17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

倉吉市議会 2019-12-04 令和元年第5回定例会(第3号12月 4日)

それで、先ほど議員おっしゃいました、今年度のインターネットサービスゲーム機利用のアンケートのことですけれども、これは倉吉教育委員会が主催をして実施したものではなくて、倉吉初等教育研究会という小学校先生方の任意の研究会があるんですけど、そこのICT活用委員会が主となり実施をされたものです。ですから、目的は各小学校の個別の課題を掘り起こしたい、実態をまず確認したいということです。

琴浦町議会 2018-03-07 平成30年第 3回定例会(第1日 3月 7日)

まちづくり最終目的とした場合、人は城、人は石垣、人は堀と武田信玄は言っていますが、まさにまちづくりは人にあり、特に初等教育、幼児教育が重要だと考えております。素直な心を持った子供を育てるにはどのようにすべきか。多忙感のある保育士、教職員の職場環境を改善することが重要であり、関係者と話し合いながら改善していきたいと考えております。  次に、仕事づくり

倉吉市議会 2017-12-06 平成29年第7回定例会(第3号12月 6日)

それから倉吉初等教育研究会、これの充実を図らなければいけない。特に小学校におきましては、小学校先生方平均年齢が50歳を超えました。ということは、あと10年すればもう半分は入れかわるということでございますので、ここのところを初等研究会としてもしっかりと取り組んでいただきたいということを考えているところでございます。  

鳥取市議会 2017-12-01 平成29年 12月定例会(第3号) 本文

次の質問に入らせていただきますけれども、女性が進出するためには初等教育から教育が重要になってくるんじゃないでしょうか。世界的に見ても日本教育は常に上位にありますが、教育での日本男女格差は、前年度76位から74位と、ちょっとですけれども、成果が上がっております。教育の場では、初等教育、中学校教育と、私がうん十年前に過ごした時代と大きく変わっています。

境港市議会 2017-03-08 平成29年第2回定例会(第4号 3月 8日)

○16番(安田共子君) 世界的に見ますと、OECD加盟国の中で日本初等教育、前期中等教育小学校中学校学級規模最大規模の一つだと、OECD加盟国の中で2番目に多いという統計がありますし、国連の子どもの権利委員会日本政府に対してこれまでたびたび過度に競争主義的な環境による否定的な結果を避けることを目的として、学校制度及び学力に関する仕組みを再検討することという勧告をしていますが、これについても

鳥取市議会 2015-02-01 平成27年 2月定例会(第5号) 本文

小学校中学校初等教育の早いうちから、お金の流れに興味を持ち、起業家精神・チャレンジ精神旺盛な人材輩出のために、必要な資質や能力をつけることが必要だと思います。また、起業家教育こそ地方で有効な施策だと私は考えております。  また、県外起業家教育導入事例が数多く報告されており、起業家教育とは無理やり起業化させるものではありません。木下教育長の言われる「障子をあけてみろ。

倉吉市議会 2014-02-26 平成26年第2回定例会(第2号 2月26日)

3点目は、先生方がおつくりになっている研究団体、例えば倉吉市の初等教育研究会中部地区小学校研究会中部地区中学校教育振興会、あるいは鳥取県の小学校研究会鳥取県の中学校教育研究会。それぞれに教科とか専門分野等研修の場を設けておられますので、そういったところに参加するものがございます。  4点目としましては、先ほど来上がっております学校における研修でございます。

伯耆町議会 2011-12-14 平成23年12月第 7回定例会(第2日12月14日)

議員(1番 篠原 天君) 主に小学生が対象ということだと思うんですけれども、特に中学校になりますとまた受験等もありまして、なかなかそういう自分の興味の赴くままにそちらだけに興味を集中するというわけにもいかなくなってきて難しい問題はあると思うんですけれども、やはりまず最初初等教育最初のところでいわゆる興味の動機づけをする。

北栄町議会 2010-09-17 平成22年 9月第5回定例会 (第 4日 9月17日)

そして国際人権規約A規約の第13条2項(a)では、初等教育は義務的なものとし、すべての者に対して無償のものとするという義務教育無償化条項について日本は1979年に批准をしています。しかし、義務教育無償と言いながら、無償とは大きくかけ離れ、保護者負担に依存しているのが実態であります。

倉吉市議会 2009-12-14 平成21年第12回定例会(第5号12月14日)

したがいまして、このドリル作成に当たりましては、小学校初等教育研究会、それから中学校の中教振といいますか、中学校教育振興会のいわゆる数学とか国語の先生方の力をかりながらそうしたものを、教材を開発して、そしてそれをCDに焼き、学校へ配布して、そしてそれを印刷ですね、何回も何回もやっぱり繰り返してやることが値打ちがありますので、そうしたところのために使う費用でございます。以上です。

倉吉市議会 2009-06-09 平成21年第6回定例会(第2号 6月 9日)

そうしたものでも私たちの方は教育委員会としましては、漢字、算数、数学に関しての計算ドリルを、倉吉市の教員の団体倉吉市の初等教育研究会中学校振興会、ここと連携しながら教材ドリルを開発しようとしております。そうした中で、そのドリルを買わなくてもプリントをする中でしていく。例えば具体的なものを考えているところでございます。  

鳥取市議会 2003-12-01 平成15年 12月定例会(第5号) 本文

鳥取市は大都会のように初等教育私立学校がなく、児童生徒学校を選択できない現状では、公教育が全面的に基礎、基本の学習に責任を負わなければなりません。  そこで、教育長にお尋ねします。  週5日制導入から完全実施までのゆとり教育について、学力低下生活習慣等鳥取市における実態調査を行われていますか。行われているとするなら、その実態をどのように評価し、2学期制に生かそうとしているのですか。  

倉吉市議会 2003-06-09 平成15年第6回定例会(第2号 6月 9日)

議員御指摘になりましたまず専門的な研修についてでございますけども、県の教育センター研修講座を中心としまして研修しておりますし、そのほかにも、倉吉初等教育研究会中学校におきましては、中学校教育振興会研究組織におきましても、事業研究をしたり大学の先生を招へいしたりして研修を行ってきております。

米子市議会 1999-06-16 平成11年第416回定例会(第3号 6月16日)

米子市立県校舎米子市立高校舎として2カ年間それぞれの校舎初等教育を推進し、昭和49年4月に実質統合したときの生徒数は312名でありました。現在、平成11年4月の就学児童数は604名であります。開校当時と現在を比較してみますと、生徒数は倍近くなっております。校舎建築の際、当時、本員も父母と先生の会の会長を承っており、当時のことは十分認識しておるつもりであります。

  • 1