20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

米子市議会 2020-12-03 令和 2年12月定例会(第2号12月 3日)

○(朝妻市民生活部長) 消費者相談内容傾向についてのお尋ねでございます。昨年度末から今年度にかけまして新型コロナウイルス関連相談につきましては、商品を発注したが、コロナ対応関係商品が届かないですとか、コロナで中止となったコンサートの返金について問合せをしたが、電話が通じないですとか、マスクの注文を承りましたという身に覚えのないメールが入ったなど多々相談を受けているところでございます。

倉吉市議会 2019-09-03 令和元年第4回定例会(第2号 9月 3日)

平成24年度から平成30年度まで登録者の増減、利用傾向を確認しましたところ、一つには登録者のうち約50人程度が定例的に利用していること、このことはより多くの人のサービスにつながってはいないんじゃないかということ、これが一つです。  それから、2つ目に、アンケートで料金を払って利用したいとの意見が多く寄せられておりましたこともあります。  

米子市議会 2017-06-23 平成29年 6月定例会(第4号 6月23日)

その中で、世話人の後継者がいない、活動内容がマンネリ化傾向課題が上げられておりました。今後、課題の解決のための方法を検討し、サロンの充実を支援していきたいと考えております。  また、地域での買い物支援、見守り等、地域で支え合う仕組みづくりのため、生活支援コーディネーターを配置しております。社会福祉協議会地域包括支援センター等とも連携を図っておるところです。

北栄町議会 2016-09-14 平成28年 9月第7回定例会 (第10日 9月14日)

消費者行政推進事業ということで、相談件数が年々ふえておるわけですけども、最近の傾向把握しておられましたらお伺いしたいと思います。 ○議長井上信一郎君) 倉光住民生活課長。 ○住民生活課長倉光 顕君) 斉尾議員の御質問にお答えします。  相談内容ということでございますけども、相談内容、確かにさまざまあります。

倉吉市議会 2010-03-05 平成22年第2回定例会(第4号 3月 5日)

まず、先ほど市長の方からも温泉施設利用傾向若干お触れになりましたが、私も調べてみました。国民宿舎や旅館、ホテル、簡易宿泊施設など、こういった宿泊を伴う施設については、社団法人日本観光協会に問い合わせてみました。こうした施設は、市長がおっしゃったとおりであって、旅行の形態が団体旅行から個人旅行や小グループでの旅行にシフトしていること、あとは少子化も影響があるようです。

倉吉市議会 2009-11-13 平成21年第10回臨時会(第1号11月13日)

現状のわかる範囲内で、市民の方がどのくらい新型インフルエンザにかかっておられ、現在治療されているのか、また、その傾向把握しておられればお教えいただきたいというふうに思います。 ○福祉保健部長山口衛一君) お答えいたします。  市民の感染の状況ということでございます。小・中学校につきましては資料のとおりでございますが、保育園等状況を若干説明をさせていただきます。  

湯梨浜町議会 2009-06-15 平成21年第 5回定例会(第 1日 6月15日)

まず、毎年6月1日に見直ししております国民健康保険税の見直しについてでございますが、近時の医療費減少傾向もありますので、雇用の悪化を受けた健康保険から国民健康保険への移行、あるいは所得の減によります税収入の減、そのようなことも想定されますけれども、近時の雇用状況あるいは経済情勢等を踏まえて、現状で頑張ってみるということにいたしたところでございます。  

境港市議会 2008-09-08 平成20年第3回定例会(第2号 9月 8日)

本市においてテスト結果は非開示という方針が示されており、結果の傾向を文章化し、公表しているとのことです。日ごろ、生徒や保護者を最も間近で指導し、接しておられるのが言うまでもなく教師であり教育委員会でありますから、さまざまな観点からの御判断なのでしょう。  そこで、まず1点、教育長に伺います。  開示されることによって、どのような影響が予想されるとお考えでしょうか。  

鳥取市議会 2008-06-01 平成20年 6月定例会(第3号) 本文

林業森林を取り巻く情勢は、国産材利用の回復傾向明るい兆しが見られるものの、安価な外国産材の普及による国産材価格低迷林業労働者減少高齢化により、依然厳しい状況にあります。豊かな水の供給や土砂災害防止、そして地球温暖化防止など、森林は私たちの暮らしに多くの恵みをもたらしてくれます。

鳥取市議会 2005-12-01 平成17年 12月定例会(第3号) 本文

1つには、少子・高齢化社会の到来と人口減少傾向社会情勢2つには、ここに来てやや景気が持ち直したと言われるものの、地方には依然として厳しい経済情勢、3つには、三位一体改革が唱えられる政治情勢から受ける影響本市行財政改革関係について、市長基本認識をただすものであります。  あわせて、次年度予算を編成するに当たっての特色、特徴的なものがあれば、お伺いしておきます。  次に移ります。

倉吉市議会 2002-06-05 平成14年第4回定例会(第2号 6月 5日)

近年、農産物輸入増加とデフレ傾向影響を受け農産物価格低迷をしており、昨年の梨の販売においても安い価格となり、梨生産農家経営を直撃をしております。このため、平成13年度におきましては、農家経営の安定を図るため、再生産に必要な資金の借り入れに対し無利子となる助成を行ったところであります。

岩美町議会 2000-09-19 09月19日-01号

まず、不登校は学校、家庭、社会のさまざまな要因や、本人の性格的な傾向が複雑に絡み合った状態になっているところに、何らかの直接的な誘引が加わって発生すると考えられております。ですから、要因は特定することは非常に困難でありまして、本人ですらよくわからない場合も多くあると言われております。 

  • 1