14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

琴浦町議会 2016-12-08 平成28年第 7回定例会(第3日12月 8日)

半導体生産の約4分の1は九州に集積している。また、自動車産業の拠点も東北及び九州へのシフトが進んでいる。これなぜシフトが進んでいるかというと、東北のほうとかに、これは雇用が少ないといいますか、有効求人倍率が少なくて人が集まりやすいとか、そういう事情もあったりするということで聞いております。それで、熊本地震の恐ろしさを考えれば、九州への半導体自動車への集積は危ない。

鳥取市議会 2016-12-01 平成28年 12月定例会(第2号) 本文

北海道東北九州アジア向けの半導体製造装置やスマホ用集積回路、ICの生産が好調、中国地方は三菱自動車の水島製作所の生産再開で自動車が持ち直し、四国造船業などが堅調だったとし、私たちが住んでいる中国地方の景気状況判断は穏やかな回復基調が続いているでありました。  なお、経済産業省は、10月の鉱工業生産指数は98.5となり、前月に比べ0.1%上昇し、3カ月連続の上昇と報告。

鳥取市議会 2009-02-01 平成21年 2月定例会(第3号) 本文

自動車、家電、半導体など、輸出関連業種を中心に直撃し、受注量は大幅に減少しております。また、製造業の生産活動悪化に伴う需要激減などにより、非製造業の経営環境も厳しさを増しております。本市の中小企業は極めて深刻な状況にあるというふうに認識しておるところでございます。  次に、金融関係でございまして、セーフティーネットの認定状況はどうかということでございます。  

境港市議会 2008-09-09 平成20年第3回定例会(第3号 9月 9日)

発光ダイオード(LED)については御周知のことと思いますが、その特徴として従来の白熱電球蛍光灯に比べ消費電力は数分の1から10分の1程度と低く、直流低電圧のため製品の小型化、軽量化が容易であることや、発熱も白熱電球のフィラメント部分の1,200度に比べ20分の1の60度程度、また半導体のため水銀、鉛などの有害物質を含まず、寿命も4万時間で故障もほとんどないということであります。

倉吉市議会 2001-09-06 平成13年第4回定例会(第4号 9月 6日)

具体的には、議員も御承知のとおり、世界的な情報技術、いわゆるIT関連産業の急速な冷え込みによりまして、半導体等の不振が長期化するのは必至として見ておりますが、これらの業種もさることながら、今後も広い視野に立ちまして各種製造業の誘致に努めるとともに、これからの成長業種であろう環境福祉情報バイオテクノロジーナノテクノロジー等の研究開発型や先端技術型の企業を視野に入れ、本市産業の活性化と新たな雇用

米子市議会 1999-03-10 平成11年第414回定例会(第2号 3月10日)

このマイクロコンピューターチップという新聞の記事から見ますと、ちょっと御紹介しますが、これは身の回りのマイコン、演算装置や記憶装置を組み込んでコンピューターの機能を持たせた半導体チップがマイコンだと。これが自動車ならエンジンの噴射制御やブレーキ制御などで50個以上が使われていると。最新の通勤電車では1両当たり200から300個、飛行機には500個以上も組み込まれている。

鳥取市議会 1998-09-01 平成10年 9月定例会(第2号) 本文

その内容は、半導体、パソコン関連製品、産業用機器など主力製品の不振が収益を直撃したとのこと。そして、同社では、この事態を乗り切るため、今年度内に従業員7万1,000人のうち3ないし4,000人削減の上、これまでの総合路線を転換して事業の選択と集中を進めるなど、大規模なリストラに取り組むというのでした。

倉吉市議会 1997-03-12 平成 9年第2回定例会(第4号 3月12日)

次に、先端技術あるいは高付加価値型企業というのはどのような業種でどのような企業のことを言っておるのかということでございますが、先端技術、高付加価値型企業については、明確な定義、規定はありませんけれども、研究開発と製造を一体化した企業が高付加価値型企業であり、具体的な業種といたしましては、半導体、液晶、ファインセラミックスまたはこれらの製造装置産業ロボットなどであるというふうに認識をしておるところでございます

米子市議会 1996-12-09 平成 8年第401回定例会(第1号12月 9日)

半導体産業あるいは新素材産業、バイオ施設など、これから先端技術産業の立地をめぐってさまざまな問題が起こってくると思います。この先端技術産業に対する環境安全対策をぜひ環境基本条例の中に必ず盛り込まれるように改めて強く求めて、私の討論を終わります。  以上です。 ○議長(間瀬庄作君) 以上で通告による討論は終わりました。  ほかに討論はありませんか。               

米子市議会 1996-03-27 平成 8年第398回定例会(第7号 3月27日)

先日もNHKスペシャルで半導体工場の公害問題を取り上げておりました。劇物、毒物を多数使う工場の実態、排水、廃棄物処理の問題など、先端産業の陰の部分を伝えていたわけですけれども、この米子富士通については使用物質の把握、あるいはすべての物質の環境基準の設定、検査結果の公表などを主張してきたわけですけれども、いまだに米子市富士通との間の公害防止協定は不十分なままであります。

米子市議会 1994-03-16 平成 6年第387回定例会(第6号 3月16日)

そういう意味でいえば、以前問題になっておりました半導体製造と同じように洗浄等で有機溶剤を使うということが考えられるわけですけれども、いろいろ化学薬品使用されると思うわけです。そういう点で、その薬品について物質名なり、その処理方法ということで市としてきちっと把握しておられるのかどうかお尋ねしたいと思います。  

  • 1