9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

倉吉市議会 2020-09-01 令和 2年第7回定例会(第2号 9月 1日)

大雨警報等が発表された場合には、現場確認や県、市との連携を確保し巡視員を通じ人員を集め、緊急対策大型土のう資材などの配置などを行うことと聞いております。今後とも現場を管理する者と緊急時に連絡を取れる体制を維持していきたいと考えております。  なお、県、市とも定期的に立入調査を行っておりますけれども、9月上旬にも県と市とで合同立入調査を実施する予定にしているところであります。  

倉吉市議会 2018-05-15 平成30年第3回臨時会(第2号 5月15日)

消防車両には、現在消火、救命用資材等が積まれておりまして、そういう土のうを運ぶようなスペースがないというところでございまして、こちらは、消防団からもそういう車両が欲しいという要望がございました。災害時に消防団が迅速かつ安全に災害場所災害対策用資機材運搬等を行うことを目的としているものでございます。

米子市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会(第2号12月 5日)

危険箇所には土のうを積み上げる作業をしなければなりませんが、弓浜地区には土のう資機材が保管してある水防倉庫がございません。ですから水防倉庫のある兼久などのある程度距離があるところまで行かなければならない実情がございます。緊急性を要する対処が必要な事案が多い中で、今のままでは被害が増大する可能性がございます。

北栄町議会 2014-12-09 平成26年12月第8回定例会 (第 1日12月 9日)

土のう応急処置等対応を施してきましたが、台風等でシートの破れ等が発生して、今後、放置しておくと雨漏りの原因となるために、今回補正で計上させていただいたところであります。施工面積部室棟が417平米、技術棟が334平米となっております。  次に、2目大栄中学校管理費で172万2,000円を増額計上させていただいております。内訳は、11節需用費に172万2,000円を計上いたしております。

湯梨浜町議会 2011-09-09 平成23年第10回定例会(第 1日 9月 9日)

その後も水位は上がり、冠水する箇所はふえ、交通規制や道路の障害物の除去、土のう資材の確保、配置などを行いました。同日の夜明けとともに浸水等被害状況調査を行い、床上浸水等被害が確認されたことから、同日午前10時10分、災害警戒本部から災害対策本部に切りかえ、引き続き情報収集や町民の皆さんからの要請に対する必要な措置等対応を講じたところでございます。  

倉吉市議会 2005-11-15 平成17年第8回定例会(第3号11月15日)

費用が安く、実行できる対策として、これは早くやることも大事だろうと思いまして、入り口の小さなものについては土のうでふさぎ、入り口の大きいものについてはフェンス等で覆うことにより進入できないようにする対策が必要であると考えております。そういう中で、防空壕の危険性があるものについては、入り口を封鎖する考えであります。

  • 1