8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

八頭町議会 2019-09-10 令和元年第 9回定例会(第4日目 9月10日)

最近はいわゆる水泳公式競技を行うプールというのは屋内が主流になっているということでありまして、この間、松田丈志さんをお迎えしてそういったお話を聞いたわけですけれども、なかなかそういった投資というのは非常に大変でございます。  できればそういう方向がよろしいのかなと思いますけども、体力づくりというのは何も水泳だけではないというように思います。

倉吉市議会 2018-09-11 平成30年第5回定例会(第6号 9月11日)

今後もそういう競技も一緒に使われていくのかなというのがありますし、もし可能であれば、グラウンドゴルフ倉吉市には公式競技場がありません。もしこれができるかできんかこれは私もわからんですが、もしそういうことが可能であれば公式のグラウンドゴルフの球場ができたらなと思いますが、そのあたりもお聞きをしたいと思います。まず2点、よろしくお願いします。

琴浦町議会 2017-09-11 平成29年第 5回定例会(第2日 9月11日)

設計変更してでもこの際、公式競技大会開催が可能な体育館、体育施設にすべきではないかと思います。これは町長と教育長に答弁を求めたいと思います。  2つ目に、国民健康保険都道府県化に対する琴浦町の対処方針について伺いたいと思います。  国民健康保険は、3割近くの町民をカバーする社会保障医療分野を担うものですが、都道府県化がいろいろ論議されています。

湯梨浜町議会 2009-03-07 平成21年第 2回定例会(第 2日 3月 7日)

国内では、2009年、ことしですね、新潟国体公式競技となることが決まっているそうです。ちなみに私はことしで48歳になります。なぜ私が年のことにこだわっているかというと、また後ほど述べさせていただきますが、オリンピック国体競技は、水泳が1.5キロ、自転車が40キロ、マラソンが10キロという、少し短い距離で競技が行われるようです。  

鳥取市議会 2000-06-01 平成12年 6月定例会(第5号) 本文

承知のように、鳥取県におかれましては、平成6年7月に国の保健体育審議会の答申に基づきまして、県大会はもとより全国国際レベル公式競技なども開催できる武道拠点施設として県立武道館を整備することが決定され、本年10月の開館予定に向けて建設中であることは御案内のとおりでございます。  

倉吉市議会 1999-06-16 平成11年第3回定例会(第4号 6月16日)

また、広域連合としてそういうような公式競技のできる、そういうような温水プールをこしらえてもらい、それこそオリンピック予選、各大学校の合宿にも来てもらえるような、そういう施設をつくり、この倉吉のまちのPR、また外に向けての発信につながるのではないかと、そう思うのであります。今のままの市民プール、これを興和紡の跡地につくって、外への発信が何か一つでもありますか。  

鳥取市議会 1999-03-01 平成11年 3月定例会(第3号) 本文

次に、県営武道館の移管についてでございますが、御承知のように、鳥取県におかれましては、武道拠点施設として、県大会はもとより国際全国レベル公式競技開催及び指導者養成等武道の振興を図るために、平成12年秋の開館予定に向けて、米子市に県立武道館建設中のことは御存じのとおりでございます。  

倉吉市議会 1998-12-14 平成10年第7回定例会(第2号12月14日)

ラグビー場が存在する間は当然のことながら公式競技で使っていただく必要はないわけでありますが、そういう仮にパークスクエアの整備と新しい競技場の設置との間に時間的なものが空いてしまう、使えない状態が出てくるというようなことがあるとすれば、ちょっと問題だというふうに考えておりまして、必ずラグビー場が撤去しなければならない時点には新しい多目的な競技場を設置できるような、そういう努力をしておるつもりでございます

  • 1