324件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-09-18 令和元年 9月第6回定例会 (第14日 9月18日)

滞納処分による短期保険証の交付でありますけれども、その交付基準について滞納期間がそれぞれの町で決められているんですけれども、南部は滞納分が複数年度にわたるということになっておりますし、江府町は前年度以前分の滞納の有無、湯梨浜町では過年度の滞納が2年以上と滞納が2年未満ほかとなっておりますけれども、北栄町の場合を見ますと前年度分を滞納となっているわけでして、これはほかの町よりも厳しい取り立てになっているんではないかというふうに

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第6号) 本文

実は、新聞なりテレビですけれども、8月9日に鳥取県自治体代表者会議・鳥取県地方分権推進連盟というところで平井鳥取県知事、藤縄県議会議長鳥取市長深澤市長、代理で倉吉の石田市長、それから鳥取県議会議長会会長・鳥取市議会山田議長、それから鳥取県町村会長・宮脇湯梨浜町長、鳥取県の町村議会議長会長・秦南部議長が同行されて、柴山文部科学大臣宛てに、ここが聞いていただきたいんですが、幼児教育保育の質が一定以上

湯梨浜町議会 2019-06-14 令和元年第 5回定例会(第 8日 6月14日)

その「カラフル」というのは地方創生ラウンジということで、今の参加自治体というのが生涯活躍のまちをやっている全国の5自治体ということで、鳥取県では県のほうが出資加入いたしまして、南部、湯梨浜町とで参加自治体ということでその「カラフル」に加入して、そこが中心となりながら全国発信であるとかそういった移住定住相談窓口、そういったイベント企画というでしょうか、そういったものをやられるというところがございます

伯耆町議会 2019-03-20 平成31年 3月第 1回定例会(第4日 3月20日)

保育所長寿命化改修事業設計委託料に650万5,000円、少人数学級実施事業に1,000万円、青雲寮長寿命化及び複合化改修事業の設計委託料200万円、民生費では、出産する際に医療機関まで交通手段がない場合及び人工透析患者医療機関へ通院するための交通費について助成を行う病院交通費助成事業に30万円、また、検診事業予算額は3,117万8,000円、特に胃がん検診、ピロリ菌検査については医療機関委託検診を拡充し、西部圏域の米子市南部

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

ですからこそ、だからこそ、西部圏域で制度を一本化して、どこの市町に立地しようとも、自分のところから、例えば伯耆町の住民の方が南部の一企業にお勤めになった場合には、同じように雇用の促進支援をしようかとか、そういうことをやってきて、ある程度のところまで来たという現状がありますね。

琴浦町議会 2019-03-12 平成31年第 2回定例会(第4日 3月12日)

立ち上げたときに、その総合戦略の中にそういう格好で自治センターということは多分、ちょっと私も確認してないですけども、そういう考え方じゃなくて、走っているうちに、あるいはいろんな事例を見る中で、県内でしたら南部だとか、今、地域の力が人口が減少していく中で、やっぱり人が少なくなってくると自治力というのが落ちてきてると思っております。

倉吉市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第4号 2月28日)

それから、南部平成29年度は金額1食当たり小学生で24円の補助、小中ともに就学援助は100%。伯耆町、これも1食当たり100円の補助と、それから就学援助は100%。ほかも日南町や琴浦町、湯梨浜町、八頭町、みんな、就学援助は100%です。  就学援助っていうとちょっとあれですけども、今、倉吉市の児童生徒の約8人に1人が就学援助を受けている。

倉吉市議会 2019-02-25 平成31年第2回定例会(第2号 2月25日)

策定団体の例としては、鳥取県西部7町の町村、日吉津村、大山町、南部、伯耆町、日南町、日野町、江府町が合同で鳥取県西部町村国土強靱化地域計画平成30年3月に策定されていることが報告されています。  まず初めに、倉吉市としても国土強靱化計画を策定し、それに基づいた防災減災に取り組むことはとても大切なことだと思いますが、中部は1つとしてあらゆる取り組みがなされています。

湯梨浜町議会 2018-12-12 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日)

翻って県内を見れば、以前から有名な観光地は、砂丘、浦富海岸、三徳山、三朝温泉大山、皆生温泉であり、その後、南部などにあるフラワーパーク花回廊を初め、市町の企画による新しいコンセプト、構想、発想を中心にしたまちづくりの事例が幾つかできています。鳥取市鹿野町の城下町景観、倉吉市の赤瓦、北栄町のコナン、境港の鬼太郎などがあります。

琴浦町議会 2018-12-11 平成30年第 8回定例会(第3日12月11日)

○町長(小松 弘明君) それは、私はその会議、確認はしてませんけども、そういうことがあって、いろんなところに行ってみようかということで行かれてる事例がありますから、きっと、その最初の起点は、皆さんこういうことで、今回の質問にもありました、自治センターという形をとろうとしたら、南部でこういう事例があります、三次でありますとかといって、実際に行かれておりますので、提案というか、材料という提供はしておりますし

米子市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第4号12月11日)

我々住んでる尚徳中学校区というのは、隣接する南部、また伯耆町、そういった方面から水が流れてきておる。その流れてきた水を持って耕作をしていくわけなんですけれども、お話を聞いてみますと、たまにですけど、そんなしょっちゅうではないんでしょうけども、上流からごみ、あと、ふん、そういったものがどんどん流れてくることもあるよと。

琴浦町議会 2018-12-10 平成30年第 8回定例会(第2日12月10日)

去年、おとどしあたりでも、古布庄もそうでしたし、それから以西の協議会もそうでしたけども、何を目指していくのかといったときに、公民館公民館としてあるにしても、地域地域力が落ちていくのを何とかするためには、自治センターという考え方で、県内でしたら南部、それから広島の三次にも視察に行かれたりして、そこで社会教育法上の話ではなくて、みずからがいろんな施設を管理することによって、そこの地域の活性化ができたり

伯耆町議会 2018-12-07 平成30年12月第 4回定例会(第2日12月 7日)

その際には、本町職員南部職員と一緒に立ち会いをしているところです。以上です。 ○議長(篠原 天君) 森下議員。 ○議員(2番 森下 克彦君) 今お話がありまして、事業者のほうからは現地説明をしたいということでの地元説明会を開きたいということで話があったんですね。それに対してはどういった対応だったんですか。 ○議長(篠原 天君) 地域整備課長

倉吉市議会 2018-12-06 平成30年第6回定例会(第4号12月 6日)

南部、2分の1、10万円。伯耆町、5分の2補助の18万円上限。北栄町、18万円上限、5分の1。江府町、2分の1、18万円。県の事業に上乗せする形でやっぱり取り組んでいます。そこのセンターも、こういう冊子を出して、本当に体に優しい、特にお年寄りとか疲れた方には本当にいい効果があると。

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会 目次

に対して地元や周辺地域住民から出ている意  見について) ………………………………………………………………………………………………… 114 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 114 環境局長(答弁) ……………………………………………………………………………………………… 114~115 金田靖典議員(~追及~鳥取西部風力発電事業に対して南部

北栄町議会 2018-09-13 平成30年 9月第6回定例会 (第 8日 9月13日)

自治会まちづくり役員研修会に、過去、南部地域振興協議会による地域づくり、いんしゅう鹿野まちづくりの活動・連携、高齢者の生きがいづくりと公民館など、当町の自治会組織より地域を広げた公民館組織、地区協議会、地区振興協議会などの研修を行ってきています。また、ことしの秋には雲南市への地区協議会研修が予定されています。これらのことは、今後の北栄町自治会組織を展望した流れなのか伺います。  

琴浦町議会 2018-09-07 平成30年第 6回定例会(第3日 9月 7日)

私は、そのときに、ここの広島に行ったときもそうでしたし、広島以外にも県内では南部とか、そういう形でやっていらっしゃいます。1つの単位ということでいくと、昭和合併の町村が1つの単位になるのかと。それは、別の見方をすると、地区公民館単位になると思います。それぞれの今、2月になってから、いろんなところで意見交換していく中に上郷地区もありました。古布庄もありました。