277件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-09-04 令和元年第4回定例会(第3号 9月 4日)

私のグループでは、出雲市、安来市、地元倉吉市の各出身者が参加をしておりました。グループディスカッションでは、全ては7グループでございましたけども、今言いましたような参加の実態での私の参加でございます。全体の感想をアンケートの結果から見ますと、今回は、27件で、貴重な機会になった。22件で、楽しかった。21件で、勉強になった。そして、15件で、倉吉市について知ることができた。

米子市議会 2019-06-20 令和元年 6月定例会(第4号 6月20日)

一番多いのは、やはり松江エリアということで442億円、続いて境港エリアが296億円、米子エリアが149億円、そして安来エリアが67億円となっております。この松江が大きいなとか境港、頑張ってるなと、そういうただの比較ではなくて、いわゆる行政の規模、そういうもので比較をしてみたら、例えば松江エリアだと20万という人口規模があります。

境港市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4号 6月17日)

本市の婚活支援事業については、独身男女がカップルになる出会いの場を提供し、結婚、出産へつなげ、人口減少対策少子化対策の一助とするため、平成23年より安来市との共催の形で婚活の事業が開始され、その後、さまざまに形を変えながら現在は中海大山圏域での事業として取り組んでいると承知をしております。  

米子市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2号 2月28日)

中海架橋建設連絡協議会の幹事会の開催ですけれども、これにつきましても、幹事会の開催による諸課題の整理、これは必要だというふうに考えておりますので、これについては安来市と協力をしながら、鳥取県、そして島根県両知事に対して、幹事会の開催についても求めていきたいと考えております。 ○(渡辺議長) 戸田議員

米子市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第3号12月 7日)

しかしながら、近隣には安来市のあらエッサや大山町の大山恵みの里などがございます。また、本市には、白鳳の里、どんぐり村、壽城、そして日吉津村にはアスパルといった施設がございます。このように道路利用者や地域住民のための休憩機能でございますとか情報発信機能、そして地域の連携機能、そういったものを備えた同様の施設が市内や近隣に多数ございますことから、米子市においては設置をしてないということでございます。

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第3号) 本文

また、同じく本年4月1日より中核市へと移行しました松江市ですが、現在、平成24年4月1日より中海宍道湖大山圏域市長会として設立され、米子市、境港市、松江市、出雲市、安来市、さらに鳥取県大山圏域7町村で構成する自治体間での66万人圏域の行政上の共通課題等について連絡調整を行い、圏域の総合的、一体的な発展の推進を図っておられるようですが、この取り組み状況も含め、本圏域、因幡・但馬麒麟のまちの現時点における

米子市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会(第5号 9月12日)

安来市では、山城サミットというものが、近々誘致されたものが実施されるということで、市議会、また市の当局の皆さんもポロシャツを着てPRをされたということですし、もう一つ悔しいことが、北栄町に先日9月6日ですけれども、アメリカの有名な司会者、コメディアンのコナン・オブライエンさんという方が来られました。

米子市議会 2018-07-23 平成30年 7月定例会(第6号 7月23日)

米子市安来、境港、出雲、中海圏内がすっぽり入ります。このUPZは風向きによっては、また影響がさらに広がるとも言われています。そこで、中国電力さんから説明会ありました。そして、住民説明会も20日にありました。そのときに、どういうふうに補償するか、幾らぐらい補償するか、お話しされたでしょうか。 ○(渡辺議長) 武田防災安全監。

境港市議会 2018-06-20 平成30年第3回定例会(第4号 6月20日)

ただ、その中で、島根県側の雲南、出雲、安来市がそういった協議会のようなものをつくってというお話は仄聞はしておりますけれども、それについても市長会の中で話が出たことはないわけであります。それはそれで結構な動きではないかなというぐあいに私は思っておりますが、先ほど答えましたように、その取り組みについても鳥取県側に働きかけがあったとかいうようなことはないわけであります。  

伯耆町議会 2018-06-18 平成30年 6月第 2回定例会(第2日 6月18日)

構成団体米子市、境港市、松江市、出雲市、安来市に加え西部町村もオブザーバーとして参加しております。この機構の活動区域には西部圏域町村も入っておりますし、インバウンド機構という名前になっていますが、観光案内機能の強化、宿泊施設の連携協議、市町村間の二次交通の検討のための交通事業者との協議なども実施しているようでございます。

米子市議会 2018-03-02 平成30年 3月定例会(第3号 3月 2日)

広域連携、広域連携ってすごく何かそれをしてると、本当に米子に人がどんどん来てくれるんじゃないかというような錯覚を起こしてしまうんですが、例えば出雲だったら出雲大社、松江だったら松江城、安来だったら安来節演芸館、そして足立美術館、境港だったら水木しげるロードといった、いわゆる大型バスで県外から人が立ち寄る、そういった場所があります。

米子市議会 2018-03-01 平成30年 3月定例会(第2号 3月 1日)

本市と安来市におきましては、毎年、事務担当者による中海架橋建設米子市安来市連絡会を開催をし、意見交換情報共有を図っているほか、中海宍道湖大山圏域市長会の取り組みとして、要望活動に取り組むこととしております。本事業につきましては、米子市安来市のみならず、圏域にとって重要なインフラ整備でありまして、引き続き安来市や県と連携をし、事業の実現のために取り組んでまいりたいと考えております。  

北栄町議会 2017-12-14 平成29年12月第11回定例会 (第 8日12月14日)

それから安来市に山陰ステキ不動産というのがありまして、この山陰ステキ不動産、角社長と言われるですけども、41歳という若い社長さんですけども、先日、お会いしてきまして、いろいろとお話を伺いました。角社長いわく、空き家所有者が費用かけてリフォームしても借り手があるとは限らず、リスクを恐れて活用に踏み切れないという現実があるそうです。

境港市議会 2017-12-13 平成29年第6回定例会(第4号12月13日)

認定NPO法人自然再生センターが、安来沖と米子港のしゅんせつくぼ地で実施したくぼ地の環境修復事業につきましては、平成24年からくぼ地の覆砂と、その後のモニタリングの実証実験が行われております。この実証実験は、先ほども申されたように、くぼ地に火力発電所使用された石炭の灰とセメントをまぜたHiビーズと呼ばれます造粒物を投入しまして、その効果検証するものでございます。

北栄町議会 2017-12-13 平成29年12月第11回定例会 (第 7日12月13日)

さらに、同じ10月29日、今度は島根県安来市でございます。安来市の市議会議員選挙が執行されております。同じ日でございます。投票率は前回を3.87ポイント下回ったものの、70.55%でございます。北栄町は68.36%ですから、北栄町よりも上回っております。従来から町村部に比べて投票率が低いと言われている都市部の選挙でも70%を超えているという事実でございます。