404件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-06-20 令和元年第3回定例会(第4号 6月20日)

そういう意味では、一定の期間が経過したそうした液体ミルクというのは、今、市長もありましたけども、乳児健診、それから保育所、それから子育て支援センターとあります。こうしたところで希望するお母さんに対して、飲み方や試飲をしていただく、こうした取り組みをしながら不安を解消していただく取り組みをまずやっていく。  

米子市議会 2019-06-20 令和元年 6月定例会(第4号 6月20日)

市のほうでは、パブリックコメントの実施ですとか、保護者の方、地域での説明会、ふれあい説明会、子育て支援センターでの説明会など説明を重ねさせていただいております。市民の皆様に御意見を丁寧に伺っているところでございます。 ○(渡辺議長) 石橋議員。 ○(石橋議員) それが本当に丁寧に聞く態度、丁寧な対応ということでしょうか。本当に驚きです。余りにも市民を愚弄する、ばかにする態度ではありませんか。

米子市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会(第7号 3月 8日)

○(景山こども未来局長) パブリックコメントなどの御意見を民間保育事業者がおられない場で再検討する必要があるのではないかとの御意見についてでございますけれども、これまで保護者、それから地域住民の方、それからふれあい説明会や子育て支援センターの御利用者さんなどの場で説明をしてまいったところでございまして、今後も引き続きあらゆる場面での説明を行っていく予定としております。

米子市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第6号 3月 7日)

公立保育所の統合、建てかえの構想の中で、子育て支援センターの整備など、相談機能を持った整備を示されておられます。私も以前質問で、保育所に預けていない在宅の子育て支援も含めた相談機能を今後の構想の中で求めてきた立場から、統合したがよくなったと言っていただける整備を期待しているところでありますが、そこで、統合を含めた今後の保育園整備について、基本的な考え方についてお伺いします。  

米子市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第5号 3月 6日)

31年度は米子市子ども・子育て支援事業計画の最終年で、次期計画作成に向け取り組まれるわけでありますが、子育て支援センターの現状と課題認識、今後の保育園統廃合と子育て支援センターのあり方と職員配置について御所見をお伺いをいたします。また、幼児教育無償化への準備状況についてお伺いをいたします。  次に、高齢者住宅対策についてお伺いをいたします。  

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

ここは病児・病後児保育事業や子育て支援センターに関する経費を計上しております。通常の経費でございます。  次に、飛びまして、85ページ下段をお願いいたします。9款1項1目教育委員会費で178万2,000円を計上しております。ここは教育委員の報酬、旅費などの経費でございます。  はぐっていただきまして、86ページ、2目事務局費で1億1,465万9,000円の計上でございます。

倉吉市議会 2019-03-04 平成31年第2回定例会(第5号 3月 4日)

保健センター、あるいは子育て支援センター等で御利用いただいて、その感想もということでやっておりました。それぞれ一長一短ございまして、これから先も子育てされる世代等、何か助けになる、あるいは祝いができるようなもの等につきましては、引き続き考えていきたいと思いますので、もし何か御提案がありましたら、またお願いいたしたいと思います。 ○議長(坂井 徹君) 次に、5番大月悦子議員に質疑を許します。

米子市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2号 2月28日)

また、新たに併設する子育て支援センターの運営状況についても、理解できにくいとの保護者の意見もございます。保育園の統廃合の目玉に子育て支援センターの併設を示唆しておられますが、詳細設計がいまだに見えてきません。早急に提示をして市民の理解を得るべきと考えます。市長の見解を伺います。  次に、保育士の確保対策について伺います。  

北栄町議会 2018-12-20 平成30年12月第8回定例会 (第14日12月20日)

(2)浜田市子育て支援センター基本構想に基づき市内3カ所に開設。子育て支援ガイドを作成、一覧表で作成。新生児聴覚検査費用を一部助成。放課後児童クラブの充実、平成30年度は20クラブでスタート。産前産後家事支援サポーターの利用を3年に拡充。産後ケア(実績115回、自己負担あり)。妊婦歯科検診(1回無料)。妊婦健診時に子宮頸がん予防のHPV検査無料実施。実績は364件。

湯梨浜町議会 2018-12-12 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日)

2番目の質問は、子育て支援センターを設置してはどうかという質問でございます。  質問要旨としては、子育て支援センターをこども園外に設置してはどうかと。それから未満児のみを別の場所に預けるという方針は、数人の子どもを持つ親にとっては利便性に問題があり、民間任せじゃなくて町として責任を持つべきではないかと、この2つを関連して質問いたします。  

八頭町議会 2018-12-10 平成30年第 9回定例会(第1日目12月10日)

また、10月20日には、「子育て支援フェスタinやず」を子育て支援センターと大御門体育センターで開催し、約300名の親子の皆様方に御参加をいただきました。当日は、歌やマジックショーなどのパフォーマンスステージや絵本体験、働く車の展示試乗、移動販売車など、子育て親子に楽しく過ごしていただいております。  

倉吉市議会 2018-12-04 平成30年第6回定例会(第2号12月 4日)

議会だより「白壁」の第7号ということでございますけれども、たくさんの原稿を集められて、さらに取材もされたんでしょうか、子育て支援センターの取材をされて原稿にして一つの冊子にまとめ、大変な作業だったんではないかなと思いました。議会活動をしながらこういう取りまとめをされたことに敬意を表したいなと思います。

米子市議会 2018-10-03 平成30年 9月定例会(第6号10月 3日)

6つ、地域子育て支援センター事業については、市民のニーズが高く利用者が増加しているにもかかわらず、南部・淀江地域に設置がなく、市民サービスに不公平が生じている。  十分なスペース・相談室の確保、祝土日の開設等、利用者のニーズを的確に捉え、公の施設の統廃合等も勘案し、他部局、教育委員会とも密に連携し事業実施されたい。  

伯耆町議会 2018-09-21 平成30年 9月第 3回定例会(第3日 9月21日)

そのほか溝口福祉センターの改修事業、子育て支援センターの移転整備、場所は岸本福祉センター内にございます。このほかにも町道改良、給食センターの改修計画、この中で若干給食の食材について触れておきたいと思いますが、生産地別使用状況でございます。この中で、町内産の食材が39.7%使用されております。県内産は93.4%、いずれも前年度を上回っており、努力の跡がうかがえます。

北栄町議会 2018-09-18 平成30年 9月第6回定例会 (第13日 9月18日)

41ページ、衛生費で、健康増進センター管理事業で一番下に、トレーニング室は北栄子育て支援センターが通年利用ということで、子育て支援の事業をされておられます。本町にはネウボラというものが現在始まっております。ネウボラ事業ですね。これとの違いをお尋ねしたいと思います。 ○議長(飯田 正征君) 大庭教育総務課長。 ○教育総務課長(大庭由美子君) お答えします。  

湯梨浜町議会 2018-09-18 平成30年第 5回定例会(第 6日 9月18日)

それはなぜかというと、まず一つは、子育て支援センターを利用して、この9月からですかね、部屋を2つに仕切って、ちっちゃい子を受け入れますよというふうに、たしか最初の3月議会ですか、おっしゃいました。それで、行ってみたんです。行ってみたら、ちょっとこれは大変な状況だなと。というのも、支援センターを2つに区切るんだけれども、羽合地区のほうは開き戸なんですね、隣の部屋とが、ガラガラとあくような部屋。