運営者 Bitlet 姉妹サービス
5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2011-12-12 琴浦町議会 平成23年第9回定例会(第2日12月12日) そんなんで戦争って言われるけども、僕はそれは日露戦争がある、今、「」っていうのでやっておりますけど、乃木将軍っていうのは、神社まである神さんですよ。これが戦争とかなんとかの問題で僕はないと思うんです。なら、山本五十六や西郷隆盛もおられたけども、それは今言うように神社までつくってっていうのは、それ将軍でも僕はないと思うよ。 もっと読む
2010-01-07 倉吉市議会 平成22年第1回臨時会(第1号 1月 7日) 司馬遼太郎の「」で言う、いわゆる公のために生き、近代国家を目指したように、もう一度健全なを目指した夢の持てる国として、一日も早い成長戦略の成果を期待するところであります。  次に、地方行政をめぐる最近の動向でありますが、平成19年4月発足の地方分権改革推進委員会は3年間の時限立法であり、いよいよ今年度で期限を迎えることとなります。 もっと読む
2005-12-01 鳥取市議会 平成17年 12月定例会(第5号) 本文 私は、1冊を選ぶというのは非常に難しいことでありますが、最近読み直して改めて深い感銘を受けたのが司馬遼太郎の『』でございまして、ちょっと長いんですけれども、実は市立図書館が、中央図書館が開館しました。それで、全集本もかなりそろっておりました。 もっと読む
2005-06-01 鳥取市議会 平成17年 6月定例会(第3号) 本文 司馬遼太郎の小説「」を読むと、国の存亡に立ち向かう、いじらしいほどに真剣な人々が書かれています。勇気や誇り、そして心に明るさが芽生えてくるわけです。この世界の西洋中心主義と人種差別主義を転換させるきっかけとなった日露戦争について、ある教科書は「日露戦争は日本の生き残りをかけた戦争だった。日本はこれに勝利して自国の安全保障を確立した。 もっと読む
2000-03-16 倉吉市議会 平成12年第2回定例会(第5号 3月16日) 余談ですけど、私はその答弁を聞きながら、市長の答弁を聞いて、昭和40年初期に発刊された司馬遼太郎の乃木希典という人を描いた「殉死」という小説と、同じく45、6年ごろですか、発刊された司馬遼太郎さんの「」という小説を瞬間的に思い出した。 もっと読む
  • 1