11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

倉吉市議会 2019-12-05 令和元年第5回定例会(第4号12月 5日)

これまで青天井であった保証債務に上限をつけることで、保証人が負う債務が無限に膨れ上がるリスクを回避するために行われた措置でありますけれども、その反面、保証額が具体的になることから、逆に保証人の承諾がとりにくくなって、確保が難しくなるといった懸念があるということも指摘をされております。この改正を受けて、国土交通省では今、議員がおっしゃったような通知を出されているところであります。  

湯梨浜町議会 2019-06-07 令和元年第 5回定例会(第 1日 6月 7日)

第2項として「災害援護資金は、保証人を立てる場合は、無利子とし、保証人を立てない場合は、据置期間中は無利子とし、据置期間経過後はその利率を延滞の場合を除き年3パーセント以内とし規則で定める」とし、第3項として「第1項の保証人は、災害援護資金の貸付けを受けた者と連帯して債務を負担するものとし、その保証債務は、令第9条の違約金を包含するものとする」と改正するものです。  

鳥取市議会 2017-06-01 平成29年 6月定例会(第1号) 本文

報告第14号は、住宅新築資金等貸付金の償還金に係る連帯保証債務の履行について、相手方から一部支払いの申し出があったため、訴訟提起前の和解について、平成29年5月9日に専決処分しましたので、報告するものです。  報告第15号は、市営住宅の明け渡しを求める調停の申し立てについて、平成29年5月11日に専決処分しましたので、報告するものです。  

北栄町議会 2016-03-08 平成28年 3月第2回定例会 (第 2日 3月 8日)

これは、従業員の数が20人以下の小規模事業者で、小規模共済保証と合わせた保証債務残高が1,250万円以下の中小企業経営者に対しまして、1,250万円を限度として運転資金や設備資金を融資する小口融資貸付金でございます。新規借り入れの利用者がなく、実績を見込みまして不用額を減額したものでございます。なお、県と銀行、信用金庫と市町村の協調割合のうち、町預託分を100万円の減額としております。  

鳥取市議会 2015-12-01 平成27年 12月定例会(第1号) 本文

報告第27号は、宅地取得資金貸付契約の償還金に係る連帯保証債務の履行に係る訴訟提起前の和解について、平成27年11月2日に専決処分しましたので、報告するものです。  報告第28号は、住宅新築資金等貸付金の返還金の支払い及び訴訟費用の負担を求める訴えの提起について、平成27年11月18日に専決処分しましたので、報告するものです。  

北栄町議会 2015-03-11 平成27年 3月第3回定例会 (第 3日 3月11日)

これは従業員の数が20人以下の小規模事業者で、小規模共済保証と合わせた保証債務残高が1,250万円以下の中小企業経営者に対しまして、1,250万円を限度額として運転資金や設備資金を融資する小口融資でございますが、新規の借り入れの利用者がなく、実績を見込み、不用を減額したものであります。なお、県、銀行、信用金庫、市町村の協調割合のうち、町委託分の258万2,000円の減額ということにしております。

倉吉市議会 2010-09-13 平成22年第6回定例会(第5号 9月13日)

それは将来負担比率における都市開発公社の負債にかかる将来負担額及び損失保証債務にかかる一般会計等負担見込額並びに資金不足率における宅地造成事業かかる土地収入見込額など、こういうことで我々倉吉市がいわゆる先般の一般質問が出ておりましたが、都市計画税を取って、そして、下水道会計に繰入れるというようなことがあるわけです。  

鳥取市議会 2009-12-01 平成21年 12月定例会(第4号) 本文

それでも納付をされない場合には、滞納者に賃貸契約解除通知を送付しまして、連帯保証人に対して連帯保証債務請求通知というものを送ります。さらに、それでも納付されない場合には、訴訟予告の警告書を送付した上で訴訟を提起いたします。訴訟提起後に未納家賃の全額支払い、または、分割払いの約束を書面で取り交わし、一部家賃を納入するということになれば和解をいたします。

米子市議会 2002-03-14 平成14年第431回定例会(第4号 3月14日)

また、連帯保証人に対しましては、納入指導の依頼、保証債務の履行を請求している状況でございます。  今後の対策といたしましては、家賃滞納処理フローというマニュアルを作成いたしまして、夜間徴収を強化し、徹底した家賃徴収を行うこととしていますが、初期滞納者につきましては、早期に接触を図りまして、適切、適時の納入指導を行って納入意識を向上させ、滞納防止に努めてまいります。

  • 1