2520件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

湯梨浜町議会 2020-07-20 令和 2年第 7回臨時会(第 1日 7月20日)

くまでは、当分、予防対策感染防止対策を十分にやっていくということで、東京以外は全部オーケーですよという話ですかというのが1点と、それから、こういうことを受けて、GoToキャンペーンで予約というのが結構入ってきているもんですかというのと、それから、実際もうちょっと町長に聞きたかったのは、国民宿舎が一般的に経営がそんなにうまくいってない状況のときに、コロナの関係でさらに営業収益、利益が減少、赤になる可能

北栄町議会 2020-07-10 令和 2年 7月第6回臨時会 (第 1日 7月10日)

もちろん協議の中で、期間を延ばすとかというような話も中では出ましたが、やはり同じ商品券で、片や期限を過ぎても使えるものとそこまでしか使えないものがたとえ1つであっても混在すると、使われたのを見られると、やはり使えるんだということの誤解を招いた形での混乱を招く可能もあると思います。

北栄町議会 2020-06-25 令和 2年 6月第5回定例会 (第10日 6月25日)

地方創生監(渋谷 潤君) 今回のバイオマスボイラーにつきましては、これまで行いました事業の実現可能調査ですけれども、昨年度行いましたけれども、その中において、15年ということを耐用年数として計算を行っております。15年使うことを仮定した場合において、灯油ボイラーを使った場合と比べて経済合理性があるということが計算できましたので、今回導入に至ったものでございます。

米子市議会 2020-06-18 令和 2年 6月定例会(第4号 6月18日)

可燃ごみ処理施設施設規模につきましては、鳥取県西部広域行政管理組合において経済性環境保全性、持続可能等を勘案し、この圏域にとって最適な施設規模を決定されるものと認識しております。 ○(渡辺議長) 石橋議員。 ○(石橋議員) 旧態依然とした政策循環型社会を言葉だけの棚上げにする政策ではないかと考えます。超大型のごみ処理施設は、建設費維持管理費も大きな負担になりますし、運搬費も大きいです。

米子市議会 2020-06-16 令和 2年 6月定例会(第3号 6月16日)

○(岡田議員) 先ほども言われたように、第二波、第三波ということを考えますと、検証する時間というのはあまりないようなふうに私も思っておりまして、日々いろいろとお忙しい中だろうと思うんですけれども、ぜひともそういう時間を取っていただいて、やっぱり働き方改革、要は働く人にとってよりよい働き方になる可能も十分あると思いますし、研究をしていけばいろんな可能が、このテレワークだとか在宅勤務というのはある。

米子市議会 2020-06-15 令和 2年 6月定例会(第2号 6月15日)

リモートでの授業と申しますか、在宅での「すらら」の導入とかもあって、準備は行われていますし、着々とさらに精度も上げていかれてる途中ではございますが、別な視点で、ちょっとこのリモートでの授業について伺いたいと思いますが、不登校、あるいはけが等で、先ほどあった長期欠席児童生徒に対して、これからはリモート授業を受けることで、踏み込んで言わせていただければ、出席日数に算入できるのではないかというこの可能

岩美町議会 2020-06-12 06月12日-03号

そして、この従軍慰安婦とかそういう問題がすりかえられて、国際社会での日本における女性への暴力問題とか人権問題へと変容していくというか、すりかえられていく可能もあるので、そこは気をつけたいなと思います。趣旨採択の立場で討論しました。 ○議長足立義明君) ほかに討論はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長足立義明君) 討論なしと認めます。 

伯耆町議会 2020-06-11 令和 2年 6月第 3回定例会(第1日 6月11日)

また、感染可能のある方を把握する手段として、各避難所にサーモグラフィーあるいはサーモカメラを設置してはどうか。3点目には、今般の新型コロナウイルス感染防止対策が盛り込まれた避難所運営マニュアルが作成されているかについて、以上3点でございます。町長考えを伺いたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。  

湯梨浜町議会 2020-06-11 令和 2年第 6回定例会(第 1日 6月11日)

イコール県外者というのはコロナ感染者になり得る可能のある人だから、ちょっとそういう人は来ないでおくれ、ちょっとここから去ってほしいと。これも実際に差別とは言いませんけども、差別につながっていく可能のある案件だと思います。そういうことも、私、先ほども言いました身近な問題、身近なテーマいうようなことにもなっていくと。