54件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2021-06-09 令和 3年 6月第5回定例会 (第 6日 6月 9日)

しかし、募集予定は診断2戸、設計1戸、改修1戸、ブロック塀3件程度とあります。件数も非常に少なく、補助の要件に該当する必要もあります。これでは町内の耐震化は進まないのではないでしょうか。この募集件数の少ない理由とこれまでの経過、実績を踏まえ、今後の地震対策について町長に伺います。  2番目の質問です。災害時協力井戸についてでございます。  

琴浦町議会 2020-03-09 令和 2年第 2回定例会(第4日 3月 9日)

議員(3番 福本まり子君) 私は、9−1の放課後児童クラブですが、このたび今年度から夏休みだけじゃなくて長期休暇の場合の子供をまなタンで受け入れるっていうことですけど、もう既に予定は決まってると思うんですが、お聞かせください。というのが、既存の施設ではもう定員オーバーというか、面積が足りないというか、そういう判断で、まなタンを開放するという考えなのかというところです。

八頭町議会 2018-12-13 平成30年第 9回定例会(第4日目12月13日)

参加された方は、予定にちょっと足りなんだんで、その辺は残念だったんですけども、テーマを決めての話し合いは、非常に私としては有意義だったなというぐあいに思っております。参加していただいた町民の皆様には、改めてお礼を申し上げたいと思いますし、その意見を踏まえて、今後の議会活動に反映していきたいなというぐあいに思っております。

琴浦町議会 2017-12-06 平成29年第 7回定例会(第2日12月 6日)

発行要望団体の数が発行予定を大幅に上回っている実態で、申請をすればマンホールカード事業実施できるとは限りませんが、今後、マンホールカード作成希望申請書を提出したいと考えております。  集落での除雪関係でありますが、近年はシーズンとして暖冬であっても一時的に大雪が降る年があります。昨年度の大雪以降、鳥取市の雪害臨時対策事業を初めとして、各自治体において除雪補助金創設動きがあります。

倉吉市議会 2016-12-19 平成28年第7回定例会(第5号12月19日)

それから、工場の増設等が見られることは大変ありがたいことですけれども、これまでのトータルの10社における雇用予定と現実の雇用者数のずれを知りたいもんで、どういう状況になっているかお伺いします。 ○産業環境部長田中規靖君) お答えいたします。俗に、平成23年度から10社ということで企業誘致してまいりました。そのうちどれぐらい企業立地促進補助金を出しているかという御質問でございます。  

鳥取市議会 2016-12-01 平成28年 12月定例会(第4号) 本文

本市も同様に保育士不足であり、昨年12月議会、本年2月議会質問しました、担任業務も担う任期付短時間勤務保育士が2年目、3年目と続けて採用予定に満たない応募に対し、その対策として、採用試験が受験しやすくなるよう見直しされました。さらに、保育士資格がない子育て支援員の活用の検討や任期付短時間勤務保育士昇給制度を導入されることを明らかにされました。

鳥取市議会 2016-02-01 平成28年 2月定例会(第7号) 本文

特に二十世紀梨などは、毎年協賛企業をふやして相当の供給量を確保しているにもかかわらず、ゴールデンウイーク明けには予定に達してしまう状況でございまして、期待度満足度をあらわす一例だというふうに考えております。  また、意見把握のためのアンケートは実施してはおりませんが、いろいろな問い合わせをいただく中で、例えば「若いころに転勤で鳥取に住んでいた。

鳥取市議会 2015-12-01 平成27年 12月定例会(第3号) 本文

当初の販売予定より販売実数が6,965冊超えてしまい、割り増し率プレミアム部分補正予算で対応していただき、申しわけなく思っております。鳥取商店街振興組合連合会会員の立場として、この場をかりておわびいたします。予約販売方法を複雑化したことでお客様にミスが生じ、販売所との間にトラブルが起き、販売予定より多く売らざるを得なかったことが現状であります。

北栄町議会 2015-06-10 平成27年 6月第5回定例会 (第 6日 6月10日)

県や他の市町村のように、はがきやネットを使った申し込みなど手段を用い、さらには希望者予定よりも多い場合は抽せんするなど、もっと公平かつ簡単で幅広い申し込み方法採用することは不可能だったのでしょうか。  今回、プレミアムつき商品券販売を終えて、その導入の段階から販売終了まで、行政側では、販売方法についてどう評価または指導されているんでしょうか。  

境港市議会 2014-09-18 平成26年第4回定例会(第4号 9月18日)

介護支援ボランティア制度は、2007年、稲城市が先駆けてスタートしました地域支援事業の一つとしてポイント制度を活用したもので、介護支援ボランティア制度実施している自治体は2012年3月末で60、ことし2014年3月末実施自治体は206で、実施予定は62です。県内で実施しているところは、鳥取市、倉吉市、日南町で、米子市も実施予定になっています。このところ急にふえてきている状況です。

米子市議会 2014-07-16 平成26年 7月定例会(第3号 7月16日)

しかしながら、現実的と申しますか、将来的な予定は2人ということで、理想は3人、ただ現実的には2人というふうなデータとなっております。その背景、要因として、経済的負担が上がっております。しかるに、この経済的負担を取り除く施策が人口減少対策であり、同時に少子化対策であると考えます。こういった観点から、少子化対策への具体的な動き、特に保育料軽減を求めますが、見解を伺います。

境港市議会 2014-06-17 平成26年第2回定例会(第3号 6月17日)

例えばあのときには10人ぐらい採用予定ということで助成金を出したんだけど、その後、企業活動はいろいろさまざまですから一概には言えないと思いますが、そういった現状といいますか、その助成をした企業雇用状況把握というのはされてるもんでしょうか。 ○議長米村一三君) 答弁を求めます。  伊達産業部長。 ○産業部長伊達憲太郎君) 市長にかわってお答えします。  

伯耆町議会 2014-03-07 平成26年 3月第 1回定例会(第2日 3月 7日)

鳥獣の個体数を減らすことにつきましては、平成26年度から、有害駆除捕獲によるイノシシの捕獲予定でございますが、これまでの100頭から150頭に増加して、農作物の被害軽減を図ることとしております。以上です。 ○議長(細田 栄君) 幸本議員。 ○議員(9番 幸本 元君) じゃあこの事業では追い払いだけで、個体数を減らさないと、他の事業個体数を減らすという考え方でよろしいですね。

倉吉市議会 2014-03-04 平成26年第2回定例会(第5号 3月 4日)

したがって、1個1個の園を押し上げてということではなしに、代表的なものでの基本額なり加算のもの、そういうような保育単価を決めまして、それに子どもさんの予定を掛けて委託料の額を算定させていただいたというのが実態でございます。以上です。 ○議長由田 隆君) 15番段塚廣文君。 ○15番(段塚廣文君) 賃金につきまして、臨職の、例の7,800円の加算