運営者 Bitlet 姉妹サービス
730件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 米子市議会 平成30年12月定例会(第3号12月 7日) それでは、次に、介護保険制度の改正による総合事業への移行前後の介護予防・日常生活支援総合事業、生活支援体制整備事業、認知症総合支援事業等の事業実績と評価、また介護ボランティア制度の現状についてお伺いいたします。 ○(渡辺議長) 斉下福祉保健部長。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第2号) 本文 ケアマネージャーから、以前は障がいを持って介護認定を受けた高齢者が病院から退院して在宅で生活しようとしたとき、介護保険制度の住宅整備と市独自の高齢者住環境整備事業で風呂を直したりトイレを洋式にしたりするなど利用することができて助かった、しかし、だんだん利用しづらくなってきたという話を聞きました。実際、最初ごろのこの制度の内容と随分中身が変わってきているようです。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第4号) 本文 本市では、この事業を介護保険制度が始まった平成12年度から実施しておりまして、現在10人の相談員が2人1組の体制で事業所を訪問しております。平成29年度の事業所訪問実績は延べで427回でございまして、派遣を受け入れる事業所も年々増加しておりまして、現在49の事業所が相談員の受け入れを行っているという状況でございます。  以上でございます。 ◯山田延孝議長 前田伸一議員。 もっと読む
2018-09-21 北栄町議会 平成30年 9月第6回定例会 (第16日 9月21日) また、高額介護サービス費の一般区分の月額負担の上限額の引き上げ、平成27年からは利用料の2割負担の導入など、こうした介護保険制度の見直しのたび負担は引き上げられる一方で、サービスは引き下げられてきました。  以上、理由を申し上げ、討論といたします。 ○議長(飯田 正征君) 次に、原案賛成の方の発言を許します。                    もっと読む
2018-09-06 米子市議会 平成30年 9月定例会(第2号 9月 6日) 介護保険制度での活用について、これについてですが、ぜひ地域包括のケアシステムの視点で移動、外出支援について検討されて、地域の支え合いのまちづくりにつながるようにと要望をさせていただきたいと思います。  次に、地域公共交通におけるタクシーの位置づけについて伺います。   もっと読む
2018-07-02 北栄町議会 平成30年 6月第5回定例会 (第14日 7月 2日) 2、子ども・子育て支援新制度、地域医療の確保、地域包括ケアシステムの構築、生活困窮者自立支援、介護保険制度や国民健康保険制度の見直しなど、急増する社会保障ニーズへの対応と人材を確保するための社会保障予算の確保及び地方財政措置を的確に行うこと。   もっと読む
2018-06-15 湯梨浜町議会 平成30年第 3回定例会(第 8日 6月15日) 2、子ども・子育て支援新制度、地域医療の確保、地域包括ケアシステムの構築、生活困窮者自立支援、介護保険制度や国民健康保険制度の見直しなど、急増する社会保障ニーズへの対応と人材を確保するための社会保障予算の確保及び地方財政の措置を的確に行うこと。  一部カットいたします。あと3、4、5、6、7を読んでおいていただきたいと思います。   もっと読む
2018-06-12 琴浦町議会 平成30年第 4回定例会(第3日 6月12日) 全市町村が4月から10月まで市町村指数61項目、満点612点となっていますが、自立支援、重度化防止のための保険者機能を変質させる項目だと思いますが、介護保険制度と自治体の課題についての見解をお伺い申し上げます。   もっと読む
2018-06-11 琴浦町議会 平成30年第 4回定例会(第2日 6月11日) 介護保険制度には境界層措置制度というのがあります。これは簡単に言うと、1号被保険者で介護保険を払うと生活保護の最低水準を割り込んでしまう境界の世帯を救済する制度があるんです。これは、最近発表された生活保護の捕捉率が20%程度だというふうに言われてますが、最低生活水準に満たない8割の世帯が生活保護を受給してないというのが実態になってるんですね。 もっと読む
2018-06-01 鳥取市議会 平成30年 6月定例会 目次 地域共生社会に向けた取り組みが住民の役割を増大させたり公的  責任の削減やサービスの縮小につながったりしないか) ……………………………………………… 219 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 219 秋山智博議員(要望) ………………………………………………………………………………………… 219~220 平野真理子議員(~質問~本市としての介護保険制度 もっと読む
2018-03-22 米子市議会 平成30年 3月定例会(第7号 3月22日) 介護保険制度がスタートとした2000年からの第1期の保険料の基準額は、月額3,104円でした。それが3年ごとの改定で毎期のように上がり続け、このたび引き上げられれば、この18年間で2倍以上の高騰となります。そして、団塊の世代が75歳以上となる2025年には7,000円になる、こんな見通しも立てられています。この間、年金支給額は減らされ続けているのにです。 もっと読む
2018-03-19 北栄町議会 平成30年 3月第2回定例会 (第15日 3月19日) 本案の計画策定の前提となる介護保険法の改定は、介護保険制度の持続可能性の確保、地域包括ケアシステムの進化・推進という2つの柱で具現化されました。  柱の一つ、制度の持続可能性の確保では、現役並み所得の利用料3割負担化、介護納付金に対する総報酬割導入に加え、法改正を要しないものとして高額介護サービス費の負担上限額引き上げのほか介護報酬改定による生活援助、その他給付の見直しなどが盛り込まれています。 もっと読む
2018-03-12 北栄町議会 平成30年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日) 2000年に始まった介護保険制度の給付費は、3兆円から現在では8から9兆円に膨らんでおり、2025年問題を考えると持続ある制度を構築していかなくてはいけないと思います。待ったなしの状況にあります。2025年には団塊の世代が75歳を超え、そのために社会保障関係費用の急増が見込まれております。  2015年の75歳以上の人口は1,632万人でありました。総務省の国勢調査によります。 もっと読む
2018-03-08 湯梨浜町議会 平成30年第 2回定例会(第 1日 3月 8日) この繰出金は、介護保険制度を安定的に運営するため法で定められた介護保険給付費、地域支援事業費等のそれぞれ負担割合に基づきまして、町負担分として介護保険特別会計に2億8,901万6,000円を繰り出すものでございます。平成30年度の介護給付費等が減額となる見込みであることから、一般会計の繰出金は前年度に比べて1,468万2,000円の減額となっております。 もっと読む
2018-03-07 米子市議会 平成30年 3月定例会(第5号 3月 7日) また、介護保険制度を持続可能な制度にするために、全国一律だった予防給付を、地域の課題や実情に合わせて取り組めることとなった総合事業について、本市は国が示した期限より早く移行いたしました。その評価と今後の課題認識についてお伺いいたします。  次に、障がいのある方と家族の支援についてお伺いいたします。 もっと読む
2017-12-11 湯梨浜町議会 平成29年第 8回定例会(第 4日12月11日) 介護保険制度というのは、利用者にサービスを選択する権利がある。こういう制度として発足いたしました。今後どういう方向になるというふうに町は思っておられるのか、お伺いしたいと思います。  利用者から選択権を奪うということは許されないことだというふうには思いますけれども、もしも認定基準が非常に厳しくなって利用できなくなったりあるいは要介護認定から外れたり、こういう人がふえてくる可能性も考えられます。 もっと読む
2017-12-08 湯梨浜町議会 平成29年第 8回定例会(第 1日12月 8日) 補正の主な内容は、介護保険制度改正及び社会保障・税番号制度システム整備に伴います介護保険システムの改修経費などでございます。  続きまして、議案第125号、平成29年度湯梨浜町温泉事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。  既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ184万3,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ913万8,000円とするものでございます。   もっと読む
2017-12-07 北栄町議会 平成29年12月第11回定例会 (第 1日12月 7日) 今回の補正は、介護保険制度改正に係るシステム改修と人件費の増額及び介護予防住宅改修費の不足による予算の組み替えが主なものでございます。  次に、議案第117号、平成29年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。  歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ175万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ12億9,563万5,000円とするものでございます。 もっと読む
2017-09-14 北栄町議会 平成29年 9月第7回定例会 (第15日 9月14日) 介護保険制度は、計画見直しのたび保険料が引き上げられ、サービスは引き下げられてきました。平成28年度から要支援の介護保険外しが行われ、総合支援サービスへの移行など、介護保険制度の改悪で必要なサービスを受けられなくなり、利用者負担も増大しています。  以上の理由により反対するものであります。 ○議長(井上信一郎君) 次に、原案賛成の方の発言を許します。                    もっと読む
2017-09-11 湯梨浜町議会 平成29年第 6回定例会(第 5日 9月11日) 介護保険制度は、平成12年の創設から17年が経過し、サービス利用者は年々増加しており、介護が必要な高齢者の生活の支えとして定着、発展してきましたけれども、一方では、介護に要する費用も増加の一途をたどっており、介護保険制度の安定的な財政運営など持続可能性の確保が大きな課題となっています。   もっと読む