21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

倉吉市議会 2019-06-20 令和元年第3回定例会(第4号 6月20日)

また、県では、高等学校や大学と連携し、学内の掲示板等啓発記事を表示し、投票日、期日前投票及び不在者投票の活用の周知を図っています。  これら以外にも、若年層の政治、選挙に対する意識、関心の向上のため、啓発事業の一環として、毎年、成人式では、選挙啓発物資パンフレット配布、また、小・中学校及び高等学校児童生徒には、明るい選挙啓発ポスターの募集をしております。  

境港市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3号 3月 5日)

学校運営協議会におきましては、広報紙などを通して協議会の狙い、活動計画状況地域の方に協力していただきたい支援について情報提供を行い、学校におきましては、学校だよりやホームページを通して、地域保護者との連携による活動状況についてタイムリーに情報発信し、また教育委員会におきましては、市報コミュニティスクール通信公民館報への啓発記事ホームページなどへの掲載を通して、コミュニティスクールでの

米子市議会 2017-09-05 平成29年 9月定例会(第2号 9月 5日)

また、月間中の取り組みといたしましては、広報よなごへの啓発記事掲載西部地区関係機関と協力いたしましたオレンジリボンたすきリレーを実施しております。 ○(尾沢議長) 稲田議員。 ○(稲田議員) わかりました。また総括的なところで最後に述べさせていただきたいと思いますので、次の質問に移ります。  里親制度について伺います。こちらは10月に里親月間が控えていることからの質問です。  最初です。

鳥取市議会 2016-09-01 平成28年 9月定例会(第4号) 本文

ヘイトスピーチ関係する庁内への情報提供ということですが、具体的にこれということはございませんが、ヘイトスピーチテーマにした啓発記事といったようなことをとっとり市報掲載いたしておりますし、それから、市民集会という取り組みが7月にございましたけれども、そちらの中で外国人人権等々に関するテーマ分科会を開いているといった状況でございます。  

米子市議会 2016-03-04 平成28年 3月定例会(第4号 3月 4日)

飼い主のいない猫対策についてでございますが、本市といたしましては鳥取動物愛護管理推進計画に基づき、飼い主などのいない猫への餌やりの禁止や、飼い主に対する終生飼養及び室内飼養などの啓発のため、県が作成したリーフレット等を市の窓口公民館等へ設置するとともに、広報よなごへの啓発記事掲載など、引き続き県と連携した適正飼養普及啓発に努めてまいりたいと考えております。  

米子市議会 2016-03-03 平成28年 3月定例会(第3号 3月 3日)

次に、米子市における飼い主のいない猫への対策取り組みについてでございますが、鳥取動物愛護管理推進計画に基づき、飼い主のいない猫への餌やりの禁止や、飼い主に対する終生飼養及び室内飼養などの啓発のため、県が作成したリーフレット等を市の窓口公民館等へ設置するとともに、広報よなごへの啓発記事掲載など、県と連携した適正飼養普及啓発に取り組んでいるところでございます。  

鳥取市議会 2012-06-01 平成24年 6月定例会(第6号) 本文

地区開催される交通安全研修会講習会等の機会に、ドライバーに対する交通安全意識向上に向けた指導・啓発、こういったことに取り組んで、こういった取り組みを、関係交通安全対策協議会皆さんとともに、関係者とともに取り組みを強化したいと考えておりますし、今後、リーフレットの作成とか市報への啓発記事掲載等の新たな取り組みも検討してまいります。  

境港市議会 2012-03-09 平成24年第1回定例会(第4号 3月 9日)

そういうことでしたら、受診勧奨をそれぞれ該当する方々に対して送付したり、市報等啓発記事を載せておるところでございます。 ○議長松下 克君) 松尾議員。 ○17番(松尾好行君) 市報等での啓発活動は進んでおりますか。 ○議長松下 克君) 佐々木部長。 ○市民生活部長佐々木史郎君) お答えします。  受診票をお送りするときに、個別にチラシを同封する形ででも周知をしておるところでございます。

米子市議会 2008-03-07 平成20年 3月定例会(第5号 3月 7日)

○(野坂市長) 広報よなごとかひゅーまんらいつによる啓発記事掲載、また被害者写真パネルの展示を行いまして、広く市民周知を図ったところでございます。また、拉致問題の早期解決を願う集いを関係団体皆さんとともに開催しまして、松本京子さんの御家族にも出席いただいたところでございます。

米子市議会 2007-06-13 平成19年 6月定例会(第4号 6月13日)

こちらの方で平成17年の2月、それから本年の1月に拉致に関する啓発記事を記載をして市民への啓発を図ったところでございます。 ○(松井副議長) 松田議員。 ○(松田議員) 実は私もちょっと過去にさかのぼって調べさせていただいたんですけども、広報よなごに拉致に関する記事がなかったということに大変驚きました。本当に少しのスペースでも構いませんので、継続的に啓発していくことが最も重要であると考えます。

倉吉市議会 2005-04-25 平成17年第4回臨時会(第1号 4月25日)

また、人権啓発推進につきましては、市民一人ひとりが「部落差別をはじめとするあらゆる人権問題を自分自身課題」としてとらえることのできる「人権フェスティバル」の講座・学習会開催や、地域における町内学習会開催と充実、市報への人権啓発記事掲載人権相談など、あらゆる人権問題の課題に対応した啓発事業啓発活動関係機関団体連携しながら推進してまいります。  

鳥取市議会 2001-09-01 平成13年 9月定例会(第2号) 本文

民間企業に対する障害者雇用促進につきましての周知啓発ということでございますが、9月が障害者雇用促進月間でありますことから、市報の9月1日号に、啓発記事並びに障害者を雇用した場合の支援制度を紹介いたしているところでございます。今後も、障害者雇用促進月間に合わせて掲載することにいたしたいと、このように思っております。  

米子市議会 1999-09-16 平成11年第417回定例会(第3号 9月16日)

市長森田隆朝君)(登壇) 人権啓発のための施策の現状についてでございますが、人権施策推進指針に基づきまして、それぞれ関係する所属が個別の啓発を行っておりますほか、広報よなごにも毎月、啓発記事掲載しているところでございます。  さらに、本年4月には人権情報センターをオープンし、市民皆さんの自発的な学習の場を整備いたしましたところ、これまで約1,400人に御利用していただいております。  

  • 1
  • 2