20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

北栄町議会 2020-03-09 令和 2年 3月第2回定例会 (第 7日 3月 9日)

ですので、河川のほうが上のほうにある、があって、例えば崩れて住宅人家のほうが下にあるために影響があるかどうかというと、掘り込み式河川でございますので、農地や、それから県道のほうが高い位置にございます。ですので、人家への影響、それから県道等への影響等がなかったということがありまして、今回、農業用河川工作応急対策事業には該当しないということで判断させていただいたところでございます。

倉吉市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第4号 2月28日)

昨年実施したため池一斉点検の結果でありますが、77カ所のうち点検が完了したのが68カ所、点検が未了の9カ所のうち、ため池にたどり着けなかったアクセス不可が7カ所、所在不明が2カ所でありました。点検完了の68カ所のうち、ため池に直接影響するものでなく、下流水路等老朽が確認された箇所が13カ所、それ以外の55カ所については異常なしということになっております。  

湯梨浜町議会 2018-03-12 平成30年第 2回定例会(第 5日 3月12日)

大雨のときなどに水を安全に下流に流すための余水吐きから流出した水で、堤防ですね、堤防裏のり面、水が流出する側ののり面裏のり面が洗い流されて崩壊されて、修繕が必要とのことであります。ここは受益者が少なく、修繕費用補助事業を活用しても農業者負担はかなりの高額になるということのようであります。  次に、宮内の奥ため池です。の横の水路から水が流れ出てます。

琴浦町議会 2017-09-14 平成29年第 5回定例会(第4日 9月14日)

ただ、それを公費で買って、1回埋めて破壊して、売り飛ばしたものを公費で買い戻して、それであることはわかってるのに、また掘って確認して、それも水準測量もしないからの断面も書けないような調査をして、それで看板つけて利活用も含めてどうこうするということが文化財行政としては王道なのかということを問うてるんです。  

琴浦町議会 2017-07-13 平成29年第 4回臨時会(第1日 7月13日)

歳入の内容は、アワヨトウ緊急防除対策事業に係る県補助金60万9,000円、ダム観測施設故障対応に係る県補助金750万円及び同事業に対する北栄町からの受託事業収入として94万5,000円、退職消防団員退職金127万2,000円を増額しております。また、財政調整分として財政調整基金繰入金1,000万円を増額しております。  

北栄町議会 2017-03-06 平成29年 3月第3回定例会 (第 5日 3月 6日)

これは、船上山ダム観測装置、これはダムの水圧、土圧岩盤変位などを観測する装置でございます。この修繕が必要となりまして、事業費634万円のうち、北栄町の負担分を計上するものでございます。県営事業負担金に48万円増額いたしますのは、妻波地区鳥池ため池整備事業のうち、県が今年度の事業費増額したため、町及び地元負担額増額となったことによるものでございます。  26ページをお願いいたします。

琴浦町議会 2017-01-19 平成29年第 1回臨時会(第1日 1月19日)

農地費の13節の委託料、しっかり守る農林基盤整備委託料290万4,000円につきましては、松谷の熊田水路地すべりに対する委託料、それから、工事請負費457万円、しっかり守る農林基盤整備事業457万円につきましても、熊田水路地すべり、それと一部船上山ダム観測装置工事を含んでおるところでございます。  

鳥取市議会 2013-08-01 平成25年 8月定例会(第2号) 本文

草刈りとか、点検など、そういったことも行われているわけですが、なかなか近年は厳しい状況があるというふうに承っております。  さて、もう1つのJRの踏切の件であります。  これも全体状況の御質問でございましたが、鳥取市内踏切数は、山陰線で26カ所、因美線で32カ所で、計58カ所ございます。  

倉吉市議会 2011-09-08 平成23年第4回定例会(第4号 9月 8日)

ため池の数もたくさんあるんですけども、だんだんと利用される方が減ってきて、その間やはり維持管理の手が足りなくなってくるということもありまして、自体も老朽化してきて、水漏れがあったりというようなことも起こってきています。これはしっかりと点検をして必要な対応、これは県とも一緒になってやっていきたいというふうに思っております。  

琴浦町議会 2011-06-13 平成23年第5回定例会(第2日 6月13日)

費用対効果ということがあるわけですけれども、あそこの水の高低差からいって、あそこ40メートル、は43.9メートルの高さでつくってあって、その下からまた川の下までの高さというのは8メーターぐらいあるわけです。そうすると、大体20メートルぐらいから水は流れて落ちてくるという仮定がなされてもいいじゃないかというふうに思っております。  

琴浦町議会 2010-09-15 平成22年第7回定例会(第2日 9月15日)

船上山ダム下3カ所の広場についてお伺いいたします。  現在、イベント時また少年自然の家主催事業などに駐車場として活用されていますが、芝生化をされて多目的に活用できる広場とされ、少年自然の家と提携し、グラウンドゴルフなどがだれでも楽しめる場所づくりを提供されないのかお伺いいたします。  次に、全国的イベントについて、この案件平成21年3月議会に提案した案件であります。  

琴浦町議会 2007-12-14 平成19年第8回定例会(第2日12月14日)

また、につくられた道路ですが、一般車両通行解除は考えておられないのかお伺いいたします。 ○議長(福本 宗敏君) 町長田中満雄君。 ○町長田中 満雄君) 多岐にわたっての御質問でございます。中にはまた御質問の意のとおりにならない部分もあろうかと思いますが、その都度また御指摘を賜りたいというふうに思います。  まず、自主防災組織進捗率ということでございます。

琴浦町議会 2007-03-12 平成19年第2回定例会(第1日 3月12日)

観測及び調査でございますが、適切な管理を確保するために、定期的に気象、水象並びにダムの堆砂の状況及び等の調査を行うものとするということでございます。  第7条で委任でございますが、この条例の施行に関し必要な事項は町長が別に定めるという委任項目を設けてございます。  次に、議案第7条でございます。琴浦町新規就農者住宅設置管理条例の制定についてでございます。

米子市議会 2007-03-01 平成19年 3月定例会(第1号 3月 1日)

また新たに地域ぐるみでの農地や水を守る共同活動を支援する農地・水・環境保全向上対策事業を実施するとともに、漏水が著しい岡成池改修工事施設老朽化により流下能力の低下しておりますホレコ川の改修工事県営事業により着手し、また弓ヶ浜地区において中海淡水化事業の中止に伴う代替水源対策事業として国営・県営土地改良事業に着手いたします。  

米子市議会 2005-09-22 平成17年 9月定例会(第6号 9月22日)

岡成池の今回の水漏れ原因はわかりませんが、この岡成池下部の部分堤防下の方でありますが漏水していることがわかりました。水漏れの中には小粒の石まじり等であります。災害の前には必ず泥水が流れるとか小石が崩れるとか、そういうことで山崩れとか堤防決壊等が起こるわけであります。池の下流の方には水田ばかりではありません。

岩美町議会 2000-12-22 12月22日-04号

また、県営宇治老朽ため池整備事業負担金314万1,000円の増につきましては、県営事業負担金でございまして、当初は事業計画書の作成と土質調査を行うということで予算をお願いしておりましたけれども、国の補助事業の決定に伴い事業促進を図るため、実施設計を含め本年度に行うということから、負担金増額をお願いするものでございます。 

岩美町議会 2000-03-14 03月14日-02号

下段の県営宇治老朽ため池整備事業負担金163万5,000円につきましては、宇治地内のため池、取水口等について漏水が見られることから、これの改修に向けての調査設計費として県負担金をお願いいたしております。 次に、5款2項1目林業総務費876万4,000円でございますが、職員人件費1名分のほか駟馳山の野鳥の森管理費あるいは林業関係事務費としてお願いいたしております。 

倉吉市議会 1998-09-08 平成10年第5回定例会(第3号 9月 8日)

例えば、土でつくられた特に土手の部分に雑草や樹木が生え必要以上に繁茂したり、モグラやネズミなどの小動物の寄生は漏水原因となりますので、定期的な草刈りによる管理や小動物の駆除が必要になります。最近は水質の悪化やごみの投棄があちこちに見られるようになり、臭い、汚い、危険の3Kが問題になってきております。ごみの除去は不可欠であり、放置すればごみためになりかねません。

  • 1