965件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩美町議会 2022-12-17 12月17日-01号

その支援というのは、やはり外部からのいい意見を助言する、そういう人材は誰であるのかということでありますけども、それは集落担当員制度というものだと思っております。私は、集落担当員がこの重要な役割を果たさなければならないと思っております。 それでは、そこで集落担当員制度の活用について伺わさせていただきます。 

岩美町議会 2021-09-12 09月12日-03号

地方税滞納整理機構というのは、まず県税、町税というものが一緒になっております、住民税をともに集めていこうということ、また県のほうも町村が集める中、県税も入っておりますんで、技術助言等を行う中で滞納金の整理を行っていこうという考えであります。 その後段として、まず鳥取県地方税滞納整理機構という機構が出ますけど、この概要をちょっと簡単に説明させてください。 

八頭町議会 2020-03-11 令和 2年第 2回定例会(第3日目 3月11日)

また、それぞれの区域の特徴に応じた適応計画の策定、情報分析や技術助言を行う拠点の整備、防災農林水産業等の施策との連携が努力義務とされております。全国的に見ましても策定済みとなっておりますのは、29の都道府県と市となっておりますが、八頭町におきましても現在、計画は未策定ということであります。

岩美町議会 2020-03-11 03月11日-03号

先ほども申し上げましたけれども、やはり地域で行う防災訓練であったりという部分については、助言者としてであったりというような活動も今後そういった取り組みも考えていきたいと思っておりますし、また例えば先ほど来、川口議員がおっしゃっておりました自主防災組織、こういった部分の活動のあたりにおいても、あるいはその立ち上げにおいてもやっぱり専門的な知識等で助言が要るという場合でありますれば、都合がつく限りそういった

倉吉市議会 2020-03-10 令和 2年第2回定例会(第6号 3月10日)

それから、説明を伺う中で、倉吉市テニス協会からの助言指導もあったと説明を受けました。そんなんの中身を、よくわかるように、まず説明してもらいたいと。よろしくお願いします。 ○教育委員会事務局長(山中敏幸君) まず、今の市営庭球場の利用状況についてお話をさせていただきますが、市営庭球場は昭和48年に設置されたものです。

琴浦町議会 2020-03-06 令和 2年第 2回定例会(第3日 3月 6日)

そういう方々が子供に対してどう助言していくかということを、教育長なり町長なりが指針といいますか、一つきっかけになるものを答えてくだされればいいのかなと思って、だから、難しい話かもしれませんけども、行政マンという立場ではなくて、子育てが終わられた親という立場で、ちょっと意見を聞けたらというふうに思うんですけども、いかがですか。 ○議長(小椋 正和君) 小松町長。

倉吉市議会 2020-03-05 令和 2年第2回定例会(第4号 3月 5日)

県が行われる行政指導監査の中でも、施設内の物品の転落や家具の転倒による事故を未然に防ぐための指導助言を受けているところであります。危険箇所の改善、保育士による危険箇所の情報共有、日常点検というものが重要だということから、これらについては重点的に行うよう指導をしているところでございます。以上でございます。

倉吉市議会 2020-03-04 令和 2年第2回定例会(第3号 3月 4日)

これらについては、この空き家等の現地調査や所有者等の調査を行って、法に基づいた助言指導を、文書等で必要な対策と適切な管理を求めて、所有者の理解増進を図るように取り組んでいるところでありますし、倉吉市老朽危険空き家等除却支援事業補助金ですとか、倉吉市震災に強いまちづくり促進事業補助金によって、これらの支援も行っているところであります。  

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第3号) 本文

まず、2018年に公布された改正水道法には広域連携の推進が盛り込まれており、国や県を通じて事業の広域化・共同化を進めるよう指導助言等がなされ、全国ではさまざまな検討が行われています。鳥取県においても、鳥取県下水道に係る広域化・共同化等検討会が行われていますが、これまでの検討状況についてお伺いします。  

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第4号) 本文

検討委員会、専門部会の指導助言も受け、地域文化財関係団体から聞き取りを行うなどして基本方針を作成しているところでございます。3年目となります令和2年度には、パブリックコメント等を実施した上で、年度末までには策定を予定しております。  また、関係機関や庁内関係課とも連携を図り、令和3年度以降策定する文化財保存活用地域計画等によって、具体的な事業に結びつけていきたいと考えております。  

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第6号) 本文

また、県教育委員会のICT等を活用した不登校児童生徒への自宅学習支援事業、これを紹介して、学校の教職員や県の自宅学習支援員、そして御家族、こういった方々の助言や励ましを受けながら学習を進めている生徒もいるところでございまして、こうした進路実現に向けての支援も行っているところでございます。  

境港市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3号12月10日)

本市では、現在、鳥取県から提供された計画策定の支援ツールであります標準ひな形の項目に従いまして検証を行っており、策定に係る進め方についても、先月、鳥取県と協議を行い、助言をいただく体制を整えたところであります。計画策定につきましては、今後、鳥取県と連携、調整を図りながら、庁内の関係各課で協議を進め、早期に策定できるように努めてまいります。  

境港市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会(第2号12月 9日)

この制度の中では、上司と部下が年に数回の面談を行い、部下は上司助言指導を受け、目標を設定、計画的に業務を遂行し、上司の評価を受けた後また次の目標に向かって業務を遂行する、今、職員はこのようなサイクルで公務を遂行してるところでありますが、人事評価制度の継続により徐々にではありますが、着実にレベルアップが図られているものと認識をしております。  次に、交通安全研修も繰り返し実施していただきたい。

北栄町議会 2019-12-09 令和元年12月第9回定例会 (第 1日12月 9日)

改正前の条例では、交付申請の前段階として指定申請制度を設けて導入する設備や建物、土地などについて資産の指定を一つ一つ行って投下予定の固定資産を把握しておき、予算の確保や投下される資産が導入計画から費用対効果などによっては国の支援に該当しないかなど指導助言をしておりましたが、この指定作業のために業務が煩雑になるだけではなく、申請事業者へも都度都度の申請や計画書の提出や変更などで手間と時間がかかる作業

伯耆町議会 2019-12-06 令和元年12月第 5回定例会(第2日12月 6日)

これらにつきまして、新たに出てこなかったところには侵入防護柵を設置するとか、あと、電気柵につきまして、緩んでいるとか、下の草に当たっとって漏電してききが悪いというようなことがありますので、その辺のところの正しい設置の方法の指導とか、イノシシを余り寄せつけないような環境づくり等の指導助言などを充実させていけたらというふうに考えております。以上です。 ○議長(幸本 元君) 幅田議員

倉吉市議会 2019-12-05 令和元年第5回定例会(第4号12月 5日)

こうした際には、防災安全課の職員防災普及指導員による助言や派遣指導、あるいは訓練物品の購入補助防災行政無線を使った訓練、地図を用いた訓練の実施など、集落の意向を伺いながらサポートをしているところであります。ぜひ取り組みを進めていただければありがたいなと思っております。  ことしは特に総合防災訓練を小鴨地区で実施をさせていただきました。

倉吉市議会 2019-12-03 令和元年第5回定例会(第2号12月 3日)

そして、学校関係職員ですけれども、学校関係の職員は専門的立場から助言するという意味で委員の中に入れておりますが、現在は校長先生等この協議会には出ていただいてはおりません。第6条の設置の期間です。協議会の設置期間施行日から検討及び調整が完了するときまでと定めております。 ○11番(藤井隆弘君) ただいま小学校適正配置協議会の概要をお聞きしました。