3016件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩美町議会 2021-09-12 09月12日-03号

これは回収に要しました事務費に対します県補助金といたしまして1万3,000円を収入いたしております。 次に、3款1項1目住宅新築資金等貸付元利収入でございますが、予算現額37万円に対しまして、調定額678万8,056円、収入済額は46万5,000円でございます。この内訳といたしまして、過年度分収入でございます。収入未済額は2件分で実人員2名、632万3,056円でございます。

岩美町議会 2021-06-12 06月12日-01号

いずれにいたしましても、町としましてはやはり行政回収、いわゆるステーション回収で収集した紙類、これは民間事業者へ町が売り払いをいたしておりまして、町の収入源にもなっております。こういったことを町民皆さんに広くお知らせをし、町民皆さんにご面倒でありましてもやはり行政回収、こちらのほうにご協力をいただくよう呼びかけていきたいというように思っているところでございます。

岩美町議会 2020-12-19 12月19日-02号

その他の経費では、平成30年度社会福祉費補助金等の額の確定に伴う返還金追加個人番号カード普及促進に係る経費追加ふるさと納税に係る寄附金収入見込み増に伴う基金積立金増額及び台風により被害を受けた定置網の復旧に係る支援経費追加などでございます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長足立義明君) 企画財政課長

米子市議会 2020-06-18 令和 2年 6月定例会(第4号 6月18日)

税金と違って収入による応能負担ではない、一律な料金、控除もありません。暮らしぶりに余裕のない家庭ほど負担が重いということになります。無料化に戻すのが一番だというふうに思いますけど、市民負担は極力軽くしなければならないのではないのか、ごみ袋代引下げを求めます。御答弁願います。 ○(渡辺議長) 朝妻市民生活部長。 ○(朝妻市民生活部長) ごみ袋代引下げについてのお尋ねでございます。

伯耆町議会 2020-06-17 令和 2年 6月第 3回定例会(第2日 6月17日)

3 失業、休業などによって生じる収入減に対する支援策を充実されたい。  4 小中高等学校臨時休校に伴う学力差の解消とともに、子どもたちの心身のケアを図られたい。  5 人権侵害防止を図られたい。  6 地域公共交通機関維持確保について充分な支援策を講じること。  7 地方創生臨時交付金のさらなる増額と、地方自治体が様々な課題に柔軟に活用できるような運用をすること。  

米子市議会 2020-06-16 令和 2年 6月定例会(第3号 6月16日)

○(岡田議員) まだ見通しが立たないという状況があるということなんですけれども、今の時点である程度、いろんな状況といいますか、情報なんかを集めてみますと、ある程度徴収等に関しては厳しい状況が出てくるんだろうというふうに思っておりますし、特に住民税等は前年度課税ということがございますので、前年度の所得に対しての徴収を今年されるということで、非常に昨年度と今年度では収入状況が大きく違うということで、納めていただくのに

米子市議会 2020-06-11 令和 2年 6月定例会(第1号 6月11日)

今回の専決処分の案件は、感染症予防対策のほか、独り親家庭への支援収入が落ち込んでいる事業者の皆様への支援など現下のコロナ感染症に対する支援といたしまして、緊急に対応するべき事案だというふうに認識して対応したものでございます。 ○(渡辺議長) 土光議員。 ○(土光議員) 理由は分かりました。

伯耆町議会 2020-06-11 令和 2年 6月第 3回定例会(第1日 6月11日)

補正内容は、歳入で、諸収入2,359万円の増額歳出では、前年度繰上げ充用金2,359万円を増額しています。補正額は2,359万円の増額となり、補正後の歳入歳出予算総額は2,379万2,000円です。  議案第46号、専決処分について(令和2年度伯耆索道事業特別会計補正予算(第1号))。  

八頭町議会 2020-05-12 令和 2年第 4回臨時会(第1日目 5月12日)

国庫支出金特別定額給付金事業補助金等、18億1,686万1,000円、県支出金は、障害児通所給付費県負担金等、47万4,000円、諸収入として自動車損害共済金、222万1,000円の増額であります。  次に歳出です。総務費の諸費でことし2月に除雪車が起こしました物損事故対応費用、222万1,000円、新型コロナウイルス感染症対策費に8,956万3,000円を計上いたしました。

米子市議会 2020-05-01 令和 2年 5月臨時会(第1号 5月 1日)

徴収猶予総合窓口設置事業は、感染症影響により収入が大幅に減少したことによる市税国民健康保険料後期高齢者医療保険料及び介護保険料徴収猶予申請について、窓口を一本化して対応するものでございます。  次に、民生費ですが、住居確保給付支援事業は、住居確保給付金について支給の対象が拡大されたことに伴う所要の経費追加計上するものでございます。

琴浦町議会 2020-04-22 令和 2年第 3回臨時会(第1日 4月22日)

主な歳入補正内容としましては、基金利子実績確定に伴う財産収入増額ほか、町道立子大熊線道路改良事業において辺地対策事業債を活用する予定でしたが、国の割当てが不足したため、公共事業等債への町債の振替を行っております。  また、主な歳出補正内容につきましては、民生費老人福祉事業において、個人から寄附を受けたことに伴い、平岩教育福祉振興基金へ積み立てるための経費追加しています。  

八頭町議会 2020-04-21 令和 2年第 3回臨時会(第1日目 4月21日)

歳入では、諸収入移住定住交流推進支援事業助成金、200万円を追加しております。  歳出では、総務費移住定住推進事業補助金に200万円、消防費防災対策費消耗品として、新型コロナウイルス感染防止のためのマスク等購入に637万8,000円を増額し、予備費で調整をいたしております。  地方自治法第96条第1項第2号の規定により、本議会の議決を求めるものであります。  

琴浦町議会 2020-03-23 令和 2年第 2回定例会(第5日 3月23日)

そして、そういう中にあって、財源不足収入不足と思われるのは、1,982万円だという。しかし、基金激変緩和恩恵、これはいわゆる一般会計に投入した、そのために激変緩和が行われたということで、恩恵であります。3,600万円基金があります。こういう状況の中で厳しい国保加入者の実態から考えて、できるだけ値上げは抑制的に考えるべきだと、これは当然のことだというふうに思います。  

岩美町議会 2020-03-23 03月23日-05号

これに対し、当初予算は、感染症の拡大前に前年度の収入状況を参考に見積もったものである。法人町民税における法人税割、入湯税などについて減収が見込まれるが、現時点においてはどの程度影響があるか予測がつかないとの説明がありました。 町税全般について、適切な賦課徴収に引き続き努めるとともに、県と合同で行う個人住民税徴収会議等を通じ滞納整理に一層取り組み、徴収率の向上を図るようにとの意見がありました。