述させていただいております。いよいよ策定に向けた動きが進んでいくということで伺っておりますけれども、そこで大要1点目といたしまして、地域後見推進について伺っていきたいと、このように思います。  まず、私自身の話で恐縮なんですけれども、これまで成年後見制度草創期から多くの後見実務に携わらせていただきました。

湯梨浜町議会 2019-09-06 令和元年第 7回定例会(第 1日 9月 6日)

町長提案理由がありましたように、今回の改正の趣旨は成年後見人等であることを理由に不当に差別されないよう、その成年後見人などを資格職種業務等から一律に排除する規定を設けている各制度について、その各制度ごとに必要な能力の有無を判断する規定へと適正化するという内容のものでございます。  関係条例6本ございます。一括して提案をさせていただくものでございます。  1ページをお願いをいたします。

倉吉市議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第4号 9月 5日)

1つが総合相談所事業ということで、法律上の相談ですとか遺言、相続、任意後見など、これらの専門家による相談であります。それから2つ目生活困窮者自立支援事業ということで、仕事が見つからない、住むところがない、食べ物がないなど、生活する上での困り事を専門支援員関係機関と連携しながら、就労や経済的な自立生活の安定に向けた相談を行っているものでございます。

琴浦町議会 2019-09-05 令和元年第 5回定例会(第2日 9月 5日)

その前に、先ほど法務省でいろいろ10数カ所ある中のということで、今回条例改正をお願いしているのは後見人の話でありますので、差別的な人権的な話ではないということで御理解いただきたいと思います。  人権という点で、先ほど法務省の話もありました。例に挙げられた中の項目も時代によってだんだんと追加されてきた部分があると思います。

北栄町議会 2019-09-05 令和元年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 5日)

⑥成年後見支援センター事業が66万3,000円の決算額でございます。中部の市町が委託費を出し合いセンターを設置することで、困難事例専門職による相談申し立て事務制度の広報や啓発を進めることができております。  次に、4目介護予防生活支援費でございます。決算書では58、59ページになります。決算総額は8,216万円でございます。

琴浦町議会 2019-09-03 令和元年第 5回定例会(第1日 9月 3日)

こちらにつきましては、成年後見制度適正化法というものが令和元年の6月7日に設立しております。こちらにつきましては、認知症障害を持つ方が成年後見制度利用した場合に、弁護士公務員自衛官等資格と地位が自動的に失われるという失格条項というものがありました。そちらを廃止するというものであります。この廃止によって、成年後見人制度利用者人権を尊重するという環境を整えていくというものであります。

伯耆町議会 2019-06-12 令和元年 6月第 3回定例会(第2日 6月12日)

2番目ですが、成年後見人の自治体申請について。  認知症知的障害などで判断力が不十分な方の財産管理生活を支援する成年後見制度をめぐり、親族らにかわって市区町村長申請することができますが、本町の状況はどうなっておりますでしょうか。  成年後見人制度の役場の相談窓口はどこにある、どういう体制なのか。  それから、社会福祉協議会との役割分担すみ分けはどうなっておりますでしょうか。  

湯梨浜町議会 2019-03-07 平成31年第 3回定例会(第 1日 3月 7日)

中部成年後見支援センター運営事業でございます。この事業は、中部圏域成年後見制度利用に関する相談法人受任などを行うために設置されました中部成年後見支援センター、ミットレーベンと呼んでおりますけども、こちらの運営経費を県と中部地区の1市4町で負担するもので、町の負担分として103万9,000円を計上しております。財源全額一般財源でございます。  次に、4ページをお願いいたします。