128件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

境港市議会 2020-03-19 令和 2年 3月定例会(第5号 3月19日)

4、各種審議、計画策定や広聴に係る会議などの人選に当たっては、従来からの選出区分にとらわれることなく将来を見据えたまちづくりという視点を加味し、それぞれの会議の目的が達成されるよう図られたい。  5、生活困窮者自立支援事業生活困窮者家庭等学習支援事業などは、関係相互連携をとり必要とされる支援を見きわめた上、しっかりとした伴走型支援を図られたい。  

倉吉市議会 2019-03-20 平成31年第2回定例会(第7号 3月20日)

しかし、各種審議では年金が減っている中、経済的困難は深刻で、日本医師会全国市長会全国老人クラブ連合会などからは慎重意見反対意見が出ております。それは必ず受診抑制につながり、重症化を招くものであること、治療の中断、検査、治療薬投薬の拒否が経済的理由で今でも多いことなど、その影響は大きいと指摘されています。この後期高齢者医療制度はもともとこうした影響が出ないようにつくられた制度であります。

境港市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第3号 3月 6日)

昨年4月現在、市役所の係長級以上の女性登用率は21.9%、各種審議などでも同じく21.9%といった割合になっております。自治会小学校PTAの正副会長の女性登用率は低い状況でありますが、それぞれの組織内では多くの女性参画し、活躍しておられます。  ちなみに、本年2月現在、人権擁護委員女性登用率は100%、民生児童委員女性登用率は63.5%と非常に高い率で女性に御活躍いただいております。

境港市議会 2017-03-07 平成29年第2回定例会(第3号 3月 7日)

各種審議検討委員会協議内容について、パブリックコメントと称して市民意見を求める方法が多く採用されています。実態としては、この方法市民意見集約の手法としてどの程度機能しているかについて伺います。昨年1年間に市報を通じて募集したパブリックコメントについて、1案件当たり何件くらいのコメントが寄せられたのかお聞かせください。

八頭町議会 2017-03-03 平成29年第 2回定例会(第1日目 3月 3日)

また、政策方針決定過程への女性参画拡大各種審議委員等への女性登用率50%達成を目指してまいります。  4点目は、コミュニティ活動推進であります。人口の減少や高齢化が進行する中にあって、コミュニティ活動の果たす役割は、ますます重要になっており、地域独自の歴史的・文化的要素景観資源等を活用しながら地域の特色を生かした活動が必要であります。

米子市議会 2016-12-09 平成28年12月定例会(第4号12月 9日)

一例といたしましては、第3次総合計画策定に当たりまして、中学生アンケートですとか、あるいは中高生ワークショップを行っておりますし、本市審議会等委員選任基準では、青年層委員登用推進を掲げ、各種審議等へ参画に努めているところでございます。 ○(尾沢議長) 田村議員。 ○(田村議員) ぜひこれについては進めていただきたいというふうに再度要望したいと思います。

八頭町議会 2016-09-07 平成28年第 6回定例会(第3日目 9月 7日)

参画協働によるまちづくりを進めていくためには、町民と町がお互いに情報共有し、町民参画する機会を保障することが必要ですので、広報紙防災行政無線町ホームページケーブルテレビ等の活用の充実、行政懇談会まちづくり座談会等を開催し、情報の共有を努めるとともに、各種審議等の開催やパブリックコメントの実施により、町民の御意見や意思をまちづくりに反映していくよう努めております。  

米子市議会 2016-06-17 平成28年 6月定例会(第4号 6月17日)

○(菅原総務部長) 各種審議への若者女性登用についてでございますが、本市では米子市審議会等委員選任基準におきまして、女性委員青年層委員登用推進を掲げまして多様な人材登用に努めてきたところでございます。引き続き審議会内容に応じた人材登用に努めてまいりたいと考えております。 ○(中田副議長) 今城議員。 ○(今城議員) ぜひ、前進していただきたいと思います。

境港市議会 2016-03-24 平成28年第2回定例会(第5号 3月24日)

2、各種審議、協議会などの委員の選定に当たっては、子育て世代若者など、幅広く人材を求められるよう努められたい。  3、自主防災組織への補助金増額津波ハザードマップ全戸配布などの機会を捉え、一層の防災意識が高まるよう図られたい。  4、生活困窮者自立支援法の施行に当たっては、学習支援も含めて関係部署家庭との連携を図り、必要な事業に積極的に取り組まれたい。  

伯耆町議会 2016-03-23 平成28年 3月第 2回定例会(第4日 3月23日)

また、重要なことは、さまざまな国民の生命や健康、暮らしを守るための規制制度にかかわる各種審議参加国企業からの意見を表明できる規定があるのですけれど、TPPには並行して行われてきた日米国間協議では、アメリカからの規制緩和要求担当省庁が窓口になって規制改革会議に諮るという主権放棄に等しいことまで踏み込んでいます。こんな売国的なTPP協定国会決議にも自民党の選挙公約にも反しています。

伯耆町議会 2016-03-15 平成28年 3月第 2回定例会(第3日 3月15日)

各種審議などの構成について質問をします。  本町に各審議会協議会委員会があります。法律に基づいて設置されたもの、ほかにあると思いますが、初めに、教育委員会に、一番教育委員会が所管が多いと思いますので、教育委員会から質問させていただきたいと思います。  よろしいでしょうか。 ○議長(細田 栄君) どうぞ続けてください。

八頭町議会 2016-03-07 平成28年第 2回定例会(第1日目 3月 7日)

政策方針決定過程への女性参画拡大と、各種審議委員等への女性登用率50%達成を目指してまいります。  4点目は、コミュニティ活動推進であります。生活様式の変化に伴い、地域連帯やふれあいが薄れつつあると言われております。これからのコミュニティ活動に期待されることは、地域における住民連帯感に支えられた共同活動です。

八頭町議会 2015-12-09 平成27年第11回定例会(第3日目12月 9日)

委員公募割合につきましては、各種審議等の内容、定数、それから組織代表者等でございますが、条例で定めているものもありますが、特に一定の割合は定めておりません。  女性割合につきましては、第2次男女共同参画プラン審議会委員等への女性登用平成27年度、目標50%と定めまして、取り組みを進めているところで、実績につきましては42.8%というところであります。  

八頭町議会 2015-09-09 平成27年第 9回定例会(第3日目 9月 9日)

なお、各種審議につきましては、非公開ではないと考えておりますので、希望がございましたら傍聴されることもよいことであろうというふうに考えております。  団体育成自立につきましては、先ほど大項目で申し上げたとおりですので、省略をさせていただきます。  最初の答弁といたします。 ○議 長(谷本正敏君) 西尾議員。 ○7 番(西尾節子さん) 失礼しました。団体育成自立はダブっておりました。  

琴浦町議会 2015-06-09 平成27年第 4回定例会(第2日 6月 9日)

例えば平成26年4月の状況では、各種審議では女性登用率は257人中85人で33.1%、管理職は25人中9人で36%ですが、議場での執行部席には女性管理職平成26年はお1人だったのが今本会議からは2人になりました。各種委員会などは15から16ほどありますが、女性登用率は1%未満から20%前後が現状です。