51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2014-03-10 平成26年 3月定例会(第6号 3月10日)

当時、動き出したらとまらないと言われていた国の公共事業ですね、国営事業を全国で初めて住民運動がストップしたということで話題になりました。それぐらい有名になりました。その輝かしい実績を残したわけですけれども、残念ながらその後、壊された自然をもとに戻すことが重要な課題になっていながら遅々として進んでおりません。

湯梨浜町議会 2012-12-17 平成24年第 6回定例会(第 4日12月17日)

当初の執行部案であった庁舎移転・新築構想を住民運動などにより耐震改修及び増築へと結論づけられたわけです。しかし、市長は自身の構想が否定されたことでこの問題を議会に投げるという無責任政治をされ、混乱をさらに増長させ、現在も混迷が続いております。  ただ、今回鳥取市民がとられた行動は賢明であり、至極妥当なことだと思います。

鳥取市議会 2011-09-01 平成23年 9月定例会(第2号) 本文

請願署名運動が生まれても、さらに合法的な住民運動に発展できませんでした。今回の住民投票条例制定請求鳥取市自治基本条例に基づいて行われたものでした。この自治基本条例によってマル・バツで決着をつけるシンプルな住民投票案に救われたと思い、署名活動が広がったと思います。市民の疑問から提出された請求は、市長の否定的だと受け取れる見解を添えて市議会に提案されました。

鳥取市議会 2011-09-01 平成23年 9月定例会 目次

………………………… 156 両川洋々議員(~質問障害者自立支援法の対象外となる軽度・中度の難聴児童への支援  〔補聴器購入時の費用を一部助成すべきではないか、本市の小・中学校の軽度難聴児の  実数、教育現場における配慮の実態〕について、世界マンガサミットとプレ大会〔プレ  大会での鳥取市の役割と各種イベント等の取り組み、2つの大会を成功させるための地  元出身の8名の漫画家の活用策〕について、住民運動

鳥取市議会 2011-09-01 平成23年 9月定例会(第3号) 本文

3点目は、住民運動に対します市長の一連の発言・行動についてお尋ねいたします。  昨年4月に実施されました鳥取市長選で、竹内市長の発行されました選挙マニフェスト、このものには市庁舎の移転新築という4文字はどこにも記されておりません。マニフェストというのは、市長と市民契約なんです。市長と市民の約束事なんです。市民としたら、契約もしていない100億円を超えるような大事業がいきなり市民の前に提示された。

湯梨浜町議会 2011-06-20 平成23年第 7回定例会(第 4日 6月20日)

実は、私、きのう、鳥取県母親大会というのがありまして、そこに島根原発「30キロ住民運動、渡部さんという方が講演されまして、ちょっと聞いてきました。それを聞いておりますと、島根原発というのは本当に日本の国内でも県庁所在地に原発があるという非常に特殊なというか、非常に危険なというか、そういう場所にある原発です。

米子市議会 2010-09-22 平成22年 9月定例会(第4号 9月22日)

これまでの国保は、草の根の住民運動市町村議会が連携して、運営協議会には幅広い市民参加してさまざまな制度改善を実現させてきましたが、今回の保険者の寄り集まる広域化は住民無視の組織の運営に向かっていきます。市民の声が反映できない広域化にはきっぱりと反対すべきだと思いますが、重ねてどうでしょうか。 ○(渡辺(照)議長) 野坂市長。

境港市議会 2010-09-14 平成22年第4回定例会(第3号 9月14日)

非常に欠けていると思うし、私が先ほど申し述べましたようにやはり原状復帰といいますか、物を仕掛けていって終わりはちゃんと片づけてするというのが大体道理ではないかなと思っておりますので、そこらあたり、JRさんは一向にその信号機の時間設定を変えないというぐあいに簡単に言われますけど、公共交通機関というか、やったことの後始末として変えないというのが答えかなと思って、通常、地域の人もみんなそういうことでしたら住民運動

八頭町議会 2010-09-10 平成22年第 9回定例会(第4日目 9月10日)

例えば、今の問題で言いますと、よく草の根の住民運動と言います。それから市町村議会の議論、こういうものが現在の国保のシステム、我々は税率決定の問題について是非も、いろいろ議論できます。いろんな情報が入ってきます。市町村単位でできます。こういうことでいいですか、幾つか成果を上げているんですね、市町村議会、そういう住民運動、広域でないですよ。

鳥取市議会 2010-06-01 平成22年 6月定例会(第7号) 本文

関係集落の住民生活や住民福祉の向上に配慮した施策を実施することの理由には、反対集落の意見など全く触れず、「国英地区のまちづくりの大きな契機ととらえ、将来を模索し、あるべき姿を考え、よりよい国英地区の実現に向けて取り組もうとする住民運動も起きている」と述べております。

八頭町議会 2009-09-10 平成21年第11回定例会(第3日目 9月10日)

それから、検討内容は既得権益を守るためのというくだりがございますけども、現在、クローバーバス私都線、大江線、2路線を走っておりますが、これは地域住民運動、また住民の通勤・通学等々ございまして、利用していただいておりますが、残念なことには多くの方に乗車していただけないというのがありまして、赤字が発生しております。

湯梨浜町議会 2008-09-14 平成20年第 5回定例会(第 6日 9月14日)

住民の声や各地の自治体住民運動世論の反映でもあると思いますが、44万戸、35万人が住む雇用促進住宅の全廃方針を一部見直しするという方針が出されました。それは、平成23年に全廃しますよというのをさらに1年引き延ばしましょうと。強制的な退去はもうしませんよということで、やはり政府も折れてきたということですかね。

米子市議会 2007-06-12 平成19年 6月定例会(第3号 6月12日)

事業中止後、中海の自然再生を求める住民運動は大きな広がりを見せています。住民、研究者、漁業者、マスコミ、行政も含めたこの広がりは、中海再生が環境問題だけにとどまらず、漁業農業観光など地域経済を初め文化スポーツ子育て治水、そして自治体財政など米子、境港市に大きくかかわっているからです。漁業においては、淀江などを含む西部地域の真の発展にとって欠かせない問題があるからにほかなりません。