102件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

琴浦町議会 2020-09-18 令和 2年第 7回定例会(第5日 9月18日)

その中に、対象地域は歴史的、社会的理由により生活環境などの安定向上が阻害されている地域住民と規定されております。私は、これは重大な記述だと思います。行政がある地域を指定してこういう言葉で指定するのは、私は重要な差別だと思います。また、町長対象地域不動産売買価格に差があると発言をしておられます。これも私は重大な差別発言だと思います。

岩美町議会 2020-03-09 03月09日-02号

この会計につきましては、歴史的、社会的理由により生活環境安定向上が阻害されてきた地域環境整備改善を図るため、住宅新築改築等をしようとする者に対して資金を貸し付け、住環境整備改善を行ってきたものでございます。 なお、この貸付事業につきましては、平成8年度で終了しており、現在は貸付金償還管理事務について行っているところでございます。 第1条、歳入歳出予算でございます。

琴浦町議会 2019-12-19 令和元年第 6回定例会(第5日12月19日)

6番、住宅新築資金等貸付金は、同和事業として歴史的、社会的理由により、生活環境などの安定向上が阻害されている地域環境改善を図るための事業であり、令和3年度にはかんぽ資金からの借入金返済が終了する。平成31年3月末時点で1億4,312万円の滞納があり、琴浦町が肩がわりして支払っている。延滞利息は、条例では年10.95%徴収することになっているのに徴収していない。

琴浦町議会 2019-09-20 令和元年第 5回定例会(第5日 9月20日)

同和地区対象とした固定資産税減免は、要綱によれば、歴史的、社会的理由により生活環境などの安定向上が阻害されている地域住民に対してと、公文書差別的な表現を使っています。また、町長は、対象地域不動産価格が他の地域と差があるので減税を行っていると、とんでもない差別発言を行いました。

琴浦町議会 2019-06-11 令和元年第 3回定例会(第3日 6月11日)

4行目に、この要綱同和対策における行政措置一環として、歴史的、社会的理由により生活環境などの安定向上が阻害されている地域住民のについて、固定資産税減免措置を講ずることにより対象地域における云々とあるわけですね。これ全体がこれなんです。私は、これは大反対なんです。これは差別だという、この文言差別だと、この言葉差別だと前から言っております。

岩美町議会 2019-03-12 03月12日-02号

この会計につきましては、歴史的、社会的理由により生活環境等安定向上が阻害されてきた地域環境整備改善を図るため、住宅新築改築等をしようとする者に対して資金を貸し付け、住環境整備改善を行ってきたものでございます。 なお、この貸付事業につきましては、平成8年度で終了しており、現在は貸付金償還管理事務についてこの会計で行っておるところでございます。 第1条、歳入歳出予算でございます。

琴浦町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第3日 3月 8日)

次に、これも町の要綱ですが、同和対策に係る固定資産税減免措置要綱、2004年の9月の分ですが、ここの目的に、歴史的、社会的理由により生活環境等安定向上が阻害されている地域というのは、この文言そのものが1969年の、要は50年前の同対法の文言でした。これはほかの議員もおっしゃいましたが、ちょっと認識が古いんじゃないかなというふうに考えました。これについてまたお尋ねしたいと。  

琴浦町議会 2018-12-10 平成30年第 8回定例会(第2日12月10日)

要綱によりますと、減免目的は、歴史的・社会的理由により生活環境などの安定向上が阻害されている地域住民に対して、固定資産税減免を行うとあります。  私は、行政一般地域対象地域を区別し、対象地域生活環境などの安定向上が阻害されているという規定をすることは差別的な表現と考えます。

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第2号) 本文

たち会派未来ネットとして、会派目的、理念は、市民の立場に立ち、市民目線で、市民人権保障生活安定向上を目指します。そのために、多様な市民の声を市議会並びに市政に反映させるとともに、議会改革に取り組むこととしております。深澤市長はことし3月の市長選挙で、誰もが暮らしたくなるまち、住んでよかったと思うまち鳥取市をつくりますと言われています。

琴浦町議会 2018-09-20 平成30年第 6回定例会(第5日 9月20日)

固定資産税同和地区減免制度は、要綱によれば「行政措置一環として、歴史的社会的理由により、生活環境等安定向上が阻害されている地域住民について固定資産税減免措置を講ずることにより、経済力育成支援住民生活の安定及び福祉向上などに寄与することを目的とする」としている。  説明によれば、対象地域不動産は「なかなか売れない」「価格が安価」だからと言われてきた。

琴浦町議会 2018-09-07 平成30年第 6回定例会(第3日 9月 7日)

この要綱は、同和対策における行政措置一環として、歴史的、社会的理由により生活環境安定向上が阻害されている地域住民について、固定資産税減免措置を講じることにより、対象地域における経済力育成支援住民の安定及び福祉向上等に寄与することを目的とする。こういうことで書いてあります。

琴浦町議会 2018-06-11 平成30年第 4回定例会(第2日 6月11日)

この要綱は、同和対策における行政措置一環として、歴史的、社会的理由により生活環境などの安定向上が阻害されている地域(以下、対象地域)の住民について、固定資産税減免措置を講ずることにより、対象地域における経済力育成支援住民生活安定及び福祉向上などに寄与することを目的とするということなんですね。

琴浦町議会 2018-03-14 平成30年第 3回定例会(第4日 3月14日)

それは目的は、同和対策における行政措置一環として、歴史的、社会的理由により生活環境などの安定向上が阻害されている地域(以下「対象地域」という。)の住民について、固定資産税減免措置を講ずることにより、対象地域における経済力育成支援住民生活の安定及び福祉向上などに寄与することを目的とするということになっております。  

北栄町議会 2018-03-06 平成30年 3月第2回定例会 (第 2日 3月 6日)

本町が持続的に発展していくためには、中小企業みずからが創意工夫及び自主的な努力のもと経営の安定向上のために努力を払うことが重要であり、中小企業の振興が本町の発展に欠かせないものであるという認識企業はもちろんのこと、町民や行政も共有することが重要であるという考え方でございます。  3つ目には、関係機関との連携で推進するものであることです。

伯耆町議会 2017-09-22 平成29年 9月第 5回定例会(第3日 9月22日)

会計は、歴史的、社会的理由によって生活環境等安定向上が阻害されている地域住環境改善対策一環として、住宅改修住宅新築促進のため国の施策に基づき、旧町のときから必要な資金の貸し付けが行われてきました。  根拠条例となる条例第69条、伯耆町住宅新築資金等貸付事業債償還基金条例により、償還に必要な経費に充てるため償還基金を設置し運用されております。  

鳥取市議会 2017-09-01 平成29年 9月定例会(第3号) 本文

本市では、移住者住生活安定向上を図るとともに、空き家の有効的な利活用を促進することを目的として、空き家改修家財道具処分に要する経費を支援する制度を設けています。具体的には、まず、本市が空き家運営業務を委託しているNPOなどの地域団体が管理する空き家、これはサブリースと言っていますけれども、空き家改修家財道具処分費への補助補助率が2分の1、限度額40万円があります。

琴浦町議会 2017-03-14 平成29年第 2回定例会(第4日 3月14日)

それから、先ほどの固定資産税の件ですね、これは減免措置要綱がありまして、目的はこの要綱同和対策における行政措置一環として歴史的、社会的理由により生活環境などの安定向上が阻害されている地域住民についてということです。ですから、その根本的な面では歴史的、社会的理由により生活環境などの安定向上が阻害されている地域対象にするということですから、そうだと思うんですね。

八頭町議会 2015-06-05 平成27年第 6回定例会(第3日目 6月 5日)

地方創生は、地元、八頭町の足元を再確認し、元気で収益性の高い個人事業主企業を町内にできるだけ多くつくり出し、住民の働く場を確保し、生活安定向上を図り、地域を活性化させることが一つの大きな柱であると思いますが、町長の考えを伺います。 ○議 長(谷本正敏君) 吉田町長。 ○町 長(吉田英人君) かねてから、八頭町の基幹産業は農業ということでお示しをさせていただいております。

米子市議会 2014-03-06 平成26年 3月定例会(第4号 3月 6日)

震災からの復興及び日本経済再生を確実になし遂げ、真に国民暮らし雇用安定向上につなげるためにも、生活者や働く者の視点に立ち、全ての国民が将来に希望安心を持てる社会への転換を目指す政治を求めていく必要があると思います。さらには、特定秘密保護法集団的自衛権、原発の扱いなどなど、国民の総意を問わなければならないような課題については、丁寧な説明や丁寧な意見聴取が必要不可欠でございます。