1589件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2020-06-11 令和 2年 6月定例会(第1号 6月11日)

次に、債務負担行為ですが、鳥取県西部総合事務所新棟・米子市役所糀庁舎整備等事業費につきまして、事業者公募手続など事業に着手するため、新たに設定をお願いするものでございます。  以上、一般会計の第5回補正予算につきまして御説明をいたしましたが、この補正予算の財源といたしましては、国県支出金及び地方債などによりまして、収支の均衡を図っております。

北栄町議会 2020-03-11 令和 2年 3月第2回定例会 (第 9日 3月11日)

それで、この前、行政報告会でしたかね、ドリーム農場のいわゆる地域おこしの人の公募をしたけども、5回されたそうですね、一人も応募者がなかったと。それで2人の職員さんも辞められた。それから責任者の人も辞められた。人手不足倒産の典型的な例なんですよ。それを町長社長をしておられた場合には、社長責任なんですよね。問題はそこなんですよ。

八頭町議会 2020-03-11 令和 2年第 2回定例会(第3日目 3月11日)

公募しなければならないので、時間がない、早くしなければならないということなのか。それとも、現在、一生懸命働いている職員のことは考えなくもいいというふうに受けとれます。臨時職員だからいいということではなくて、もっと職員を大切にする気持ちがあってもいいのではないかと思うが、改めて町長の考えをお聞きしたいと思います。

倉吉市議会 2020-03-10 令和 2年第2回定例会(第6号 3月10日)

令和2年度につきましては、公募により委託先を選定し、契約を締結する予定にしておりまして、いわゆるこの委託への準備期間であるために、予算の執行はなしとしているところでございます。 ○7番(鳥飼幹男君) 今、令和3年度から5年と言いなった。ああ、5年間という意味、わかりました。とりあえず令和2年度はその業務委託準備ということで。  

米子市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第6号 3月 9日)

その後は、PFI事業サービス提供料に係る債務負担行為につきまして、6月定例会でお諮りした後、7月ごろには事業者公募を行いたいと考えているところでございます。 ○(渡辺議長) 門脇議員。 ○(門脇議員) そこで、改めてお聞きしたいと思いますが、県との庁舎共同整備共同利用は、県・市連携による市民サービスの向上、あるいは業務相互補完等、こういうメリットがあると承知をしております。

倉吉市議会 2020-03-05 令和 2年第2回定例会(第4号 3月 5日)

そのときの経過は、平成26年の3月に廃園に対する反対陳情を採択された市議会の意向を尊重して、平成28年3月に倉吉公立保育所再編計画案を公表したわけでありますけれども、その後、民営化に向けて取り組みを進める中で、2度にわたる指定管理候補者公募が不調に終わって、改めて廃園方向性とすることをまず議会に報告をした上で、保護者説明をさせていただこうということで、そういう手順でやったわけですが、それが

倉吉市議会 2020-03-04 令和 2年第2回定例会(第3号 3月 4日)

きのうの質問にもございましたが、例えば閉校した旧山守小学校の今後の利活用公募しているけれども、まだ4年間未決のまま、放置とまでは言いませんけれども、やはりそのままになっております。市は対応条件について検討したいとおっしゃいましたけれども、とにかくスピード感がないのは私は確かだと思います。

琴浦町議会 2020-03-04 令和 2年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

これをスタートとして、役場職員が一丸となって、第2期琴浦町まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定し、有識者で構成する地方創生推進会議の御意見をいただきながら、最終素案に対する意見公募を行い、この3月中には最終決定することを予定しております。  いずれにしても、令和2年度の当初予算地方創生のさらなる推進を図りながら、多くの町民の声を聞き、持続可能なまちづくりを進めていきたいと考えています。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第2号) 本文

本庁舎・第二庁舎利活用方針については、大学教授を初め各関係分野一般公募など14名の委員で構成された現本庁舎等跡地活用に関する検討委員会において、跡地活用手順や手法について議論されました。このたびその報告がまとまったとの報道がありましたが、その内容について具体的にお尋ねいたします。  

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第3号) 本文

2点目が、鳥取砂丘西側開発につきまして、プロポーザル公募に期待したこと、また、最優秀提案について、その選定理由についてであります。  旧砂丘荘跡地柳茶屋キャンプ場などにつきましては、鳥取砂丘未来会議などで砂丘西側にぎわい創出に向けた新たな展開が求められていたため、今回、プロポーザル公募民間活力の導入を進めたものであります。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第9号) 本文

そこで、国内外から多くの人を呼び込むにぎわい拠点施設を整備する事業者公募型プロポーザルにより募集し、審査の結果、最優秀提案が選定されました。そして4つ星リゾートホテル開業や10年間の開業期間の履行、また土地の売買代金は1億2,000万円とするなど、優先交渉権者基本協定及び市有財産売買契約が調印されました。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第6号) 本文

本市もその一環として、長期にわたり活用が進まなかった砂丘西側市有地について、鳥取砂丘に新たなにぎわいを創出すべく、民間事業者の自由な発想により活用案を募集する公募型プロポーザルを2019年10月に実施鳥取砂丘関係の深い行政機関職員有識者で組織する審査委員会審査を経て、最も評価の高かったリゾートホテルに関する提案事業者を選考・決定しました。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第1号) 本文

活用していなかった鳥取砂丘西側市有地国内外から多くの人を呼び込む宿泊施設を誘致し、鳥取砂丘一帯魅力を高める取り組みを進めてまいりましたが、今月4日に公募型プロポーザルにより事業提案のあった株式会社dhp都市開発事業調印を行いました。令和4年秋には県内では初となる4つ星級リゾートホテルが誕生し、多くの観光客が訪れるにぎわい拠点施設として、鳥取砂丘に新たな魅力が創出されるものと期待しています。