44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

境港市議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第1号 6月 5日)

令和元年度境港市土地区画整理特別会計補正予算(第1号)】    議案第27号 専決処分承認を求めることについて          【境港市税条例等(一部改正)】    議案第28号 専決処分承認を求めることについて          【境港市国民健康保険条例(一部改正)】 第5 議案第29号 固定資産評価審査委員会委員の選任について 第6 議案第30号 令和元年度境港市一般会計補正予算(第1号)    議案第31号 海とくらしの史料条例

米子市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会(第5号 9月12日)

○(岡文化観光局長) 米子城跡の建築物の復元と発掘調査、そして今後の整備ということでございますが、建築物の復元につきましては、保存活用計画や整備基本計画での位置づけや、発掘調査及び絵図、文書などの文献史料の調査・研究の成果に基づいた具体的な復元の計画、設計の内容を文化庁の復元検討委員会が総合的に判断し、許可を行うという手順で行うこととなっております。

境港市議会 2018-06-18 平成30年第3回定例会(第2号 6月18日)

4番目は、海とくらしの史料館の魅力創出について質問をします。  海とくらしの史料館、通称海くらが来年開館25周年になりますが、総括を迎えるべきときに来ていると思っております。全国に海の博物館のカテゴリーとしてあるものは39施設ありますが、学習施設的なところと、道の駅などが併設され観光に特化しているところもあります。

北栄町議会 2017-12-20 平成29年12月第11回定例会 (第14日12月20日)

そのとき、その議案・法案条例はどのような経過で提案され、行政行為はどのような議論・決裁過程でなされたのか、後に検証する過程で重要な史料となる。  飛びまして、文書の保存期間にはさまざまあるが、保存期間が1年未満とされるものもある。この文書に該当すると言ってしまえば、その期間後に事案の検証は困難になるため、このカテゴリーと設定する文書の妥当性についても検証が必要である。

湯梨浜町議会 2017-12-15 平成29年第 8回定例会(第 8日12月15日)

そのとき、その議案、法案条例はどのような経過で提案され、行政行為はどのような議論、決裁過程でなされたのか、後に検証する過程で重要な史料となる。  文書の保存期間にはさまざまあるが、保存期間が1年未満とされるものもある。行政プロセスでは、大量の文書が出るところ、軽易かつ重要度の低い文書については1年未満の保存期間とすることは理解できる。

境港市議会 2017-12-06 平成29年第6回定例会(第1号12月 6日)

手拭いの完成記念事業として、11月3日から5日にかけて海とくらしの史料館で開催した「てぬぐいひらひら」には期間中、県内外から2,000人以上の来場者があり、地域おこし協力隊を中心に市民の方々にも協力いただきながら積極的に交流を図り、伯州綿のPRを行ったところであります。なお、今回限定で販売した境港手拭は、今後、定番商品として福祉の店などで販売する予定としております。  

境港市議会 2017-09-20 平成29年第4回定例会(第3号 9月20日)

はっきり言えば水木ロードの延伸という考え方でありますが、途中に海とくらしの史料館があって、それから繁忙期には観光客の駐車場になる台場公園があって、そこからもどんどんどんどん歩いていく観光客、たくさんあるんですよね。そういったことからも考えれば、水木ロードと、それから台場公園、新しい漁港、そういったことをつなげる動線の施策がもう少しあってもいいのではないか。  

倉吉市議会 2017-06-15 平成29年第4回定例会(第4号 6月15日)

両論併記だろうなという感じで、余りにも史料が少な過ぎて決定的なものはないということになるかと思います。  ただ、この間の中で、「西郷誌」をもとにしながら、大原のほうでは大原郷土文化保存会発行の「私たちの大原」、これも読ませていただきました。これも数年前に出されたもので、実際に例えば刀の名称の中に「勝」というものがある。

境港市議会 2016-12-08 平成28年第6回定例会(第3号12月 8日)

2つ目、海とくらしの史料館にあるスペースを活用した新たな伯州綿の発信拠点として、将来、道の駅へ移行することを視野に入れて計画策定を進めていくことについて、市長の思いを聞かせてください。  3つ目、伯州綿栽培で遊休農地利用は見込めるのか、市長のお気持ちをお聞かせください。  4番目、次に、地域おこし協力隊が2年を経過しました。

境港市議会 2016-12-01 平成28年第6回定例会(第1号12月 1日)

議案第95号は、境港市民会館、境港市文化ホール及び海とくらしの史料館の指定管理者となっている一般財団法人境港市文化振興財団が平成29年3月31日をもって指定期間満了となることから、引き続き同財団を指定管理者として指定いたしたく、法の定めるところにより、議会議決を求めるものであります。  

米子市議会 2015-12-07 平成27年12月定例会(第3号12月 7日)

米子城跡は、城下町も含め、江戸時代を中心として米子の歴史を物語る貴重な史料と考えており、これを史跡公園として整備し、活用することによって、我々の郷土である米子の近世を中心とした歴史文化、米子の発展に果たしてきた役割及び当時の社会のありようなどを実際に体感しながら学ぶことで、歴史教育における教育効果は非常に大きいと考えております。

境港市議会 2015-06-23 平成27年第3回定例会(第4号 6月23日)

そこで提案ですが、今後多くの市民の目に触れるような図書館や海とくらしの史料館、玉栄丸事故現場近くのしおさい会館などに玉栄丸事故写真パネルや戦災の資料などを常設展示してはどうかと思いますが、いかがでしょうか。御答弁よろしくお願いします。 ○議長(米村一三君) 教育長の答弁を求めます。  佐々木教育長。 ○教育長(佐々木邦広君) 安田議員から、戦争体験の継承について御質問をいただきました。

境港市議会 2015-03-09 平成27年第2回定例会(第2号 3月 9日)

クルーズ客船の乗客・乗務員向けに水木しげるロード、水木しげる記念館を初め、海とくらしの史料館、夢みなとタワー、水産物直売施設などをめぐる3種類の市内観光モデルコースを設定しております。また、市内のタクシー業者では、市内の周遊を初め、松江市大山も含めた圏域内を周遊する2時間から4時間半の観光コースを設定され、観光客の皆様に提供しておられます。  

湯梨浜町議会 2014-12-15 平成26年第 8回定例会(第 4日12月15日)

東郷荘下地中分絵図については、平成19年11月にハワイアロハホールで東大史料編纂所の先生が説明しておられ、町長もこのことの重要性、貴重性は十分認識しておられると思います。私たちの町でも観光客の誘致に向け、東郷池周辺を文化庁文化景観に申請されてはどうでしょうか。町長の所見を伺います。 ○議長(光井 哲治君) 宮脇町長、答弁。

境港市議会 2014-12-08 平成26年第5回定例会(第2号12月 8日)

先般、海とくらしの史料館で開催された市の文化財写真で写し、展示した写真展がありました。この写真を1冊のガイドブックにしたらどうでしょうか。解説入りで、子供からお年寄りまで楽しめるガイドブックをつくるのです。  図書館の整備については、いろいろな考えがあるかと思いますが、海とくらしの史料館内に移設し、図書館、市史編さん室、市の文化財保管室などを総合的に整備し、一元化する案を提案いたします。

境港市議会 2014-03-25 平成26年第1回定例会(第5号 3月25日)

これは70歳以上の高齢者、障がいのある方が市民体育館、市民温水プール、海とくらしの史料館を利用する場合には、使用料などを無料とするものであります。  委員からは、使用収入の減が予想されることから、指定管理者への管理料の補填の考え方についての質疑や、指定管理者との十分な協議の必要性について意見がありました。  採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。