13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

岩美町議会 2020-12-15 12月15日-01号

例えば、介護保険サービスとともに介護保険サービスを上手に組み合わせることで、より充実した介護サービスを受けることができる仕組みなども考えたりとか、そういうようなことを考えながら、少しでも家族の介護負担軽減につなげてほしいと思います。そして、認知症についても正しい知識と普及と理解を図るとともに、状態に応じた適切な医療介護サービスなどの提供の流れをしっかりと確立をお願いしたいと思います。

境港市議会 2020-12-15 令和 2年12月定例会(第3号12月15日)

2番目が、介護保険サービスには、報酬単価の高い身体介護と低い生活援助があり、それ以外は保険サービスとなっています。国では、混合介護規制緩和に動き出し、介護保険サービス保険サービスを同時に提供できるようになり、かつ混合介護の価格を自由化し、多様なサービス提供を可能にする混合介護弾力化を行う考えを示しました。

伯耆町議会 2020-03-19 令和 2年 3月第 1回定例会(第4日 3月19日)

3点目、介護サービス保険サービス組み合わせ、このルールを明確化の名によりまして、混合介護拡大でさらなるビジネス化を促進するという内容になっています。  そして4点目、年金受給75歳から引き上げていく。パート、アルバイト、この厚生年金適用拡大をしていく。そして、マクロ経済スライドによって現在37歳から38歳の人たち年金を受け取り始めるまで給付削減を続けていく。

琴浦町議会 2018-06-12 平成30年第 4回定例会(第3日 6月12日)

3番目に、経済産業省は、保険サービスを活用することで高齢者生活が向上し、介護予防や地域の課題解決につながり、社会保険費抑制介護保険縮小傾向。一方で、ニーズはふえるから保険サービス使用拡大は確実。事業所経営多角化を進めることは行政が発想転換保険外活用を考えているということですが、どのように思われますでしょうか。  

琴浦町議会 2012-09-11 平成24年第9回定例会(第2日 9月11日)

つまり保険給付の範囲を大幅に縮小し、一方で、民間保険サービスを大幅に拡大し、命のさたも金次第という国につくりかえようとしているのであります。  3つ目の柱は、年金医療及び介護においては、社会保障制度基本とし、国及び地方公共団体負担社会保障料に係る国民の負担適正化に当てることを基本にするという点であります。

米子市議会 2011-06-17 平成23年 6月定例会(第4号 6月17日)

議員も御指摘されましたけれども、ホームヘルプサービスだけを利用されている場合は、デイサービスなどの他のサービス配食など保険サービスを組み合わせるなどの方法もございますので、その方が在宅での生活が送れるようケアマネージャーなどと連携を図って適切な支援を行ってまいりたいと考えております。 ○(渡辺(照)議長) 松本議員

鳥取市議会 2003-03-01 平成15年 3月定例会(第5号) 本文

実は、認定申請をいただいた日から、介護保険に類似したこれらの保険サービスの御利用をいただいておるところでございます。そうした仕組みで運用しております。したがいまして、ぜひ御利用いただきたいと思うわけであります。なお、今後ともこうしたサービスについて、より一層の周知に努めてまいります。  それから、既存福祉施設民間事業者への経営委託の道についてお答えいたします。  

鳥取市議会 2001-06-01 平成13年 6月定例会(第5号) 本文

次に、介護保険サービスのことについてのお尋ねでございますが、利用希望の多い事業についてその利用状況はどうかと、こういうお尋ねでございますが、介護保険外福祉サービスにつきましては、高齢者介護予防生活支援を目的として、本市では数々のサービスを積極的に実施をいたしているところでございます。

鳥取市議会 2001-03-01 平成13年 3月定例会 目次

━━━━━━━━━━━━━━  ○3月12日(第2号) 議事日程、会議に付した事件 …………………………………………………………………………………  27 出席議員欠席議員、説明のため出席した者、事務局職員出席者 ………………………………………  27~ 28 議長(開会、議案第21号~第34号及び議案第60号~議案第68号一括上程質疑に入る) ……………  28 角谷敏男議員(~質疑~介護保険

鳥取市議会 2000-12-01 平成12年 12月定例会(第4号) 本文

さらに、本市では介護保険による認定の結果、非該当とされた方に対しましては、担当の在宅介護支援センター職員がその家庭を訪問し実態調査を行った上で、これら保険サービス利用を勧奨するといった連携のシステムを導入し、きめ細かな対応を行っているところでございます。今後とも鋭意努力してまいりたいと、このように思っておりますので御理解をいただきたいと思います。  

鳥取市議会 2000-09-01 平成12年 9月定例会(第3号) 本文

次に、これら保険サービス利用実績についてでございますけれども、生きがい活動支援通所サービスにつきましては、従前のデイサービス利用されていた方のうち、介護保険で非該当とされ、このサービスに移行された方が36名でございましたけれども、現在では46名の方に利用をしていただいております。  

  • 1