13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

伯耆町議会 2019-09-20 令和元年 9月第 4回定例会(第3日 9月20日)

民間企業健康保険公務員関係共済組合など、それぞれの医療保険に加入しておりますが、皆さん、定められた料率によって給料から天引きされています。現在、民間健康保険料料率は11%から12%で、事業主と折半で徴収されます。誰しも保険料は安いがいいですし、医療費窓口負担も少ないほうがいいに決まっています。しかし、適正な負担があってこそ、安定した医療保険事業が持続されると思います。  

伯耆町議会 2019-03-20 平成31年 3月第 1回定例会(第4日 3月20日)

民間企業健康保険公務員関係共済組合など、それぞれの医療保険に加入しておりますが、健康保険料料率は、介護保険2号被保険者で11.7%となっております。誰しも保険料は安いがいいですし、医療費窓口負担も少ないほうがいいに決まっています。しかし、適正な負担があってこそ、安定した医療保険が確立されると思います。  

伯耆町議会 2018-03-23 平成30年 3月第 1回定例会(第4日 3月23日)

民間企業健康保険公務員関係共済組合などそれぞれの医療保険に加入しておりますが、定められた料率によって給料から天引きされます。現在の政府管掌健康保険料の乗率は、介護保険2号被保険者で11.53%です。標準給料の1割以上も徴収されています。誰しも保険料は安いほうがいいですし、医療費窓口負担も少ないほうがいいに決まっております。

伯耆町議会 2017-09-22 平成29年 9月第 5回定例会(第3日 9月22日)

民間企業健康保険公務員関係共済組合などそれぞれ医療保険に加入しておりますが、皆さん定められた料率によって給料から天引きされます。  現在、民間健康保険料料率は10%から12%ぐらいです。標準給料の1割以上も徴収されることになります。誰しも保険料は安いがいい、医療費窓口負担も少ないほうがいいに決まっております。しかし、適正な負担があってこそ安定した医療保険が運営されると私は思います。  

伯耆町議会 2013-03-22 平成25年 3月第 1回定例会(第4日 3月22日)

3分の1の方が国保に入っておられまして、あとの方は民間企業健康保険とか公務員関係共済組合などにそれぞれ加入しておられます。これら給与所得者保険料の率ですけれども、給料から天引きされているわけですけれども、現在の政府管掌健康保険料の乗率は標準報酬月額の11.5%でございます。こちらの方も給料の1割を超える高額な負担になっております。

八頭町議会 2013-03-06 平成25年第 1回定例会(第2日目 3月 6日)

だから、今、前に申し上げましたが、公務員関係は再任用制度がまだ確立されておりません。民間のほうが65歳ということで、再雇用が進んでおります。だから、今後、公務員も、給料は同じではないと思いますよ。だから、再任用関係が65までどうしていくかということをやっていかないと、年々、年々、大変なことになるんではないかなと思っております。  

伯耆町議会 2012-03-23 平成24年 3月第 1回定例会(第4日 3月23日)

人口比で約3割国保に入っていらっしゃいますが、その他の方々は民間企業健康保険公務員関係共済組合など、それぞれの医療保険に加入をしております。そこに一般会計、いわゆる町民みんなが恩恵を受ける繰り出しをこれ以上やっていいのかという議論がございます。社会保険につきましては給料から天引きされておりますが、雇用主も2分の1を負担しております。

鳥取市議会 2010-12-01 平成22年 12月定例会(第5号) 本文

それからまた、ここは県庁所在地でありまして、公務員関係の方、それから商業、工業が発達してきたことにより、兼業農家が多いということであると思います。集落営農や担い手の育成はもちろん大切ですけれども、これらの多くの中小農家に対して今後もきめ細やかな対応をお願いしたいと思います。  次に、ブランド農産物について伺います。  

鳥取市議会 2009-02-01 平成21年 2月定例会(第5号) 本文

しかし、昨今の厳しい雇用情勢就職活動の実情にかんがみまして試験時期を前倒ししたいというふうに考えておりまして、来年度は7月26日にこういう公務員関係統一試験日の一番早いのが来るので、この7月26日に平成22年度の大学卒業程度職員採用試験を実施すると。これまで9月だったのを7月に前倒しするという点が1点であります。

倉吉市議会 2008-03-21 平成20年第3回定例会(第9号 3月21日)

地方公務員法の第55条の1項及び地方公務員関係労働法、いわゆる地公労法といっておりますけれども、第7条2号に抵触するというふうに私は思っております。この地公法第55条というものは、交渉手段対応における交渉打ち切りの口実を残す範囲は、いわゆる法の不備であると私は思っております。  

八頭町議会 2007-03-14 平成19年第3回定例会(第4日目 3月14日)

日本ではそこまで行っておりませんし、育児休業関係もいろいろありまして、公務員関係が先発はしておりますけれども、一の民間企業としてどうなのかというのが今、要するに経営にかかわってくる問題でもあります。  そういう中で、谷本議員におかれましても一人の起業家として、逆の立場だったらどうされるのかなというふうに今現在思っております。  一つは、国策だろうと思います。

倉吉市議会 2004-12-06 平成16年第7回定例会(第2号12月 6日)

懲戒処分の、この懲戒免職は、皆さんも御案内のとおり職員服務規律違反に対する制裁として、職員の地位を失わせて公務員関係から排除する最も重い処分であります。今、その効果としては、2年間は自治体職員になれないという規定もあります。もちろんでしょう。例はないでしょう。退職手当も支給されません。退職年金の支給も制限を受けます。共済組合法の111条でもうたってあります。

  • 1