385件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2021-06-28 令和 3年 6月定例会(第6号 6月28日)

が発表した数字にも、米子市、結構頑張っているという数字が載っていまして、大変頼もしく思っていたところなんですけれども、現在、議会開会中でもありますことから、ワクチン接種状況は刻一刻と最新のものをお伝えくださっております。ホームページでのワクチン接種情報は、しかしながら5月末現在の情報だけが載っているんですね。

北栄町議会 2021-06-10 令和 3年 6月第5回定例会 (第 7日 6月10日)

保健所の調査でも感染経路は分からなかったとの理由のようでしたが、以前、や鳥取県職員クラスター発生の際は、テレビ放送で、何月何日、何部何課の職員何名が何の目的で、どこで何をして感染したといった経緯が詳細に報告されていましたから、町長放送説明不足と思われたのでしょう。最も問題になるのは町放送の遅れであります。あの内容では、町民の不安解消にはつながりません。

北栄町議会 2021-06-09 令和 3年 6月第5回定例会 (第 6日 6月 9日)

文科省実態調査がされたということでありましたけども、本町ではどのくらいのヤングケアラーがいるのかは分からない、こういう御答弁でありました。それで今後、実態把握が、私は推進するべきだろうなと。こういって申しますのも、非常にたくさんの方が、若年層の中学生、高校生がそういうことで悩んでおられる、中学2年生の約17人に1人というようなデータがあるわけであります。

境港市議会 2021-03-15 令和 3年 3月定例会(第2号 3月15日)

国のほうからそういった、ではなくて内閣府のほうで医療機関がバーコードなりで入力をして、それが国のシステムに入るという情報までは来てるんですけども、そこから市のほうにデータをフィードバックできるかどうかというのは大量に出すというのはちょっと難しそうなので、一個一個見ていくというのはできるのかもしれないですし、その辺ちょっとまだ不確定なところが多いので、市のほうでも今の予防接種システムの改良をしまして

北栄町議会 2021-03-10 令和 3年 3月第3回定例会 (第 8日 3月10日)

これについては予定はされておられないようでございますが、のほうから都道府県に配備を要請したというふうにお聞きしましたけども、これについては御存じでしょうか。 ○議長前田 栄治君) 松本町長。 ○町長松本 昭夫君) 存じ上げません。 ○議長前田 栄治君) 斉尾議員。 ○議員(7番 斉尾 智弘君) 御存じの中で、個人では使えない。

北栄町議会 2021-03-09 令和 3年 3月第3回定例会 (第 7日 3月 9日)

事前接種実施における各自治体の、実際に示しました手引では、対象になる医療従事者の定義を、医師や看護師救急隊員自衛隊員に加えて、患者の搬送や対応に当たる可能性のある消防団員、薬局の薬剤師も対象とするとされております。しかし、どこまで含めるか、最終的には各自治体に委ねるとございますが、本町ではどの範囲まで含まれるのか、それを伺います。 ○議長前田 栄治君) 松本町長

米子市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第3号 3月 8日)

当時のの判断には、過誤、欠落があり、行政の裁量権を逸脱していると指摘し、減額処分を取り消すという内容となっています。生活保護利用者の暮らしの実態を踏まえず、削減ありきで基準を引き下げた政府の姿勢を断罪した判決となっているというふうに考えます。この判決に対する認識を伺います。 ○(前原副議長) 景山福祉保健部長

琴浦町議会 2020-12-11 令和 2年第10回定例会(第2日12月11日)

が発表してることをそのまま出してるところですけども、ただし、基本的には、町が通知をするためのシステム改修ということは必要になってくるところ、その予算化ということでありますので、どういう形で実施していくのかっていうのが、厚生労働省が発表されてるこっちまで来てないということでありますので、詳細について、詳しいことが分かれば補足説明すこやか健康課長に答えさせます。  

倉吉市議会 2020-12-10 令和 2年第9回定例会(第4号12月10日)

は、患者が増える事態に備え、両方の検査と診療ができる体制地域で構築することが急務であるとして、発熱などの症状が出た場合に、これまで医療機関を受診する前に、発熱帰国者接触者相談センターに連絡をしておりました。しかし、11月1日より、事前かかりつけ医に連絡する、そうした方式に変更になっております。  そこで伺います。

米子市議会 2020-12-08 令和 2年12月定例会(第4号12月 8日)

北海道や首都圏、関西、中部の一部などで、コロナ診療通常診療の両立が困難になり始めたと専門家が指摘しています。コロナだけでなく、がんや脳疾患心臓病や事故の大けがなどの患者も救えなくなります。医療の現場は病床も逼迫するが、人手不足が深刻で特に看護師が足りない、こう言われています。米子でも医療関係者感染者が出たことで危機感が増しています。

米子市議会 2020-12-03 令和 2年12月定例会(第2号12月 3日)

地域で取り組まれております健康づくりなどの活動に対しましては、の通いの場を開催するための留意点といったものがございますが、それを参考に、活動時における感染予防対策を個別にお示ししているところでございます。 ○(岩﨑議長) 渡辺議員。 ○(渡辺議員) うちにも86の母親がいるんですけども、怖くて外に出れないとかマスクをつけて歩くのが苦しくて嫌だとか言って、家から出ないんですよね。

鳥取市議会 2020-12-01 令和2年 12月定例会(第3号) 本文

コロナ禍の中で失業率等が悪化して、雇用情勢の影響により解雇・雇い止め等全国で7万4,000人とは発表しています。子供たちはとても敏感であります。親の状況を察知し、不安が増幅し、不安定な状況になることも推察するわけであります。学校においては子供たちはいろいろな場面で必ず何かのシグナルを発すると私は考えるわけであります。

北栄町議会 2020-09-10 令和 2年 9月第8回定例会 (第 8日 9月10日)

議員(7番 斉尾 智弘君) 私、ちょっと古い情報なんですけども、のほうのホームページ、こちらのほうで今年の5月1日現在ではこういう事例は報告されていないというようなことがありました。これを見たときに、生産者の方は感染する可能性はあるけども、そういう作った野菜、果物、生産物については普通の手洗い、うがい等をされていれば問題ないというようなこともホームページに載っております。

八頭町議会 2020-09-08 令和 2年第 8回定例会(第4日目 9月 8日)

の報告によりますと、東京都では2005年に納骨堂は310施設あったものが、2018年には433施設と増加しているとあります。新たに墓地を造成するよりも、室内納骨堂は狭いところでも建築できる、さらに墓石を建てる墓よりも安くできる。お参りしやすく交通便のよい場所にあることが多く、墓掃除も不要である点が遺族に支持されているとあります。  また、昨今先祖の墓を引っ越す改葬も増えております。