14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鳥取市議会 2016-12-01 平成28年 12月定例会(第5号) 本文

◯下村佳弘議員 そういう御答弁であれば、積極的に農道市道に格上げして市道延長を延ばすというほうが有利なんじゃないかというふうに私は単純に思うわけです。そういうことが簡単にできるかどうかというのは別にして。  それとは別に、実際に農道と言われるものを走ってみますと、実に走りやすいですね。これは道路の構造というよりも、交通規制が非常に少ない。あるいは、一部を除いて交通量が比較的少ない。

鳥取市議会 2016-02-01 平成28年 2月定例会(第4号) 本文

また、これに合わせて仁風閣県立博物館前の市道延長130メートルにつきましても電線類地中化計画したいと考えております。いずれも、景観に配慮した整備を基本としながら、歩道部分では自転車と歩行者通行スペースを色分けして、視覚的に分離するなど安全対策へも十分配慮した計画としております。  

鳥取市議会 2013-08-01 平成25年 8月定例会(第2号) 本文

どのように進めていくのかといった点がポイントであろうと思いますが、先ほど市道延長が1,700キロ、これをずっとつなぎ合わせると、鳥取から、釧路までは行かないにしても北海道と思って見ておりましたが、太平洋岸でない日本海側を通ってずっと上がっていって旭川まで行くそうでありまして、やはり実に長い延長になるわけであります。  

米子市議会 2011-12-08 平成23年12月定例会(第5号12月 8日)

本市の狭あい道路の状況につきましては、先ほど御質問ございましたけども、市道延長が約950キロございまして、4メートル未満市道は全体の30%弱というふうになっております。狭あい道路拡幅制度についてでございますけども、道路幅員4メートル未満道路で、道路中心線から両側に2メートルの線が拡幅境界線となり、道路拡幅部分について土地所有者から寄附をいただくこととなります。

倉吉市議会 2011-03-09 平成23年第2回定例会(第2号 3月 9日)

これで除雪をしているという現状でありますけれども、実際に除雪ができておるのは市道延長約660キロありますが、その約37%ということで、6割強は除雪ができていないという現状にあります。これは1つには車が入れない、除雪車が入れない道路もかなりたくさんありますので、そういったもの、それから、やはりなかなか予算と言いますか、車両の関係もあり、費用のこともあって、全部ができていないという現状があります。

鳥取市議会 2007-06-01 平成19年 6月定例会(第7号) 本文

現在、除雪対象としております道路市道延長が約1,630キロメートルありますが、その34%を占めております。本市が所有する大型除雪機22台と、業者委託の55社90台で対応しているところでございます。また、その他の市道につきましては町内会等小型除雪機64台を貸し出ししておりまして、除雪していただいているところでございます。  

  • 1