71件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会(第3号 3月 3日)

そうした中、この米子という地域がこれから先もしっかりと発展していくためには、例えば今、提唱しております米子境港間の高規格道路の話だとか、中海架橋の問題だとか、それから山陰新幹線伯備新幹線といった陸の高速交通鉄道というものは最低限でもしっかりと整備をしなければいけない、そういうふうに考えておりますが、そこでポイントとなる考え方というのは、これは米子単独ではなかなかなし得ないものがありますので、やはり

米子市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会(第5号 9月11日)

次に、中海架橋の取り組みについて伺いたいと思います。  私は5年前ぐらいまでは中海架橋に取り組むべきだって一生懸命言ってたんですけど、戸田議員が出られましてから、戸田議員が質問されてましたので、私、ちょっとサボっておりまして、5年ぶりに質問させていただきます。  中海架橋に取り組むべきだということについては変わりありません。そういう面ではしていただきたいと思っております。

米子市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2号 2月28日)

続きまして、中海架橋整備促進についてのお尋ねでございます。  中海架橋実現のために、鳥取県あるいは島根県両知事に要望すべきという御意見でございますが、まず鳥取県に対しましては、県政要望の中で中海架橋建設連絡協議会の速やかな開催を申し上げておりまして、引き続き協議会開催を要望していきたいと考えております。

米子市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第3号12月 7日)

、私から見れば、431号の東のほうはそれはそれなりの施設があるというふうに思ってますけども、こっち側について、内浜産業道路沿いにあるのは、趣味の方のJRAぐらいなものでして、中海関係のこと、これから城跡整備があるでしょうけども、全く人が行けるようなところは何もないということを含めて、やはり米子市が誇るような、ここしかないと、米子しかないというような道の駅というんですかね、そして、そのことが今後、中海架橋

米子市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第3号 9月 7日)

○(岩﨑議員) そうしますと次に、米子境港間高規格道路及び中海架橋についてということでお尋ねをしたいと思います。このことを申し上げるのは、私は平成27年に本議場で発言をしておりますけども、島根原発UPZ圏内にある弓浜半島避難経路等を勘案し、山陰道に直結する高速道路必要性を訴えてまいっております。

米子市議会 2018-07-18 平成30年 7月定例会(第4号 7月18日)

次に、中海架橋建設促進について伺っておきたいと思います。中海架橋建設推進については、今の国内外観光物流促進による地域活性化、それと渋滞区間解消防災機能強化というような観点を持ち合わせております。そういうふうな多岐の目的があるわけでございますけれども、その目的を達成するためには、やはりこの中海架橋が必須でございます。改めて市長見解を伺っておきたいと思います。

米子市議会 2018-03-01 平成30年 3月定例会(第2号 3月 1日)

次に、中海架橋建設促進についてお伺いをします。中海架橋建設促進について、平成27年度国に対し、国内外観光物流促進による地域活性化並びに渋滞区間解消防災機能強化などの国土強靱化推進を図るため、中海架橋早期構築を図ることを要望されているが、その事務推進状況をお伺いします。  次に、地籍調査事業についてお伺いをします。

米子市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会(第2号12月 5日)

ここからは私見になりますけども、第2期区間国道431号と産業道路をつなぐ肋骨道路ではありますが、災害時には避難道路としての利活用、あるいは現在未定ではありますが、将来的には中海架橋へつながる主要な幹線道路的な役割を担う可能性がございます。国道431号及び周辺道路の車両の渋滞緩和道路改良工事事業工期短縮を図るためにも、第2期区間を県道として整備されるのが望ましいのではないかと考えております。

米子市議会 2017-06-23 平成29年 6月定例会(第4号 6月23日)

この項目の最後に、中海架橋について伺います。  現在、安来市議会議員米子市議会議員の有志で早期実現をする議員連盟も発足し、活動が行われています。事業目的効果としては、米子安来市の経済、行政のさらなる連携強化観光促進等々、圏域発展に必要な事業であると考えております。市長事業に対する御所見を伺います。  

米子市議会 2017-06-22 平成29年 6月定例会(第3号 6月22日)

○(伊木市長) 中海架橋を経由したルートというものが現実的な案の一つであるという旨の答弁を前市長がしているというふうに認識をしておりますが、これについては、これから話し合う中での案の一つであるというふうな認識をしておりますので、決して整合がとれていないということではありませんけれども、これから話をまとめていく上で、ある程度そういったものにつきましても柔軟に話し合いをしていきたいというふうに考えてございます

米子市議会 2016-09-09 平成28年 9月定例会(第4号 9月 9日)

また、拡大解釈をいたしますと、将来の中海架橋の問題とも無関係ではあり得ないというふうにも思っております。そういうことで今後、本市の道路整備の最重要最優先路線というふうに位置づけまして、全力をもって国費獲得に向けてまい進をしたいと思っております。 ○(尾沢議長) 村井議員。 ○(村井議員) 米子市の責任は非常に大きいと思います。

米子市議会 2016-09-06 平成28年 9月定例会(第2号 9月 6日)

米子市と安来市を結ぶ中海架橋についてお尋ねをします。  長年の懸案でありました中海架橋建設は、圏域交流発展を目指し、官民挙げての機運が高まる中、昭和61年鳥取県議会で、昭和62年島根県議会において陳情の採択がなされ、平成6年2月には中海架橋建設ルートも決定しております。近年では、平成25年から26年にかけて建設機運が再び高まりましたが、それ以後、具体的な話が全く聞こえてこなくなりました。

米子市議会 2016-03-09 平成28年 3月定例会(第6号 3月 9日)

これは私の考えなんですけども、米子空港利用促進の上からも、市長が各議会で何回か答弁されましたけども、実は中海架橋実現というのも、これも大変大きな関連があるのではないかなと私は思っております。これについては答弁は結構でございます。島根県東部からの空港利用利便性というのは大いに上がるものと考えますので、それも将来の大きな一つの目標、課題といたしまして言及しておきたいと思います。

境港市議会 2015-09-14 平成27年第4回定例会(第2号 9月14日)

○11番(荒井秀行君) そういう共通認識だと思いますが、先般、米子市議会のほうで同じような質問もあったようでして、少し新聞のほうにも出ておりまして読まさせていただきますと、米子市長答弁は、山陰自動車道から安来米子両市を結ぶ構想の中海架橋を経由し、境港まで向かう案が現実的であるとのことでしたと。

米子市議会 2015-09-08 平成27年 9月定例会(第4号 9月 8日)

そのルートでございますけれども、私の考えということでございますが、ルートにつきましては、今、先ほど申し上げましたように、その問題についても先ほどのあり方勉強会のほうでも検討してもらいたいと思っているところでございますが、ルートにつきましては、市街地を横断すれば住民生活商業活動に影響を及ぼす可能性がございますし、また景観上の問題も生じますことから、山陰道から中海架橋を経由して境港までつなぐルートが現実的

米子市議会 2015-09-04 平成27年 9月定例会(第3号 9月 4日)

米子境港間の高規格道路については、中海架橋を経由して境港までつなぐルートが現実的な案の一つであると考えており、まず、現在行っている米子境港地域との道路あり方勉強会において、整備に当たっての課題や費用対効果の検証などを行ってもらうよう、国に働きかけてまいりたい。このように繰り返しておられます。関係市町村の首長と議会との考え方に、これは大きな開きがあってはならないと考えます。

境港市議会 2015-03-09 平成27年第2回定例会(第2号 3月 9日)

中海架橋建設については、これまでも必要の有無について議論をされてきた経過がありますが、この中海架橋については、市長はどのような見解でしょうか、伺います。  また、境港出雲道路進捗状況について伺います。中海圏域道路網整備促進は、圏域共通課題でもあります境港利用促進圏域一体化感の醸成、交流促進等に有効であります。

米子市議会 2015-03-09 平成27年 3月定例会(第5号 3月 9日)

南北一体化淀江周辺活用中海架橋、米子城跡など、検討課題山積の中、観光ビュー中海圏域中心スポットとして、観光協会の運営などを検討した道の駅を要望いたします。また、ふるさと納税観光振興事業に有効に活用することで、さらに米子市への応援につなげられると考えますが、市長見解をお伺いをしておきたいと思います。 ○(中田副議長) 湯浅経済部長