849件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八頭町議会 2020-12-22 令和 2年第11回定例会(第5日目12月22日)

2004年の市町村合併を拒んで単独行政選択人口1,442人、20年の国調時点ですけども、一般会計年間予算が30億円規模の小さい山村であります。平成25年に環境モデル都市に認定されております。令和元年、SDGs未来都市及びSDGsモデル事業都市に認定されております。先進的取組事例調査議会活動に反映させるのが目的であります。  調査報告を行います。

伯耆町議会 2020-09-17 令和 2年 9月第 5回定例会(第3日 9月17日)

7、地方交付税財源保障機能財政調整機能強化を図り、市町村合併算定特例終了への対応小規模自治体に配慮した段階補正強化など対策を講じること。  8、依然として前年度を超える規模財源不足があることから、地方交付税法定率を引き上げ、臨時財政対策債に頼らない地方財政確立すること。  以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出する。  令和2年9月17日。  

鳥取市議会 2020-09-01 令和2年 9月定例会(第3号) 本文

市町村合併以後の課題として、本年2月定例会の中でも質問いたしました青谷望団地について、本日までの約6か月間に変化はあったのでしょうか。この望町団地定期借地権付土地活用制度を利用できる特徴もあります。土地を購入する宅地分譲と、土地を賃借してその上に建物を建てて暮らすという方法の選択ができます。質問日は今年3月10日であり、対応調書更新日が4月17日となっておりました。

鳥取市議会 2020-09-01 令和2年 9月定例会 目次

答弁) …………………………………………………………………………………………………… 114 加嶋辰史議員(~追及~分譲開始から5年後の時点で未分譲地を買い上げられなかった理  由について) ………………………………………………………………………………………………… 114 市長答弁) …………………………………………………………………………………………………… 115 加嶋辰史議員(~追及~市町村合併以降

北栄町議会 2020-06-30 令和 2年 6月第5回定例会 (第15日 6月30日)

8.地方交付税財源保障機能財政調整機能強化を図り、市町村合併算定特例終了への対応小規模自治体に配慮した段階補正強化など対策を講じること。  9.依然として4兆5,000億円強と前年度を超える規模財源不足があることから、地方交付税法定率を引き上げ、臨時財政対策債に頼らない地方財政確立すること。  以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。    

境港市議会 2020-06-26 令和 2年 6月定例会(第5号 6月26日)

9.地方交付税財源保障機能財政調整機能強化を図り、市町村合併算定特例終了への対応小規模自治体に配慮した段階補正強化など対策を講じること。 10.依然として4兆5,000億円強と前年度を超える規模財源不足があることから、地方交付税法定率を引き上げ、臨時財政対策債に頼らない地方財政確立すること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  以上でございます。

琴浦町議会 2020-06-19 令和 2年第 5回定例会(第5日 6月19日)

8、地方交付税財源保障機能財政調整機能強化を図り、市町村合併算定特例終了への対応小規模自治体に配慮した段階補正強化など対策を講じること。  9、依然として4兆5,000億円強と前年度を超える規模財政不足があることから、地方交付税法定率引上げ臨時財政対策債に頼らない地方財政確立すること。  以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。  

倉吉市議会 2020-06-15 令和 2年第5回定例会(第5号 6月15日)

市町村合併算定時、算定特例終了を踏まえた新たな財源需要の把握と、小規模自治体に配慮した段階補正強化を求めるものであります。  請願事項の第10であります。依然として4兆5,000億円規模財源不足があることから、特に地方交付税法定率引上げ臨時財政対策債に頼らない仕組みづくりを求めるものであります。  以上がこのたびの地方財政充実強化を求める請願についての提案理由の説明であります。

倉吉市議会 2020-06-10 令和 2年第5回定例会(第3号 6月10日)

関金町は、倉吉市と市町村合併した平成17年の3月から丸15年が経過いたしました。その間、全国どこでも、特に地方の中山間地域における人口減少は急速に進んできています。合併当時の人口は約4,200人でしたが、現在では約3,200人まで減少してきています。そうした中にも、3年前でありますが、源泉回帰関金温泉開湯1300年祭」等を通じて、積極的に関金地区振興策が図られてきました。

鳥取市議会 2020-06-01 令和2年 6月定例会(第3号) 本文

平成16年11月の市町村合併によりまして、砂丘東西一体管理が可能となり、平成24年には砂の美術館が開館、また平成30年には鳥取砂丘ビジターセンターがオープンするなど発展してきたところであります。さらには、平成22年には山陰海岸ジオパークの重要なジオサイトとして世界ジオパークに認定され、昨年は日本遺産構成文化財となるなど、かけがえのない貴重な財産であると認識しております。

鳥取市議会 2020-06-01 令和2年 6月定例会(第2号) 本文

本市は、市町村合併して15年目となりますが、改めて、地方行政の役割について、市長の見解を尋ねます。  次に、重ねて光回線について、取組についての現状についてであります。  高速情報通信網につきましても格差のない環境が必要であると考えます。中山間地域光回線サービスの未提供エリアが多くあり、私は平成27年に2回、そして28年2月定例会、30年12月定例会にて必要性を訴えてきたところであります。

鳥取市議会 2020-06-01 令和2年 6月定例会〔資料〕

9.地方交付税財源保障機能財政調整機能強化を図り、市町村合併算定特例終了への対応、小規模自  治体に配慮した段階補正強化など対策を講じること。 10. 依然として4兆5,000億円強と前年度を超える規模財源不足があることから、地方交付税法定率を引き  上げ、臨時財政対策債に頼らない地方財政確立すること。  以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。    

伯耆町議会 2020-03-03 令和 2年 3月第 1回定例会(第1日 3月 3日)

そのような状況のもと、市町村合併選択財政再建や新たなアイデンティティーの確立などの難しい課題も抱えながら、将来に向けて持続し得る地域基盤確立に地道に努力してきたこれまでであり、そんなような努力の積み重ねの上に本町の現在があると認識しています。今後も絶えず新しい課題は生じてくるでしょうし、それは伯耆町という基礎自治体の力だけで解決することは難しいことも多いでしょう。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会 目次

……………………………… 183 教育長答弁) ………………………………………………………………………………………………… 183 市長答弁漏れ) ……………………………………………………………………………………………… 184 健康こども部長答弁漏れ) ………………………………………………………………………………… 184 勝田鮮二議員(~追及~温泉審議会〔どのようなときに開催されるのか、市町村合併以降

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第4号) 本文

明治、大正、昭和、平成と、市町村合併を行い、行政区が拡大され、いつの世も行政改革変遷を遂げてきました。中央省庁等改革基本法は、省庁再編だけでなく、独立法人制度創設情報公開法の施行など、大きな改革が立て続けに行われてきました。これらは戦後の行政改革の長い歴史において、国際社会経済基盤構造の転換を促すことを目指した改革だと言われています。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第9号) 本文

市町村合併前の2004年3月に鳥取砂丘西側整備構想が策定され、旧国民宿舎砂丘荘と青年の家の跡地に県外企業ホテル建設を計画しましたが、リーマンショックの影響で中止、その後、鳥取県立美術館を誘致しましたが、選定に至りませんでした。そして2019年2月には、本市の包括外部監査で有効活用するように指摘を受けました。このように15年の間にはさまざまな変遷がありましたが、未利用の状態が続いてきました。