1966件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-09-26 令和元年第4回定例会(第7号 9月26日)

それで、これは夏休み期間中であったということですが、やはりこれは石が飛ぶような状況というのは非常に危険、見てとれるわけで、小石じゃないんだと思います。この損害額を見ても、ガラス代で6万4,000円と言ったら、これは相当な額です。だから、どういう計算でこれぐらいになってるのかよくわかりませんが、やはり安全対策をきちっととるべきだと思います。

伯耆町議会 2019-09-20 令和元年 9月第 4回定例会(第3日 9月20日)

個人情報や漏えい、プライバシー侵害する危険を抱えている一方で、国民には必要性が感じられない事業です。政府は閣僚会議でマイナンバーカード普及に向けた工程表、活用策を打ち出しました。公務員には全て持たせていく。そして国民健康保険証、このカードにその役割を果たさせるということを検討されています。そうあるならば、持ち歩いて紛失したり盗まれたりしたらどうするのか、不安が広がります。

北栄町議会 2019-09-18 令和元年 9月第6回定例会 (第14日 9月18日)

平成30年度が老朽危険空き家除却費助成で9件がございます。その中で……。(発言する者あり) ○議長(飯田 正征君) これは消防費の欄で。 ○議員(7番 斉尾 智弘君) 失礼しました。また後で。 ○議長(飯田 正征君) 1番、長谷川昭二議員。 ○議員(1番 長谷川昭二君) 主要施策の成果の20ページ、徴税費についてお伺いします。  

北栄町議会 2019-09-13 令和元年 9月第6回定例会 (第 9日 9月13日)

1つ目に、危険空家の解消について伺います。  1点は、北栄町空家等対策計画に基づく空き家のうちD判定の危険な空き家は、平成30年度までに23件の除却が行われたと伺っています。このD判定の危険空き家は現在45件あるということですが、これまでの除却によって特に自治会から対応を求められている住民の安全に支障を来すような危険度の高い空き家の解消状況はどのように進んでいるのでしょうか。

北栄町議会 2019-09-12 令和元年 9月第6回定例会 (第 8日 9月12日)

昨年度から、国の防災安全交付金を活用して、県内の災害を受けた河川災害危険性が高い河川から優先的に順位を決め、護岸整備や河床掘削などを進めており、災害危険ベルが低い河川については予算が確保できず、例年実施している通常の河川の維持管理が困難となっているとのことでございます。また、他の自治体からの同様の要望につきましても、お断りをしているとのことでございました。

倉吉市議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会(第6号 9月10日)

草も刈ってありますし、きれいでありましたが、公園管理の展望台、あずまや等もかなり老朽化して、ちょっと危険が増しとるような気がしますが、あそこはすごく多くの桜があり、景観のいいところですが、ああいうところの公園管理ももっとされるのなら、市民にももっともっと広報されたらいいかなと思いますが、そのあたり教えていただきたいと思います。  もう1点、10款の市営ラグビー場です。

倉吉市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第5号 9月 9日)

そういった中で初期消火というのは、消火栓の必要性というのはかなりここ数年で私、危険だというか、必要性というのは感じてきてるんです。その中でホースを補充するのに先ほどおっしゃってた器具格納庫が、あれは4本入るのかなと。

伯耆町議会 2019-09-06 令和元年 9月第 4回定例会(第2日 9月 6日)

コッペパン輸入のみの場合は0.04%、国産の場合だったらもう全然検出されていないというのがこの分析センターの検査結果になっておりまして、先ほど言われたように、アメリカカナダからの輸入物があるということは、非常に危険な状態が今生まれてきているという状況でありますので、数値自身が安全ですというのは、国が基準を上げてきているからひっかからないというだけのことでありますので、ぜひともこの現実の状況を見ていただいて

北栄町議会 2019-09-05 令和元年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 5日)

空き家対策事業、老朽危険空き家の除去支援事業です。こちら表の中をごらんください。空き家対策ということで、平成30年度9軒の除去を行っていただきました。空き家の把握数ですが、年度末で313の把握をしております。引き続きしっかり対応していきたいと考えております。  ⑤です。自治会の除雪活動支援でございます。昨年度は雪がほとんど降りませんでしたので、除雪経費の補助は行っておりません。

倉吉市議会 2019-09-04 令和元年第4回定例会(第3号 9月 4日)

その主なものを確認してみますと、当然特定空き家であると、倒壊の危険があるということ。それと、今回特に相続者が全員、相続放棄をしておる。3名いらっしゃるみたいでございますが、3名ともども相続を放棄していらっしゃるということが大きな要因があると思います。それで、倉吉市内には、こういう特定の危険建物がほかにも点在してるわけでございます。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会〔資料〕

既に本市における空き家の状況を調査され、相当数の危険な状態にある空き家の存在が明らかになっています。 一方で、空家等除去事業費補助金の交付実績を見ますと、危険性のある空き家の数に比べてわずかしか撤去は進 んでいません。  今後の取り組みについては、鳥取市空家等対策議会を設置し検討されていますが、市民の安心・安全を守る ため、具体的かつ中長期的な計画を策定され、対策を講じられるよう求めます。  

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第8号) 本文

既に本市における空き家の状況を調査され、相当数の危険な状態にある空き家の存在が明らかになっています。一方で、空家等除却事業費補助金の交付実績を見ますと、危険性のある空き家の数に比べてわずかしか撤去は進んでいません。今後の取り組みについては、鳥取市空家等対策議会を設置し検討されていますが、市民の安心・安全を守るため、具体的かつ中長期的な計画を策定され、対策を講じられるよう求めます。  

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会 目次

みについて) ………………………………………………………………………………………………… 131 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 131 椋田昇一議員(要望) ………………………………………………………………………………………… 131~132 荻野正己議員(~質問~河原市民プール日本水泳連盟公認の継続申請について、千代川  水系における氾濫の危険

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第2号) 本文

行方不明捜索要請の増加や鳥取市自治連合会からの要望を踏まえまして、認知症行方不明者の捜索のように、市民生命危険が及ぶおそれがある場合の放送基準について改めて整理いたしまして、基準を明確にした上で、休日を問わず防災行政無線での放送を可能とする運用への見直しを行うように調整を進めております。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第3号) 本文

昨年の7月豪雨を教訓として、本年3月に避難勧告等に関するガイドラインの改訂が行われ、住民が危険性を直感的に理解し行動に移すことができるように、ことしの出水期から、防災情報と連動して住民がとるべき行動を5段階に分けた警戒レベルを導入することで、避難のタイミングを明確にし、住民の速やかな避難行動に結びつけていくこととしております。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第4号) 本文

鳥取市でもその危険があることを私たちは認識しなければなりません。昨年の西日本豪雨の際には、千代川流域の湖山、若桜、智頭の3地点の観測所で48時間雨量、72時間雨量が観測史上1位を記録しました。行徳、袋川、用瀬の3つの水位観測所で、幸い、氾濫危険水位までは達しませんでしたが、避難断水位を超過いたしました。

倉吉市議会 2019-07-04 令和元年第3回定例会(第6号 7月 4日)

これから、攻撃機、戦闘機ミサイルが、秋田県山口県など、地方に配備される危険が増している中で、地方議員としてこうした問題に対し、背を向けずきちんと向き合うべきであると考えます。陳情第6号、第8号を採択し、第12号を不採択にすることを議員各位に訴えるものであります。  次に、市内湊町の池原さんから出されているハンセン病患者家族に対する救済を求める陳情であります。

米子市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会(第6号 7月 2日)

また、そもそも普天間基地移転の問題は、当該基地があることで生じる危険をどう回避するかという議論から始まったと認識しており、そのことも含めて基地安全性や場所等を市議会で議論するには、実際に開示されている資料が少な過ぎるため、意見書提出については賛同できないとの不採択を主張する意見がありました。採決した結果、可否同数となり、委員長裁決により採択しないものと決しました。