2193件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-06-20 令和元年第3回定例会(第4号 6月20日)

住民主体の取り組みという形で、各地域で自主運営をされているところでございます。ただ、趣味の集まりなどテーマが限定されているものも多くて、参加者が固定化されているというような課題もあるとも伺っているところでございます。

倉吉市議会 2019-06-19 令和元年第3回定例会(第3号 6月19日)

ただ、それがなかなか維持できなくなりつつある状況も認識していかないといけない現状というのは認識しておるところでありますが、基本的には、やはりこの農業用水路に係る、それも含めた環境保全というのは、やはり地域の皆さんでまずは維持管理をしていただく、主体的に取り組んでいただくということが原則ということは、あわせて、行政では、それを支援させていただく、原材料支給のような制度とか、そういったもので支援をさせていただくという

倉吉市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第2号 6月18日)

その役割と責任の及ぶ範囲ということでありますけれども、あくまでも今申し上げたように、住民の皆さんの主体的な活動ということでありますので、その活動について、責任が問われるようなことは本来あるべきではないのではないかと考えているところでございます。  

湯梨浜町議会 2019-06-11 令和元年第 5回定例会(第 5日 6月11日)

誰かやられる人がおったらついていくけども、誰かそういう人がおらんかなっちゅうことでウの目タカの目で見ておられる状況で、やっぱり自分が主体となって、よし、俺がやったろうという人がなかなか少ない状況で、やっぱり町もそういうことではもう出おくれる。なかなか対策ができない。

湯梨浜町議会 2019-06-07 令和元年第 5回定例会(第 1日 6月 7日)

一つは生涯活躍のまちについて、いよいよレークサイドゆりはま開発株式会社によりますレークサイド・ヴィレッジゆりはまの造成工事及び宅地分譲の受け付けが始まり、町が主体的に策定した大きな計画が動き始めました。そんな中、6月1日には東京の大手町に生涯活躍ポータル「カラフル」がオープンいたしました。

琴浦町議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

国民健康保険の実施主体、保険者は琴浦町と鳥取県です。とりわけ国保税と、賦課徴収している、納付金として県に納め、上納する町は、県は必要な保険給付をする役割となっています。国に対して1兆円の財政支援を求める意見書も、この議会に議員提案としています。

北栄町議会 2019-03-15 平成31年 3月第2回定例会 (第11日 3月15日)

○議員(10番 田中 精一君) そういうことですとまた補正予算で出てくるということですから、本格的にはその補正予算のときでまた質疑になろうと思いますけども、ここでちょっとそれまでに急を要するんで聞いておきたいのは、もしその事業をする場合に当然事業主体がどこかに定まらないかんと思うんですが、事業主体はもちろん町がおやりになるということになるんでしょうか。 ○議長(飯田 正征君) 田中福祉課長。

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

子供たちが自主的に活動していくということが部活動でも大事でございますので、現在も顧問の先生とよく子供たちと相談しながら練習計画を立てていくとか、そういった主体性、自主性を持った部活動に今後ともしていきたいなというぐあいに思っておるところでございます。 ○議長(幸本 元君) 勝部議員。

北栄町議会 2019-03-13 平成31年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

民間事業者には運営事業部分の委託を行いますが、実施主体は町であることには変わりはなく、運営基準やクラブの開設日、時間、利用料等は町が決定いたしますし、支援員も引き続き雇用となることを考えていますので、保護者や子どもに対してマイナスの影響を与えることはありませんので、特に検証は行っておりません。  

北栄町議会 2019-03-12 平成31年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日)

そういった中、2018年度、税制改革の大綱で、森林環境税、仮称でございますが、と森林環境譲与税、これも仮称でございますが、これらの創設が決まり、同年5月に森林経営管理法が可決され、財源と法律が整備されたことで、来年度から市町村を主体とする新たな森林管理システムが具体的に動き出すことになりました。

琴浦町議会 2019-03-12 平成31年第 2回定例会(第4日 3月12日)

熱中小学校の運営ということで、今、国のほうに交付金の申請をしてるところですけども、人件費という点で今計上させていただいてるところは、やはり一つの考え方として、小学校の運営というのは、ことしは町が主体となって進めていきましたけども、やはりそこの生徒さんたちが中心となって展開していくというのが一番この熱中小学校のいいところだと、またはそれが次の発展的なことにつながっていくということでいけば、そういうふうに

湯梨浜町議会 2019-03-11 平成31年第 3回定例会(第 5日 3月11日)

当初の事業計画では、地域包括ケアの推進、総合相談センターの受託運営、それからAコープ跡地、町有地を活用した多世代交流拠点の運営、サービス付き高齢者住宅の設立と運営、移住・定住の促進、ふるさと納税の受託が主な業務でございましたけれども、平成30年6月の総会で旧ミドーレークホテル跡地へのサービス付き高齢者住宅には取り組まないということが決定され、当該土地開発の主体たる事業者が不在という事態になったところでございます

琴浦町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第3日 3月 8日)

○議員(5番 大平 高志君) 様子を見るというのは、これは琴浦町のほうから主体的なんですか。それとも、今はこういう懸案事項があって、少し距離を置いていただきたいとか、そういうことが向こうからあったんですか。その辺のところはどうですか。 ○議長(小椋 正和君) 小松町長。 ○町長(小松 弘明君) 私のこの1年の判断です。 ○議長(小椋 正和君) 大平高志君。

伯耆町議会 2019-03-08 平成31年 3月第 1回定例会(第2日 3月 8日)

○地域整備課長(井本 達彦君) まずは、先ほど言いましたように、集落等の自治会のほうでいろいろ苦情等もありますので、一番は自治会が主体となることが考えられますので、区長協議会では説明はいたしたいと思っておりますし、そのほか、町の広報紙とかホームページ等を使って周知を図っていきたいと思っております。 ○議長(幸本 元君) 杉本議員。 ○議員(3番 杉本 大介君) わかりました。  

八頭町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第4日目 3月 8日)

したがって、せんだってもお答えしましたが、キャンプ地誘致は鳥取県が主体となって八頭町がお手伝いをするという立場にありますので、鳥取県のほうで動きがあるとするならば、それにあわせて八頭町としても動けるという財源を確保させていただいたと、こういう考え方であります。 ○議 長(谷本正敏君) 森議員。 ○5 番(森 亜紀子さん) それでは、選挙も前ですし、県の動きというのは今はないという判断でいいですか。

八頭町議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第3日目 3月 7日)

また、この八頭中央森林組合さんのほうが主体となってやられます森づくり協議会につきましては、4月から始まりますそういった新たな森林管理システムの方向性とか、こういうふうに事業を展開していってみてはどうかというような提言という形の部分ですんで、そういった提言を受けながら、またそういった千代川流域林業成長産業化推進協議会の中の事業とかみ合うようなことがあれば、そこは一緒に進めていかれるというようなことになろうかと

湯梨浜町議会 2019-03-07 平成31年第 3回定例会(第 1日 3月 7日)

住民の皆さんが主体的、意欲的に自助、共助に取り組む防災活動を支援するという対策といたしまして、引き続きまして防災特別対策官を配置し、地域に密着した防災施策を進めてまいります。新年度では、本年末に完成します防災のハザードマップでございますが、これを活用した出前講座、各集落で開催することといたしております。  27ページでございます。同じく防災の関係でございます。防災力強化事業でございます。

八頭町議会 2019-03-06 平成31年第 2回定例会(第2日目 3月 6日)

従前から申し上げていますとおり、キャンプ地誘致というのは、あくまでも主体は鳥取県であります。したがって、私どもはそのお手伝いをするという立場におります。鳥取県と協議の中で進んでいくということでありますので、箇所を決定して予算計上していることではありません。予算の上限として30万を設定させていただいているということで、御理解賜ればと思います。

倉吉市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第6号 3月 5日)

一言一句というのはさすがにちょっとあれなんで、これは、安全・安心なまちづくりに向けた体制づくりと災害時における市民、団体などの自主的かつ主体的な防災活動を推進するため、平成20年10月、第6回倉吉市市議会定例会において宣言を決議していただいたというところでございます。宣言の内容ですけども、読み上げたいと思います。