1021件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八頭町議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日目 3月22日)

について  〃 第10 議案第 17号 八頭町特別医療費助成条例の一部改正について  〃 第11 議案第 18号 八頭町保育所条例の一部改正について  〃 第12 議案第 19号 八頭町放課後児童クラブ施設条例の一部改正について  〃 第13 議案第 20号 八頭町集会所条例の一部改正について  〃 第14 議案第 21号 八頭町国民健康保険条例の一部改正について  〃 第15 議案第 22号 八頭町廃棄

八頭町議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第3日目 3月 7日)

前段言われました、山上の件でありますが、不法投棄がございまして、その産廃で処分させていただいたというのは町が貸したとかという施設ではなくて、町の町有地に産業廃棄が置いてあって、その物を処分したという予算であると。 ○議 長(谷本正敏君) 小原議員。 ○9 番(小原徹也君) それは原状回復義務ということになるんじゃないでしょうか。いかがでしょうか。 ○議 長(谷本正敏君) 吉田町長。

八頭町議会 2019-03-06 平成31年第 2回定例会(第2日目 3月 6日)

について  〃 第15 議案第 17号 八頭町特別医療費助成条例の一部改正について  〃 第16 議案第 18号 八頭町保育所条例の一部改正について  〃 第17 議案第 19号 八頭町放課後児童クラブ施設条例の一部改正について  〃 第18 議案第 20号 八頭町集会所条例の一部改正について  〃 第19 議案第 21号 八頭町国民健康保険条例の一部改正について  〃 第20 議案第 22号 八頭町廃棄

琴浦町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 5日)

○建設課長(倉光 雅彦君) このものにつきましては、PCB、ポリ塩化ビフェニル含有物というふうなことでありますけども、そのPCB廃棄の適正な処理の推進に関する特別措置法ということによりまして、今でいいますと平成32年度末までに高濃度のものは、そういうものを持っている者が処分しなければならないというふうなことになっております。

八頭町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日目 3月 5日)

自己啓発等休業に関する条例の一部改正について   過疎地域における固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正について   八頭町集落公民館条例の一部改正について   八頭町特別医療費助成条例の一部改正について   八頭町保育所条例の一部改正について   八頭町放課後児童クラブ施設条例の一部改正について   八頭町集会所条例の一部改正について   八頭町国民健康保険条例の一部改正について   八頭町廃棄

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

廃棄の適正処理につきましては、家庭や事業所から排出されるごみの減量化や適正処理を進めるため、リサイクルだけでなく、その手前のごみ発生抑制や再利用に対するさらなる意識の向上を図ることとしています。また、後を絶たない不法投棄の防止などを一層推進してまいります。  続きまして、住環境の整備であります。  町営住宅につきましては、長寿命化計画に基づき、必要な修繕など維持管理を適正に行ってまいります。

倉吉市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第4号 2月28日)

それから、あわせて、この工事予定価格を見積もるときに、廃棄の有無の調査をしたか、また、これは現在の処分場ですけども、現在の処分場をつくるときに廃棄はなかったのか、この3点についてお聞きしたいと思います。 ○議長(坂井 徹君) 米田議員に申し上げます。ただいまは市政に対する一般質問でありますので、趣旨に沿った説明、発言をしてくださるよう、よろしくお願いします。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第7号) 本文

◯平井圭介環境局長 事業活動に伴って出るごみのうち、プラスチックや不燃物は産業廃棄となります。可燃物のうち、事務所から出るものなど、産業廃棄に該当しない可燃ごみは事業ごみとして本市で受け入れておりまして、収集運搬許可業者を通じ、あるいは排出者の直接持ち込みにより神谷清掃工場で焼却処理をしております。事業ごみは形状も大きさもさまざまということもあります。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会〔資料〕

国際及び国内交流について  (15)情報化の推進について  (16)市政相談及び市民との対話について  (17)市民活動の総括について  (18)消費生活対策について  (19)交通安全対策について  (20)防犯について  (21)地域の活性化について  (22)総合支所について  (23)住民基本台帳及び戸籍並びに印鑑登録について  (24)環境政策について  (25)環境衛生について  (26)廃棄

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会 目次

…………………………………… 244 椋田昇一議員(~追及~翻訳の補助機器としてタブレットの導入を促進してはどうか) …………… 244 教育長(答弁) ………………………………………………………………………………………………… 244~245 椋田昇一議員(要望) ………………………………………………………………………………………… 245 荻野正己議員(~質問~鳥取プレイランド跡地付近への産業廃棄投棄問題

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第6号) 本文

まず、鳥取プレイランド跡地周辺の廃棄問題について質問いたします。  昨年の4月1日に本市が中核市移行に伴い県から移譲される事務事業の1つに、廃棄の処理及び清掃に関する法律、いわゆる廃棄処理法の関連業務があります。その一事例として、国府町の鳥取プレイランド跡地付近への産業廃棄投棄問題があります。この問題の経過と現状についてお尋ねいたします。  

米子市議会 2018-12-21 平成30年12月定例会(第6号12月21日)

まず、議案第85号、米子市地方活力向上のための固定資産税の不均一課税に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第86号、米子市一般廃棄処理施設技術管理者の資格を定める条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第87号、米子市老人憩の家条例を廃止する条例の制定について、以上3件の議案については、いずれも全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  

米子市議会 2018-12-12 平成30年12月定例会(第5号12月12日)

迅速な復興・復旧について、まず1つ目が大量の災害廃棄を迅速かつ適正に処理とありますが、その体制をどのように考えておりますか、よろしくお願いします。 ○(渡辺議長) 朝妻市民生活部長。 ○(朝妻市民生活部長) 災害廃棄の処理体制についてでございます。災害廃棄の処理につきましては、本年度中の策定を目標に、現在米子市災害廃棄処理計画を策定するよう作業を進めているところでございます。

境港市議会 2018-12-10 平成30年第6回定例会(第2号12月10日)

次に一般廃棄最終処分場について、早い段階で適正な価格の次期処分場計画の策定が必要だと思うがどうかということであります。  鳥取県西部広域行政管理組合では、鳥取県西部のごみ処理全般についてのあり方を検討するために、本年4月に鳥取県西部のごみ処理のあり方検討会を設置し、一般廃棄の最終処分場と既存の可燃ごみ処理施設及び不燃ごみ処理施設の今後の広域対応等について協議を行っております。

倉吉市議会 2018-12-10 平成30年第6回定例会(第5号12月10日)

あるいは木を加工する会社も切り捨て部分や、そういう要らないいろいろ産業廃棄として処理していたような部分を、この業者が買い取って、それを加工して、燃料としていろんな企業などなどに提供する、あるいは売却するというような事業であるということですか。まずそれをお聞きします。 ○企画産業部長(美舩 誠君) 伊藤議員の御質問にお答えいたします。  事業の枠組みといたしましては、御指摘のとおりでございます。

伯耆町議会 2018-12-07 平成30年12月第 4回定例会(第2日12月 7日)

○地域整備課長(井本 達彦君) 御質問のありました南部町鶴田地内においての産業廃棄最終処分場についてですが、事業者に対しては引き続き廃棄処理に関する法令とか協定書、覚書の遵守を求めているところですが、9月以降ですが、事業者の対応につきましては地元説明をしたいという話があって、その前に埋め立てされる前の地下水等の水質検査を11月16日に実施されております。

境港市議会 2018-12-05 平成30年第6回定例会(第1号12月 5日)

平成30年11月5日、総務民教委員会を開会し、「市民交流センター(仮称)建設工事の入札等のスケジュールと管理運営計画の考え方について」、「小・中学校の編成について」、「コミュニティ・スクールの進捗状況について」、「学校給食調理等業務委託事業について」、「一般廃棄、最終処分に係る負担経費について」を議題とし協議しましたので、御報告いたします。  

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会〔資料〕

記 1.調査事件  (1)土地利用対策について  (2)都市計画について  (3)道路及び河川について  (4)建築指導について  (5)建築及び住宅について  (6)港湾及び空港対策について  (7)交通政策について  (8)環境政策について  (9)下水道について  (10)環境衛生について  (11)廃棄について  (12)自然保護について  (13)水道事業の運営について 2.調査期間    

米子市議会 2018-11-27 平成30年11月臨時会(第1号11月27日)

2つ目は、経産省の再生可能エネルギーとはという記述には、1、廃棄処分されていた間伐材や廃材を生かす、地元の資源の有効活用、2、焼却時の廃熱の利用、3、生物系廃棄の削減に寄与となっていますが、和田浜バイオマス発電事業は、そのいずれにも当てはまりません。  3つ目、再生可能エネルギーは、地域の資源を生かし、地域の経済に寄与するエネルギーの地産地消が本来の姿です。