488件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八頭町議会 2019-06-10 令和元年第 6回定例会(第3日目 6月10日)

現状維持は、八頭町の衰退もしくは倒産を意味いたします。町民と行政議会が新たな思いを、新たな手段を、新たな行動を、そしてそれらのベクトルを一つにすることが、八頭町発展の源になると確信いたします。  以上で、私の一般質問を終わります。 ○議 長(谷本正敏君) これにて、10番、尾島勲議員の一般質問を終わります。

北栄町議会 2019-03-13 平成31年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

人手不足倒産が相次ぐ中、失敗はつきものです。最後は自己責任、つまり町長の肩書での社長であれば町長の責任になります。当てにならない地域おこし協力隊の人件費の補助金も、切れたら終わりです。目標の4.1ヘクタール、10億円の事業について、町長は「努力するだけ、頑張るだけ」と繰り返して答弁してこられました。経営にかかわっていないとする町長がどのように努力できるのでしょうか。

北栄町議会 2019-03-12 平成31年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日)

また、自然災害や鳥獣害、病害虫に加え、災害による作付不能、倉庫の浸水による収穫物の損害、作物の盗難や運搬中の事故市場価格の下落、取引先の倒産、本人や従業員のけがや病気による減収、輸出の際の為替変動による損失など、補填範囲が拡充したものとなっております。近年は自然災害も多く、被害を受けられた農業者もあるかと思います。そしてまた、TPP11や日欧EPAの影響で価格の変動も今後あるかと思います。

北栄町議会 2019-02-04 平成31年 2月第1回臨時会 (第 1日 2月 4日)

それで、いわゆる直売所にやっていただく人夫さんについても、毎日使ってもらえればええけども、時々しか仕事がないということではやっぱり、それこそ人手不足倒産がどんどん進んでおる状況の中でちょっと甘いな。地域おこし協力隊の人がやられるのかどうか私はわかりませんけども、もうちょっとやっぱり具体的な数字をはじき出して、それが果たして適切かどうかということもやっぱり検討せないけんと思いますよ。

北栄町議会 2018-12-14 平成30年12月第8回定例会 (第 8日12月14日)

不納欠損額は、時効の到来や企業倒産で一時的に急変することがありますが、おおむね減少傾向にございます。  滞納整理につきましては、いわゆる差し押さえでございますが、一例としては、預金や給与支払い額を財産調査により把握し、金融機関や勤務先から必要金額を町に送金いただくことで未収金を解消するものですが、毎年300万円程度を回収しているところであります。

八頭町議会 2018-12-13 平成30年第 9回定例会(第4日目12月13日)

現状維持は、八頭町の衰退、もしくは倒産を意味いたします。町民と行政議会が新たな思いを新たな手段を新たな行動を、そしてそれらのベクトルを1つにすることが八頭町発展の源になると確信いたします。  以上で、私の一般質問を終わります。 ○議 長(谷本正敏君) これにて、13番、尾島勲議員の一般質問を終わります。

境港市議会 2018-12-12 平成30年第6回定例会(第4号12月12日)

今、人手不足による倒産産業空洞化が進む中、今回の入管法の改正の動きなどにより、外国人労働者の受け入れが進むことに関しては私も歓迎しておりますが、遅きに失した感があるかなと思っております。世界中で国境を越えた人材の争奪戦が何年も前から始まっており、日本はかなりおくれております。課題も多く、安定的な外国人労働者の確保がどこまでできるかわからない状況だと思っております。  

琴浦町議会 2018-09-11 平成30年第 6回定例会(第4日 9月11日)

これは倒産及び相続人なしという理由により該当しております。  軽自動車税につきましては、3つ理由がありますが、執行停止が3年継続、そして即時消滅、そして5年間不行使による時効というものでございます。以上です。 ○議長(小椋 正和君) 高塚勝君。 ○議員(9番 高塚 勝君) いずれにしても私は所属委員会ですので、また委員会のほうでも詳しいことはお聞きしたいと思いますので、よろしくお願いします。

八頭町議会 2018-09-07 平成30年第 7回定例会(第4日目 9月 7日)

しかしながら、法人町民税の滞納繰越分は対前年30.97%で、既に倒産している法人の滞納額があり、収納率が下がったものであります。  軽自動車税では、平成28年度よりグリーン化特例で古い車の自動車税の単価が上がり、前年に比べ滞納件数は減ったものの、滞納金額がふえたため、徴収率が若干下がっております。また、特別会計の後期高齢者医療保険料ですが、保険料の徴収の基本年金から特別徴収へとなっています。

八頭町議会 2018-09-06 平成30年第 7回定例会(第3日目 9月 6日)

現状維持は八頭町の衰退もしくは倒産を意味します。町民と行政議会が新たな思いを、新たな手段を、新たな行動を、そしてそれらのベクトルを一つにすることが八頭町発展の源になると確信いたします。  以上で、私の一般質問を終わります。 ○議 長(谷本正敏君) これにて、13番、尾島勲議員の一般質問を終わります。

鳥取市議会 2018-09-01 平成30年 9月定例会(第5号) 本文

従前より都市間競争を視野に入れた幹線道路の拡張などにより、まちの中心性が失われ、鳥取市も他都市と同様に郊外商業施設、ネットショッピングの台頭、消費動向の多様化など大きな社会変化に伴い、まちの活力は失われ、地元の卸・小売業者の倒産・廃業が相次ぎ、地元商業者が担ってきた中心市街地の衰退、空洞化は顕著であります。  

北栄町議会 2018-07-02 平成30年 6月第5回定例会 (第14日 7月 2日)

人手不足倒産が相次いでいる状況であります。計画どおり4.2ヘクタールで10億円の事業は容易に達成できるとは思いますが、その後補助金がなくなれば必ず収支が合わなくなり、経営が行き詰まります。町長が社長であれば、北栄町の一般財源から穴埋めをしなくてはならないことになります。責任は誰がとるのか。見直しをされてもよいのではないでしょうか。このままでは、一般町民の負担となってまいります。

北栄町議会 2018-06-26 平成30年 6月第5回定例会 (第 8日 6月26日)

先ほど視点を変えてということを冒頭申し上げましたが、大きな事業所が倒産したり閉鎖したりした場合には、行政のほうが従業員の皆さんに再就職先をあっせんしたりとかいろいろしますが、新たにそういう大きな進出してくる企業があった場合に、逆に従業員さんを確保するためのそういうふうな、どう言えばいいんでしょうね、本来はそういう進出企業が自分のところの会社の説明や事業説明会を開いて従業員を募集をすればいいんですけども

湯梨浜町議会 2018-06-11 平成30年第 3回定例会(第 4日 6月11日)

さらに、湯梨浜町国民健康保険税非自発的離職者に対する減免規則では、勤務先の倒産解雇、雇いどめなどの非自発的に離職された方に対する減免措置として、国の制度で対象にならなかった方で町の基準を満たしていらっしゃる方であれば、前年度給与所得を100分の30とみなした減額を行っているところでございます。  

鳥取市議会 2018-06-01 平成30年 6月定例会(第2号) 本文

民間調査会社帝国データバンク鳥取支店の調べでは、平成17年度、県内企業倒産件数は19件、また、事業活動を停止した企業は132件に及んでいます。休・廃業、解散した企業代表者の年齢が60代以上で7割以上を占めており、多くが経営者本人の高齢化や後継者難を理由にしています。業種別では建設業が3割以上を占めています。

伯耆町議会 2018-03-23 平成30年 3月第 1回定例会(第4日 3月23日)

事業主の都合で倒産解雇などや雇用期間満了により退職した場合は、前年所得を圧縮して保険料を軽減されます。災害に対する減免規定もあります。  それから、病院を利用されたときに自己負担額を軽減する高額医療費制度があります。所得階層によって限度額が低く抑えられております。このほか、障害のある方やひとり親家庭、難病の方などは県の特別医療制度や町の医療制度によって自己負担額が軽減されます。