運営者 Bitlet 姉妹サービス
1533件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 9日12月18日) ○町長(宮脇 正道君) 現在、松崎地域で多世代交流センター設けて、まちづくり会社に運営をしていただいているわけなんですけれども、その中で、役員の方たちとお話ししているときに、食事は11時半から2時ごろまで提供して、あとはあそこのテーブルと椅子が置いてあるスペースは開放状態にあるわけで、食堂としての営業はしてない時間、そのときに子どもたちが来て勉強したりしているということがあって、そういうお話を聞きましたときに もっと読む
2018-12-12 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日) 単に年齢的な問題だとか世代交代みたいな話をそこでされたって、それは会社だけの話であって、我々にもやっぱりそういった説明をしっかりしてもらって、我々も納得して、なら、じゃあこのままの状態で続けていこうとかっちゅう話に持っていくべきものだと思うんですよね。   もっと読む
2018-12-11 米子市議会 平成30年12月定例会(第4号12月11日) その中で、若い世代にとって関心があるのは子育て支援の環境整備であり、保育所の存在は子ども・子育て支援の中で重要となってまいります。そのような中で常に心配されるのが、やはり待機児童の問題です。ここ数年、4月段階では待機児童は発生をしていませんが、10月ではどうしても待機児童が発生しているという状況です。   もっと読む
2018-12-10 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 1日12月10日) それから、5日には多世代交流センターゆるりん館のオープンの記念式典を行いました。現在までの状況を見ますと、1日100名以上の来館者がいらっしゃいますが、売上金のほうは当初の予定よりも低いという実態がございます。が、100人を超える数が毎日お見えになるということは、そこにそういう施設があるということの証明にはなるというふうにも私自身は判断いたしております。 もっと読む
2018-12-07 米子市議会 平成30年12月定例会(第3号12月 7日) 効果といたしましては、子育て世代の包括的支援体制の中で、子育てに関するサービスや情報を集約して保護者への情報提供を行っておりまして、家庭教育支援事業をより効果的に活用することができるようになりました。課題といたしましては、家庭、学校、地域などと連携しながら、地域で子どもを支えるための人材育成に取り組んでこられた教育委員会や関係機関とのさらなる連携を図っていくことが必要であると考えております。 もっと読む
2018-12-07 北栄町議会 平成30年12月第8回定例会 (第 1日12月 7日) 続いて、③子育て世代包括支援センター(ネウボラ)の設置について、えがおのまちづくりの「結婚、出産、子育てに安心、喜びを感じられる環境づくり」の欄に追記及び表記の修正を行っております。  続いて、④バイオマス産業都市構想の推進につきまして、やさしいまちづくりの「再エネ・省エネ活用によるまちづくりの推進」の欄に追記及び表記の修正を行っております。   もっと読む
2018-12-06 米子市議会 平成30年12月定例会(第2号12月 6日) 次の質問ですが、地域ごとに保育所があれば、祖父母に手伝ってもらいながら子育てしようと若者が引き続き地元に残ったり、よそに出ていった子育て世代が帰ってきたりする可能性があると思います。地元に保育園がないよりはあるほうが当然そういう可能性はあると思います。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第3号) 本文 シニア世代の男性・女性の方なんかが各支部といいますか、各市におられて、それが連携しながら縁結びという婚活の支援をされておるということが出ておりました。またこれについても、えんトリーというのが県にありますわね。鳥取県がやっておられるえんトリーと同じような仕組みだと思います。  そこで、本市において設立しております、これは平成26年6月議会で私はいろいろ、NPO法人ばかりではだめだと。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第2号) 本文 親の世代からもっと働く場所をつくってほしいという要望もいただきますが、実際、最低賃金ベースを上げて給料を引き上げていくということが必要だと思いますが、行政ができることの1つに、子育て支援をしていくということが有効だというふうに私は思います。医療費の窓口負担、今、一部負担があるわけですが、もっと負担軽減できないかというふうに思います。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第4号) 本文 県の推計によりますと、平成24年、2012年を基準として、いわゆる団塊の世代が全員75歳以上となる平成37年、2025年でありますが、この2025年には、県全体で介護職員等は約4,000人増員が必要と、このように見込まれております。 もっと読む
2018-10-16 湯梨浜町議会 平成30年第 6回臨時会(第 1日10月16日) ──────────────────────────                議事日程(第1号)                          平成30年10月16日 午前10時開会 日程第 1 会議録署名議員の指名 日程第 2 会期の決定 日程第 3 議案第115号 平成30年度湯梨浜町一般会計補正予算(第4号) 日程第 4 議案第116号 指定管理者の指定について(湯梨浜町松崎駅前多世代交流 もっと読む
2018-09-25 湯梨浜町議会 平成30年第 5回定例会(第13日 9月25日) 日程第28、議案第109号、湯梨浜町松崎駅前多世代交流センターの設置及び管理に関する条例の制定についてを議題とします。  質疑に入ります。質疑はありませんか。  米田議員。 もっと読む
2018-09-18 北栄町議会 平成30年 9月第6回定例会 (第13日 9月18日) ○教育長(別本 勝美君) まず組織のことから言わせていただきますと、子育て世代包括支援センターというのがあります。これはネウボラです。そして今言っておられる子育て支援センターというのもあるんですけども、ネウボラの中に子育て支援センターが入ってて、保護者からのいろんな相談を受けたものとか、子どもたちの育ちに対して直接保護者と子どもたちに来ていただいて支援をしていくというのが支援センターです。 もっと読む
2018-09-18 湯梨浜町議会 平成30年第 5回定例会(第 6日 9月18日) 5人に1人がもう70歳以上に、団塊の世代の方が上がっていかれるんで、そういう数字になってしまうんですが、現実的にもうちょっとしたら我々も65なるわけでして、そのころには多分30%、65歳以上の方がなるんじゃないかなと思うわけですね。  私もそう、多分町長もそうでしょうけど、自分は大丈夫だとみんな思っとるんですよね、気持ち的には。 もっと読む
2018-09-13 湯梨浜町議会 平成30年第 5回定例会(第 1日 9月13日) 移住定住促進の観点からは、若者夫婦・子育て世代の住宅取得支援件数が前年の36件から52件と順調にふえ、移住及び定住の両面から効果がありました。また、3世代同居世帯の住宅取得支援も4件あり、定住化に貢献したものと思っております。さらに、中古住宅や新築住宅用土地の取得に要した不動産仲介手数料の一部支援も9件の実績がございました。   もっと読む
2018-09-13 北栄町議会 平成30年 9月第6回定例会 (第 8日 9月13日) 近年、少子高齢化が進み、現役世代の人口が少なくなる中、社会への関心が薄れ、価値観の多様化が進み、地域行事に集まりにくくなるなど地域のつながりの希薄化が進む一方で、地域を取り巻く諸課題も山積し、学習ニーズも多様化しております。   もっと読む
2018-09-12 北栄町議会 平成30年 9月第6回定例会 (第 7日 9月12日) 教育委員会では、妊娠期から子育て期にわたるさまざまな支援ニーズに切れ目なく対応した総合的相談支援と各種支援サービスのワンストップ窓口として、平成29年4月から教育総務課内に子育て世代包括支援センター「ネウボラ」を設置し、ネウボラコーディネーターとして専任の保健師を配置をいたしております。   もっと読む
2018-09-12 米子市議会 平成30年 9月定例会(第5号 9月12日) 同会の世代交代等を模索されてはおりますけれども、大多数の賛同を得るのは現時点では困難な状況と推察されます。再事業化へ向かえる状況にないというような認識をしているところでございます。今後、米子城跡の整備を進めつつ、城下町の再事業化に向けた機運を高めていけるよう、引き続き地元住民の方と話し合い、合意形成、そういったところに努めていきたいと考えております。 ○(渡辺議長) 田村議員。 もっと読む
2018-09-11 米子市議会 平成30年 9月定例会(第4号 9月11日) 法や条例の制定につきましては、法は家庭に入らずですね、これを破るものであって、自主性や多様性が尊重されるべき家庭に公的な介入を許すものであるとの批判等もございますけれども、本日は、私たちの生活に最も身近な市議会での一般質問でございますので、そのような視点からの議論ではなく、次の世代を担う地域の宝である子どもたちの健やかな成長に喜びを実感できるまちの実現に向けて、本市において、家庭教育を地域全体が一体 もっと読む
2018-09-07 八頭町議会 平成30年第 7回定例会(第4日目 9月 7日) また、子育て世代を対象として、住宅のリフォーム助成や新築住宅の固定資産税の一部助成を行うなど、子育て世代に特化した支援制度も行っているところであります。  現在のところ、先ほど申し上げました子育て支援の普及を図っていくことでKPIを設定しているところでございますが、学校給食の無償化につきましては、毎年多額の一般財源が必要となります。 もっと読む