75件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

琴浦町議会 2020-09-04 令和 2年第 7回定例会(第1日 9月 4日)

歳入の主なものは、債権放棄に伴う国、県からの補助金貸付金元利収入等であります。  次に、農業集落排水特別会計であります。  歳出の主なものは、処理施設維持管理に係る管理委託料マンホールポンプ等修繕工事であります。なお、下水道事業企業会計移行に伴う固定資産税調査システム構築費につきましては、全額繰り越ししています。  

倉吉市議会 2020-09-02 令和 2年第7回定例会(第3号 9月 2日)

それから次に、財産無償譲渡契約書第18条にいう違約金1.5億円、これは今となっては、トラベルシリウスさんにとっては、企業負債が約5億6,000万円、その債権者の数が156者と伺っておりますけれども、このままもし市として債権放棄しなくても、じゃあ違約金の1.5億円、これが全額返ることはまずなく、ほんの数%の返済の可能性が残るだけ。  

倉吉市議会 2020-06-10 令和 2年第5回定例会(第3号 6月10日)

繰り返しになりますが、違約金の1億5,000万円の債権放棄の理解を前提として、議会への意思確認であります。そのための今後も引き続き旅館経営継続条件であること、この譲受け事業者募集要件である宿泊施設として旅館営業継続をすること、これは市として譲ることのない最低条件としたものか、そこのところをお尋ねしたいなと思います。

八頭町議会 2020-03-25 令和 2年第 2回定例会(第5日目 3月25日)

ただ、本会議2日目、この債権放棄につきまして、町長の見解が役所責任がないということを言われました。到底、私にはこの言葉に納得できません。おおよそ役所業務で起こった問題や損失は役所責任があるわけで、その組織のトップである町長責任は間違いなくあると考えます。しかるに、責任がないとおっしゃる町長の見識、良識について、いささか疑念を抱かざるを得ません。

岩美町議会 2020-03-23 03月23日-05号

この軽過失免責債権放棄議決がいわばセットになって改正で新たに制度として制定されたわけでありまして、この両々が相まって住民監査請求住民訴訟の権利を抑止することになりかねないということもあります。 以上の理由で反対をいたします。 ○議長足立義明君) ほかに討論はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長足立義明君) 討論なしと認めます。 

八頭町議会 2020-03-10 令和 2年第 2回定例会(第2日目 3月10日)

やはり経過があります、こういった債権放棄ということになれば。皆さん方も御承知の、それこそ浴場だったというふうに思っておりますが、そういった中で、最初のころは本当に多くの皆さん方利用があって、旧の船岡地域ということでありますが、本当に遠くからも来ておられたんではないかなというふうに思います。  

琴浦町議会 2020-03-04 令和 2年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

これは、2名分、合計461万2,676円について、回収が困難であるため、債権放棄するものであります。  1人目の理由としまして、現在の債務者県外生活保護を受給している状況であり、琴浦町内に空き家となっていた不動産を競売によって売却したことから、これ以上の履行が見込めないためであります。また、保証人は高齢で、生活保護と同程度の収入しかないことを確認しております。  

琴浦町議会 2019-12-19 令和元年第 6回定例会(第5日12月19日)

そのためには債権管理条例などを制定し、徴収停止債権放棄について明確に規定する必要がある。  2、保証人制度がある場合は、保証人の死亡、町外転出所得減少などに対して的確に対応し、基準を設け速やかに保証人に対して必要な処置を行う。  3、滞納者は、町の税や利用料など以外にも民間からの借金などがあり、多重債務となっている場合もある。

琴浦町議会 2019-09-03 令和元年第 5回定例会(第1日 9月 3日)

基本的には、公平性の面から債権放棄という立場をとらず、最後まで回収努力する姿勢が必要であります。  一方、債権管理業務は多くの手続、過程により構成され、債権ごと案件ごとで適切な実施が求められる。また、相応なスキルも必要となり、担当課体制だけで今後継続するのは、担当者の裁量や力量に多くが委ねられ、負担も大きいと考えられる。

米子市議会 2019-06-20 令和元年 6月定例会(第4号 6月20日)

公社に対する債権額、つまり求償権が生じたわけでございますけれども、それと弁済を受けた土地、その当時総務省指導に従い、時価評価したものでございますけれども、その差額が約4億6,000万ございまして、これについて債権放棄を行い、平成25年の12月議会であったかと思いますけれども、議会のほうで承認いただいたところでございます。 ○(岩﨑副議長) 遠藤議員

岩美町議会 2019-03-12 03月12日-02号

これらの措置を行った後、民法による時効援用債務免除──条例では第13条、それから債権放棄──条例では第14条でございますが──を行った後、債権が消滅し、不納欠損を行わせていただくことになります。債権放棄につきましては、迅速な事務処理を行うため、条例債権放棄の定めを規定することによって、議会への報告とさせていただいております。

琴浦町議会 2019-03-12 平成31年第 2回定例会(第4日 3月12日)

12月議会で1件、これは集落排水だったと思いますけども、破産が決定したということで免責になった、それに伴う債権放棄ということで1件上程をさせていただきました。それに伴って、過去に同様の事例がないかということで、官報水道使用料農業集落排水使用料官報のほうで検索をしまして、古いもので該当のものがあったということで、今回上程をさせていただいたということです。

境港市議会 2018-12-05 平成30年第6回定例会(第1号12月 5日)

ようこそ滞納いただきました、滞納生活状況のシグナルと、滞納を貴重な市民からのSOSとして位置づけ、条例制定により徴収停止債権放棄、債権管理審査など手続についても規定納税推進課による一元管理体制や各課への支援体制を構築され、各債権所管課による生活実態を聞き取り、生活再建につながる支援を踏まえた納税指導が徹底されるようになったとのことです。

倉吉市議会 2018-09-11 平成30年第5回定例会(第6号 9月11日)

それは一般質問になるから答弁はということで、もしできないということなら結構でございますけども、議会議決を経て行う債権放棄ということについてどうなのかということです。これは時効援用公営住宅の場合必要ということになっておりますので、そのあたり議会議決部分に今後出てくるということになるのかならないのかお聞かせください。 ○建設部長徳丸宏則君) 引き続いての御質問にお答えします。  

米子市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第2号 9月 6日)

滋賀県の野洲市では、債権の一元化で市民状況を総合的に把握し、生活困窮理由徴収猶予債権放棄、延滞金減免などができるようにしました。市長は、ようこそ滞納していただきましたと公言をしておられて、差し押さえによる一時的な徴収よりも生活を再建した後に納税していただくほうが納税額が大きい、このように言われています。市が市民駆け込み寺となって信頼を寄せられています。

琴浦町議会 2018-03-12 平成30年第 3回定例会(第2日 3月12日)

県外の自治体では、こういう条例をつくって、この中に専決処分事項だったり滞納に対する、これ規定して、滞納者に対する民事訴訟手続がよりスムーズにできるようにでありましたりとか、やはり今問題になっておりますけど、債権放棄規定を盛り込むなど不良債権をこれはルール化して、合理的に処分されておって、ある一定の成果を上げられておるようであります。

倉吉市議会 2018-02-26 平成30年第2回定例会(第5号 2月26日)

例えば前回でしたか、債務放棄ということで債権放棄議案で提案させていただきましたけれども、物を買っておられる、機械設備を買っておられれば、耐用年数から使った期間残存期間を計算して返還をかけるというところでございます。以上です。 ○議長(坂井 徹君) 以上で本日の付議議案に対する質疑は終了することに御異議ございませんか。                 

境港市議会 2017-12-12 平成29年第6回定例会(第3号12月12日)

○16番(安田共子君) さらに野洲市の独自の政策について少し御紹介をさせてもらって、それについての御意見も伺いたいんですが、例えば先ほど市長言われたように、生活困窮生活保護受給をされるようになれば徴収猶予債権放棄、差し押さえ執行停止などもあるということありましたが、そうなる前の段階で滞納相談の中で生活困窮ということがわかれば徴収猶予債権放棄ができるということですとか、延滞金減免の規則ということもあって