12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

米子市議会 2014-03-07 平成26年 3月定例会(第5号 3月 7日)

また、地元建設の企業が元気に経営されることが米子市の安心・安全につながると思いますが、市長見解をお聞かせください。  大きな2点目に、財政健全化についてでございます。米子市は2014年の当初予算案一般会計で過去最大規模の593億300万円を計上されましたが、来年度の行財政改革についてはどのように取り組まれるお考えなのか、効果数値もあわせてお伺いいたします。  

倉吉市議会 2014-03-05 平成26年第2回定例会(第6号 3月 5日)

また、社会基盤整備して、また維持管理していく上では、地元建設業界は欠くことのできない存在でございますし、その意味において、地元建設の経営の安定化なくしては、地域は守れないと思っております。  地元公共工事は、できるだけ地元でやっていただくというのがベストだと思っております。また、地元業者も、それに応えるよう、技術的にも経済的にもしっかりと力をつけていく必要があると思っております。以上です。

米子市議会 2011-06-17 平成23年 6月定例会(第4号 6月17日)

年末年始の大雪の際にも、除雪はもとより、災害復旧に重要な役割を果たしたのが地元建設皆さんでありました。そしてこのたびの東日本大震災においても、同様に瓦れき撤去仮設住宅の建築など、懸命な復旧作業に当たっているのも建設業皆さんであります。改めて言うまでもありませんが、社会資本整備や、その維持管理に従事する建設業重要性をいま一度再認識する必要があると考えております。

鳥取市議会 2011-02-01 平成23年 2月定例会(第7号) 本文

12階建てだと、地元建設だけでは無理です。大手ゼネコンとのJVとなります。JVとは聞こえはいいのですが、実態は全く利益が出ませんし、作業員中央から連れてきますので、地元の雇用はほとんど期待ができません。工事費の7割以上、しかももうけが出る部分はゼネコンが取り込みますので、中央へとお金が流出してしまいます。市長が言う経済効果実態はこの程度のものなのです。  

米子市議会 2010-07-22 平成22年 7月定例会(第5号 7月22日)

最後になりますけど、健全な地元建設育成の観点から、本市では、下位2割非指名制度を実施されております。しかし、これが残念ながら有効に機能しておりません。このような状況を改善するため、6月に指名点受注点を見直したとのことでございますが、効果はあったのか確認します。また、今後の経過を見て、効果が上がらなければ、私は適時見直す必要があると考えますが、御見解をお聞かせください。

倉吉市議会 2007-11-05 平成19年第6回定例会(第2号11月 5日)

つまり、大臣のひと言ひと言に目くじらを立てる前に、市財政悪化、疲弊している市の商工業、人口流出問題、若者定住問題、さらに瀕死の状態にある地元建設の問題等々、山積みをしている足下の諸問題に全力を挙げていただきたいとこう常々考えておるところであります。市長の行動が内外に時として蟷螂のおのとして映り、重みのないものであってはならない、そんな思いで申し上げておるわけでございます。  

倉吉市議会 2006-12-06 平成18年第7回定例会(第2号12月 6日)

市の重要産業でもあります地元建設工事の減少によって年々元気をなくしております。具体的に県・市の大型事業進捗状況をお聞きして、その中から活性化のヒントを求めたいと思います。国道313号倉吉北条道路整備状況倉吉工区についてをお聞きします。地元の大きな期待を担ったこの道路は、経済産業の流通を飛躍させる待望の道路であります。

八頭町議会 2006-06-15 平成18年第6回定例会(第3日目 6月15日)

それで、先ほどの答弁の中で、地元建設の方々の育成・活用という点をおっしゃっていたわけでありますが、もちろんそういった視点に立って、参加しないという方は別にして、参加すると希望される業者は、もちろん資格があって、その中で地元優先とかどうとかということをもちろん加味された中で、すべての業者を指名されたらいかがかと。透明性が増すではなかろうかと。

鳥取市議会 2005-03-01 平成17年 3月定例会(第7号) 本文

これからも地元建設の振興のためにも、地元でできるものにつきましては地元業者への発注を関係機関へ強く要望していきたいと思っております。  源太橋の現況の関係でございます。  鳥取県では平成15年度から平成16年度にかけまして源太橋耐荷力調査を行っております。コンクリートの強度、塩害等影響についての調査を完了しているところでございます。

  • 1