3511件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-07-04 令和元年第3回定例会(第6号 7月 4日)

陳情第13号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2020年度政府予算に係る意見書提出については、異議なしにより採択すべきものと決定をいたしました。  以上、簡単ではありますが、教育福祉常任委員会の委員長報告といたします。 ○議長(坂井 徹君) 次に、総務建設常任委員会委員長の報告を求めます。  12番佐々木敬敏議員

北栄町議会 2019-07-01 令和元年 6月第4回定例会 (第 5日 7月 1日)

2、子ども・子育て支援新制度地域医療の確保、地域包括ケアシステムの構築、生活困窮者自立支援介護保険制度国民健康保険制度の見直しなど、急増する社会保障ニーズへの対応と人材を確保するための社会保障予算の確保及び地方財政措置を的確に行うこと。とりわけ保育の無償化に伴う地方負担分の財源確保を確実に図ること。

境港市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第5号 6月26日)

次に、陳情第6号、教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2020年度政府予算に係る意見書採択に関する陳情は、教材研究授業準備の時間を十分に確保できない学校現場の状況の中で、その課題を解決し、子供たちの豊かな学びを実現するために、教職員の定数改善と義務教育費国庫負担制度の割合を2分の1に復元することを求めて国に意見書を提出する趣旨のものでありました。  

倉吉市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第5号 6月24日)

まず、この事業、先ほど説明がございましたけれども、いまだ資金の面で住宅等、主に屋根が修繕できていない生活保護世帯を対象に、この制度を使って修繕していただくというものでございます。  御質問といたしましては、7世帯以外に修繕を要する生活保護世帯はあるかなしかという話でございますけれども、こちらにつきましては、この制度を活用して修繕することを希望された世帯を対象としておるというところでございます。

倉吉市議会 2019-06-20 令和元年第3回定例会(第4号 6月20日)

122名の方から回答いただいておりますけれども、自主返納の理由としては、運転に自信がなくなったという方の割合が44.2%、家族、近所の方に進められたというのが32.6%、市の支援制度が始まったからというのは10.1%というような状況になっております。

米子市議会 2019-06-20 令和元年 6月定例会(第4号 6月20日)

○(杉村経済部長) 消費税率の引き上げに伴います軽減税率制度の導入やポイント還元等の地元企業の対応の状況についてでございます。米子商工会議所と米子日吉津商工会にそれぞれお聞きいたしましたところ、各企業におかれましてはPOSレジの導入など、改正消費税制度への対応を粛々と進められてる状況であると伺っております。

倉吉市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第2号 6月18日)

したがいまして、この体育館利用の減免制度について、できれば県の基準に合わせ、倉吉市も70歳以上の減免について団体利用を検討されるのがいいんではないかと思いますが、まずお答えをお願いします。 ○教育長(小椋博幸君) 大津議員の御質問にお答えを申し上げます。  体育館の減免の基準、特に高齢者団体のことでございました。

北栄町議会 2019-06-18 令和元年 6月第4回定例会 (第 1日 6月18日)

これは生活保護制度改正に対応するため、システム改修作業のための費用でございまして、この費用につきましては財源内訳のとおり国から2分の1の補助があるものでございます。  次に、めくっていただきまして12ページ、一番上をごらんください。2項9目子育て世帯臨時特例給付費として76万7,000円を計上しております。こちらは未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時特例給付金の実施に伴う費用でございます。

境港市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4号 6月17日)

第1 会議録署名議員の指名 第2 一般質問 第3 議案第30号〜議案第33号 第4 請願第2号 「最低賃金の改善と中小企業支援の拡充を求める意見書」の提出を国          に求める請願    陳情第4号 ハンセン病患者家族に対する救済を求める意見書の提出を求める陳          情    陳情第5号 スクールバス運行延長を求める陳情    陳情第6号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度

境港市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号 6月13日)

そういったのもあわせて今後の計画にこういった制度を利用するというお考えはいかがでしょうか。 ○議長(柊 康弘君) 答弁を求めます。  松本教育長。 ○教育長松本敏浩君) 今御指摘のありました、そういった事業の活用ということは今は考えておらないわけですが、いずれにしても将来的というような部分では随時研究をしていくということが必要だというふうに認識しております。

米子市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第1号 6月13日)

自主防災組織の結成促進につきましては、未結成自治会への戸別訪問を行うことなどにより一定の成果を得ているところでございますが、結成後におきましても防災訓練等の開催、防災資機材の購入など、地区の実情に応じた補助制度の活用のほか、今春改定をしましたハザードマップをもとに、避難講習を実施するなど、自主防災組織育成や活動支援についても体制を強化して取り組んでいるところでございます。  

湯梨浜町議会 2019-06-12 令和元年第 5回定例会(第 6日 6月12日)

いわゆる社会保障4経費が年々拡大している状況にあって、受益と負担の均衡がとれた持続可能な社会保障制度を構築し、子や孫といった次世代に安定的に引き渡していくためにも社会保障の充実、安定化は不可避であり、安定財源の確保と財政健全化を同時に達成していくことが急務であると認識しております。