1723件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八頭町議会 2019-04-26 平成31年第 3回臨時会(第1日目 4月26日)

国庫支出金は、10月から消費税の引き上げが予定されていますが、低所得者、子育て世代の消費に与える影響を緩和することなどを目的としたプレミアムつき商品券事業の実施に伴う事業費補助金、3,428万円余りの追加であります。  町債は、小学校施設整備事業債、920万円を増額いたしました。  次に歳出であります。  

北栄町議会 2019-04-18 平成31年 4月第3回臨時会 (第 1日 4月18日)

13款国庫支出金と19款諸収入につきましては、事業に伴う特定財源でございますので担当課長が説明をいたします。  17款1項5目財政調整基金繰入金ですが、予算の調整として649万6,000円を財政調整基金から繰り入れするものでございます。なお、この補正後の基金の残高は12億7,914万7,000円となります。  4ページをお願いします。3の歳出でございます。  

八頭町議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日目 3月22日)

国庫支出金は地域公共交通確保維持改善事業費補助金1,590万円余り、地方創生拠点整備交付金2,180万円余りの増額であります。県支出金は、商工費の鳥取県未利用施設等整備支援事業補助金850万円余りを追加いたしました。諸収入は、若桜鉄道対策負担金に270万円余りを計上しております。地方債では、若桜鉄道施設整備事業債2,110万円、公園整備事業債3,250万円を追加いたしました。  

伯耆町議会 2019-03-20 平成31年 3月第 1回定例会(第4日 3月20日)

公立保育園の場合、今年度は全額国庫負担ですけれど、来年度からは全額町が負担するということになっています。交付税算入するということであるからです。保育士処遇と人件費確保は非常に苦しんでおりますけれど、より一層困難をもたらすものになるのではないかと危惧しています。本年度、子ども・子育て会議で5年計画、立てることになっておりますけれども、税源保障を国にしっかり求めることが必要であります。  

北栄町議会 2019-03-20 平成31年 3月第2回定例会 (第16日 3月20日)

根本的には国庫負担の割合を大幅に引き上げることが必要ですが、北栄町の場合、県下で最も高い保険税となっていることからも負担の軽減が必要となっています。しかし、国保税軽減のための公費繰り入れは行われていません。  以上の理由により、本案に反対するものであります。 ○議長(飯田 正征君) 次に、原案賛成の方の発言を許します。  7番、斉尾智弘議員。

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

3点目は、その財政負担は初年度のみ全額国庫となっていますけれども、翌年からは、民間分は国が半分、県と市町村が半分支出すると、そして公立は市町村が10分の10であると、それで交付税に算入していくんだという内容になってるんです。このような状況の中で展開するんですが、今年度の予算には反映されていません。

北栄町議会 2019-03-13 平成31年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

全国知事会、全国市長会などの地方団体は、2012年から2014年に国保への国庫負担の引き上げを国に求めています。そして、2014年には、全国知事会は、与党との交渉の中で、国保料・税を協会けんぽ並みに引き下げるには1兆円の公費負担が必要という試算を示し、都道府県の意見集約の結果として、国保料・税を協会けんぽ並みに引き下げることを求めています。  

北栄町議会 2019-03-12 平成31年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日)

基本的に農産物ならどのような品目でも対象となり、保険料率は1.08%で、これは50%の国庫助成後の計算ですが、収入保険に加入していれば、農家ごとの平均収入の8割以上の収入が確保されるとのことであります。加入には青色申告が必要ですが、新制度ということで、その実績が1年分あれば加入できるということであります。

琴浦町議会 2019-03-12 平成31年第 2回定例会(第4日 3月12日)

したがって、つまり琴浦町の財政は、誤解を恐れずに一言で言えば、借金が多くて貯金が少ない状況にあるということで、今回の予算案で見直しをしながらという予算案になっているわけですが、まず一つ、この表現のときに町民1人当たりの財政負担は80万円となっておりますが、この額の算定のときにいわゆる国庫支出金とかなんとかで後で債務に対して戻ってくる分がありますが、これは計算に入っておりますでしょうかどうでしょうかということを

八頭町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第4日目 3月 8日)

あと歳入の主なものとしましては、地方交付税、国庫支出金、県支出金などであります。その地方交付税も2.5%、1億2,500万円減っているのが現実です。  八東保育所の新築工事など、終了した事業もありますけれども、そのほかで、先ほどありましたたくさんの事業も重点事項として町長から答弁がありましたが、逆に見直されたり縮小されたりというような事業はあったのでしょうか。伺います。

北栄町議会 2019-03-06 平成31年 3月第2回定例会 (第 2日 3月 6日)

今回の補正は、歳入につきましては一般会計繰入金、国庫支出金、下水道事業債の減額でございます。  歳出につきましては、委託料、工事請負費等の減額でございます。  次に、議案第33号、平成30年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第4号)についてでございます。  

琴浦町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 5日)

続いて、国庫支出金、国庫負担金でございます。こちらにつきましては、次ページ、16ページにトータルを載せておりますが、7億8,885万5,000円ということで、対前年5,271万8,000円の増というところでございます。

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

資本的収入は、企業債及び他会計出資金、国庫補助金、受益者分担金でございます。資本的支出の主なものは、施設等の建設改良に要する経費及び企業債償還金でございます。  収益的収支、資本的収支のバランスを考慮しながら編成した結果、当年度純利益は2億3,502万4,000円を予定しております。  次に、議案第17号、平成31年度北栄町風力発電事業会計予算についてでございます。  

北栄町議会 2019-02-04 平成31年 2月第1回臨時会 (第 1日 2月 4日)

これに係る財源内訳でございますけれども、国庫補助金が3,245万1,000円、起債が合併特例債で、事業費から国庫補助金を引いた残りの95%で1億8,940万円、残りが一般財源で1,000万3,400円となっております。  以上で説明を終わります。 ○議長(飯田 正征君) 説明が終わりましたので、これより議案第4号に対する質疑を許します。  6番、油本朋也議員。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第3号) 本文

4月にはマクロ経済スライドを発動し、年金0.5%の実質削減で2,500億円削り、協会けんぽへの国庫補助削減で610億円の減、生活保護費の段階的引き下げで30億円の削減です。安倍政権はことし10月に消費税率を10%に引き上げる口実として、お年寄りも若者も安心できる全世代型の社会保障制度への転換だと言っています。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第8号) 本文

それから、新年度は国のペナルティーとして約7,200万円の国庫負担金が減額されます。市はその半分の約3,600万円を一般会計から繰り入れをする予算です。その姿勢は評価するものの、県が一向に手だてをとろうとしないことは許せません。4分の1は調整交付金で見るということですが、残りの4分の1は加入者に保険料として負担させることになります。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第4号) 本文

中でも、教育環境の充実を図るための小・中学校全教室エアコン整備につきましては、国の動きに先んじて、いち早く取り組みを進めまして、平成30年11月臨時会におきまして国庫補助制度を活用した補正予算をお認めいただきまして、大きく前進したところであります。

湯梨浜町議会 2018-12-18 平成30年第 8回定例会(第 9日12月18日)

乗車密度が3人のとりあえず意味と、それと、国庫補助路線3路線のうち2路線がこれに該当したということですけど、これは今回初めて該当したのか、これまではどうだったのかというのをお聞きしたいと思います。  もう1点は、4ページのゆりはまネット経常経費です。今回、30年4月から9月の新規引き込み等に要する工事費等の実績が見込みより多くなっている。